エリーゼもパンク修理 3

千枚通しは、針部分を抜いて、ひっくり返すと、ただの棒状になり、これをタイヤに刺さりっぱなしの、筒部分にセットすると、差し込みの浅い棒ゴムを奥まで押し込むのと、また反対回しで引っぱりながら回すと、棒ゴムがタイヤに刺さったまま、金具だけが外れる仕組みになっています。

これで、パンク修理自体はほぼ完了です。
この後、トレッド面からはみ出しているゴムを、ニッパーでカットします。
あとは、空気を入れなければなりません。
二重構造の筒をタイヤに刺したまま千枚通しを抜いた時点で、タイヤに直径5ミリくらいの穴が開くわけですから、タイヤの空気は全部抜けています。
で、空気を入れます。

このコンプレッサーが、小さいヤツなんで、空気を入れるのに時間がかかってしょうがないんです。
でも、こうして、タイヤ修理完了です。
作業時間は20分くらいでしょうか。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:27 PM  Comments (0)