最近のナビ

ワタシのナビ(BZN-200)は、2GBのソフトに、本体はGPSで測位するだけのシンプルなものですが、今は、ジャイロなんかを積んでいて、トンネルなんかでもけっこう自車位置を見失わなくて済むようですね。
これは、去年東京に行った時に、たしかに首都高が案外トンネルが多くて、ナビが簡単に迷子になっちゃったので、こういう機能はあり難いですね。
それから、VICSも、あったらきっと便利なんでしょうね。
幹線道路であれば渋滞情報がリアルタイムで表示されるんですか。
行き先が渋滞しているのが分かれば、裏道を選択する方法もあるでしょうし、お利口なナビなら、渋滞を避けて、わざわざ裏道を設定してくれる機能もあるんですね。
慣れない道で渋滞に出くわすと、確かに道を逸れるべきか、このまま踏みとどまるべきか迷いますが、そんな時に便利なんでしょうか。
ワンセグなんてのは、ワタシ個人には全く必要ないんですが、ジャイロやVICSなんかがついている高機能の機種には、勝手についてきちゃう傾向があります。
このあたりは、メーカーも、もう少し選択の余地を作って欲しいなあ。
ナビなんだから、ナビとしての機能に特化したモデルが、もう少しあってもいいのに。
日本人の悪いクセですかね、全部盛り。
マツコデラックスみたい。
一方で、型落ちの、廉価版モデルだと、「19,800円!!」とかで「限定3台」なんて売り方をされています。
多分、今の19,800円なら、BZN-200よりもきっと高性能なんでしょうから、こういうのを狙う手もありますね。
うーん、こんな時期に、もうすぐボーナス。
物欲がふつふつと湧いてきてしまいます。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:13 PM  Comments (3)

新型?

ヨメさんは、故意ではないにせよ、ナビを破壊した実行犯なので、随分気に病んでいますが、正直言って、そろそろ新型のナビも、なんてコトを考えてもいた矢先だったので、それほど大きなショックというわけでもありません。
肝心のブロードゾーンが潰れちゃったからには、地図情報の更新もできませんし、そう、遠くない将来買い替えをしないといけません。
そんな強迫観念(?)もあって、実はこの夏ごろ、そう、ちょうどブロードゾーンが潰れちゃったコトを知った後に、カー用品店で、ナビのカタログを仕入れてきたりしました。
ワタシが迷WAN(BZN-200)を買った時には、SDカードを使った、小さなポータブルナビって、ほとんどなかったおかげで、けっこう高かったんですが、それでも据え置き型のでっかいナビよりずっと安くて、ナビを買う背中を押してくれました。
積み換えが簡単だったのも大きかったですね。
ナビを2つ買う暴挙は全く考えられませんでしたから、1台のナビを、エリと206で使うために、簡単な積み換えは必須条件だったワケです。
ポータブルナビも、今は、いろんな会社から、いろんな機種が出ていて、しかも、値段もピンからキリまで、けっこう選べる状況です。
機能も、よく分かりませんがたぶん、BZN-200が逆立ちしたってかなわないでしょう。
ちょっとお勉強です。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:30 PM  Comments (0)

無口なナビ

行ってきました。
無口なナビと一緒に、プチ出張。
岡崎から名古屋まで、片道1時間くらいのルートです。
ただ、最後の詰めのところだけは不慣れな道なんですが、90%はよく通る道です。
よく通る道を走っている分には、ナビが喋らないこと自体はそんなに問題ではありませんでした。
まあ、ナビがあってもなくても同じなのでそりゃそうです。
喋らないナビでも平気だなあ、と思っていましたが、慣れない道に入った途端、状況が一変します。
やっぱり、ナビを見る時間が圧倒的に増えましたし、ボヤボヤしていると、曲がるべきところがすぐ目前に迫っていて慌てたりしました。
確か500m手前と、もうすぐ、というタイミングで音声指示が入っていたと思うんですが、それがなくなると確かに「曲がる」という意識が薄いです。
ナビがない頃は、地図で予習したり、信号待ちでパパッと地図を見たりしてそれなりにこなしていたんですけど、もう、ダメですね。
意識がサボり癖を覚えてしまっています。
音声がなくなると当然、地図表示に頼らざるを得ず、視線を道路からずらす機会も、一瞬にせよ増えます。
これは、案外危ないかもしれません。
帰りも、無口なナビにウチまでの、(知っている)ルートを案内させながら帰ってきました。
知ってる道を走る分には、充分なんだけど、やっぱり、知らない道を走る時用だからなあ、ナビって。
やっぱり、肝心なところで不便なのは困るなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:51 PM  Comments (0)

ナビ・・・ 2

とにかく、メガーヌに持ち込んで、GPSの追加アンテナと電源のコードを繋ぎます。
(前に書きましたが、メガーヌは金属ガラスなので、追加アンテナに繋がないとGPSが受信できないんです)
すると、おお、なんとかGPSを受信できました。
追加アンテナからの配線は異状なしのようです。
これなら、直してみる価値もあるかもしれません。
もう一度部屋に持って帰って、折れてグラングランしている、本体のGPSアンテナを見てみます。
パッと見、異状はなさそうです、コードも切れていませんし。
そこで、補強用のプラ板を当て、ボンドで固定し、折れた部分を元通りにします。
しっかり固定するのを待って、翌日、エリーゼにつけてもう一度確認します。
会社までの道のりをナビで設定して、エリで走ってみると、おお、すぐにGPSを受信して、ルートを設定しています。
途中、道を変えても、ちゃんとリルートして道案内・・・道案内?
そう言えば、さっきからこのナビ、一言も喋っていません。
普段なら、まず「GPSを受信しました」という所から始まって、「あと500m先、右方向です」とか、「リルートを開始します」とかいろいろ喋るのに、何も喋りません。
画面的には、問題なく機能しています。
曲がり角が近づけば、ちゃんと2画面に切り換わって、拡大表示も出ます。
どうも、言語中枢をやられちゃったみたいです。
うーん、ナビとしての機能が無事であれば、喋らなくたって、まあ使えるんですが、何となく不便です。
とにかく、今週の金曜日に、ちょっとクルマを使って出張があるんで、その時に使ってみて、不便を感じるようだったら、週末に解剖してみましょう。
スピーカーのコードが、目に見える程度で断線しているのであれば、直せそうですが、それ以上にややこしいようだったら、修理はあきらめましょう。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:36 PM  Comments (0)

ナビ・・・ 1

ウチのナビが、壊れちゃいました。
いや、正確には、壊しちゃいました。
先日、ふと下駄箱の上を見たら、ナビが置いてあります。
ウチのナビは、普段メガーヌの方に標準搭載されているんですが、ヨメさんに聞いて見たら、「壊しちゃった」とのこと。
なんでも、クルマを降りて、ドアを閉めようとしたときに、不意に脱落して、ドアで挟んじゃったんだそうです。
うーん、確かに、あの1円ステー、吸盤式ってどうも信用しきれなかったんですが、やっぱり脱落しちゃいましたか。
それも、最悪のタイミングで。
一応、下からの支えもないではなかったんですが、長いステー部分の先にナビがついていて、それを吸盤で支えているワケですから、そりゃ、そのうち無理が祟るのも仕方ありません。
それにしても、ドアを閉めるタイミングで脱落し、ドアとボディのすき間に入ってしまうとは、あまりにも運が悪い。
よく見てみると、折り畳み式で90度立ち上がって、地面と水平になるGPSのアンテナ部分の根元が、ボッキリ折れています。
あっちゃあ。
その状態で、試しに電源を入れてみたら、一応電源は入って、画面に地図が表示されました。
そもそも、バッテリーがもうショボショボなので、コードを繋いでいないと、すぐに電源が落ちちゃって、GPSを受信できるまでもちません。
うーん、どこまで壊れているんだろう?
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:16 PM  Comments (0)

メガーヌのパンク修理 3

専用の道具っていうのは偉いもので、特定の作業にしか使えない分だけ、その作業に関しては、さすがに便利です。
今回のパンク修理キットも、メインの道具は錐の形のドライバー型工具です。
最初に穴を広げておいて、ボンドをたっぷり塗り、もう一度、金属部分の根元までタイヤに突き立てます。
この作業が一番大変なんですが、突き立てた後は、反対回しに抜くと、ストロー状のアダプターが残るので、その穴に詰めゴムをこれまたボンドをたっぷり塗り付けておいて挿し込みます。
ドライバー型工具から錐の部分を抜いてひっくり返してセッティングすると、今度は短い棒状の工具になります。
さっきの、タイヤに残ったストローにゴムを挿し込んであるトコロに、もう一度この工具をつなげると、ゴムをもう一押し奥まで入れるのと同時に、アダプターを引き抜ける状態になります。
うんしょうんしょとアダプターを引き抜くと、さっきの、修理用のゴムが、穴を塞いで、タイヤのトレッド面から10ミリくらい、あまった部分が生えています。
ニッパーで余分なゴムを切り取って、パンク修理はおしまい。
さあ、こうして空気入れです。
指定の空気圧は、何と2.3キロ。
最近のクルマって、燃費のために、空気圧上げてますね。
エアーコンプレッサーは、今、エリに積んでいますから、下ろしてそれを飼います。
でも、小さいヤツなんで、時間のかかることかかること。
ついでに、他のタイヤも測ってみたら空気圧が低めだったので、空気を入れて、作業完了。
空気入れも合わせて30分くらいの作業時間でしたが、そのうちの半分くらいが空気入れでした(笑)。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:39 PM  Comments (0)

メガーヌのパンク修理 2

今思えば、写真を撮りながらやればよかったんですが、どうも作業の時って、いまだに、ブログ用の写真を撮るのを忘れてしまいます。
カーマ子が、「手伝いたい」と出てくるので、適当に安全で邪魔にならないような所を手伝わせながらの作業なんですが、今度からは、カメラを持たせて、写真を撮らせるようにしたらラクかもしれません。
さて、ウチの狭いスペースで、クルマを前後させながらハンドルを切って、クギの頭を作業しやすい方向に出します。
プライヤーを持って、よく見てみたら、クギじゃなくて、ボルトのようです。
頭の部分は直径1センチくらいで、まん中にうっすらと「+」のドライバー穴があります。
いつから刺さっていたのか定かではありませんが、けっこう磨り減っています。
プライヤーでアタマをひっつかんで、回しながら外すと、頭の大きさに比べて、思ったより短いネジが抜けました。
ボルトではなく木ネジで、長さは1.5センチくらいでしょうか。
短かったせいなのか、木ネジだったからなのか、抜いた後もそう景気よく空気が抜けてくるわけでもありません。
パンク修理キットの千枚通しみたいな工具で、穴にぶち刺して、グリグリと穴を広げてやります。
カーマ子は、「穴を塞ぐはずなのに、どうして穴をあけているの?」と聞いてきます。
まあ、ごもっとも。
「穴を少し広げておいて、ゴムを詰めるんだよ」と説明すると「ゴムって輪ゴム?」となるので、現物を見せてやります。
直径3ミリくらい、長さ2センチくらいのゴムですね。
さて、これをどうするんでしょう?
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 8:01 PM  Comments (2)

メガーヌのパンク修理 1

先週くらいにちょっと気になってたんですが、今日、確認してしまいました。
メガーヌの前輪に、クギが刺さっているのを。
そもそもメガーヌには、ワタシはタマに乗るくらいなので、気づかなかったんですが、先週くらいに、なんだかタイヤの方からトトトトト・・・と、細かい異音が聞こえてきていたんです。
でも、ちょっとスピードが乗ってくると、もう分からなくなっちゃったんで、そのまま忘れていました。
で、今日、昼間に乗ったら、前より異音が大きくなっている感じがします。
気にしなければ気にならないレベルの音ではありますが、先週と違ってスピードが乗ってきても聞こえ続けています。
で、本屋に立ち寄って、クルマに戻ってきたら、バッチリ見えてしまいました。
右前輪のトレッド面に、クギのアタマのようなものが。
さて、どうやって修理しようかな。
例の、応急用のパンク修理のボトルもあるんですが、あれってけっこう高いので、やぱり通常のパンク修理キットを使う方が経済的です。
こういうのをタイヤ屋さんとかのプロに頼むと、いくらかかるのかよくわかりませんが、たいした作業じゃないので、自分でやって安く上げた方がいいなあ。
それはそうと、最近は、道路がいいのか、タイヤがいいのか、あまりパンクしなくなりましたね。
エリなんか、9年近く乗ってて、1回もない・・・と思うけど・・・
その前のFDも、パンクした記憶はあまりありません。
ヨメさんのレビューや206はタマにパンクしたんですが。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 6:16 PM  Comments (0)

2004年生まれの女たち

メガーヌが我が家に来て、約半年です。
206(やエリ)と比べてゆったりしたサイズに、案外しょぼいタイヤのおかげで非常に柔らかい乗り心地で、なかなか快適です。
メガーヌというのは、ネーミングの由来がどうもハッキリしないのですが、セールス氏の話だと、どうやら女性の名前がベースになっているそうです。
うーん、英語が苦手だという話は何度も書いてきましたが、フランス語はもちろんもっとわかりません。
(ちなみに、大学での第二外国語はドイツ語でしたが、もちろんドイツ語だって「イッヒ・リーベ・ディッヒ」しかわかりません)
「メガーヌ」って名前の女の子が、フランスにはいらっしゃるんでしょうかね。
女の子の名前といえば、「エリーゼ」も女性の名前ですね。
ロータス伝統の、「E」で始まるネーミング。
デビュー当時の親会社であるプロトン社の社長だったか会長だったかの孫娘の名前でもあるそうで、うーん、大人の事情があったんでしょうか。
そんなわけで、我が家のメガーヌもエリーゼも2004年生まれの女です。
そして、我が家にはもう一人、実の娘の「カーマ子」が、やはり2004年生まれの女です。
そのカーマ子は、今日11月22日(いい夫婦の日)でめでたく6歳になりました。
2004年生まれではありませんが、ヨメさんはもちろん女。
飼い猫も女。
すっかり2004年生まれと女たちに囲まれているカーマ家でした。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:22 PM  Comments (2)

着工

地鎮祭から一週間、ちょうど中部地方に台風が最接近した日が着工です。
前日の仕事帰りにのぞいてみたら、ちょうどグルッとフェンスが張ってあって、ジャバラ式の門がついていました。
着工日に台風っていうのはなんだか、今後の工事の行方を暗示しているみたいでイヤでしたが、中部地方では雨こそ降ったものの、ウソみたいに無風でした。
当日、午前中は仕事だったので、昼頃寄ってみたら、基礎のためと思われる測量作業が行われていました。
缶コーヒーとお菓子を差し入れてご挨拶をしてきました。
その後、ヨメさんは時間を見つけてちょいちょいとのぞきに行ってますが、基礎の部分にコンクリートが流し込まれていたりと、徐々に作業は進んでいるみたいです。
ワタシも仕事帰りにタマに寄ってみると、基礎がだいぶでき上がってきた感じです。
でも、まだ平面なので、家が出来つつある実感は少しも湧きません。
この上に建物が乗っかると、少しは実感が湧いてくるのかなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 4:46 PM  Comments (0)