ボタン無しって流行り?

ゴリラは、性能はほとんど文句なしなんですが、ボタンのないすっきりデザインのため、使いたい機能にたどり着くのにひと手間余分にかかるのがちょっと煩わしいと、昨日書きました。
実は、同じ煩わしさを、オーディオデッキでも感じていたんです。
だいぶ前に紹介したと思いますが、今、エリのオーディオは、三代目としてケンウッドのデッキを使っています。
初代のブラウプンクトは壊れ、二代目のアルパインは、新しいiPodとの接続の関係で引退させました。
アルパインは、使い勝手なんかはよかったんですが、例の、ケーブル交換事件の時に、社の姿勢に納得がいかず、イヤな思いのまま使ってはいたんですが、iPodの新型化を機に交換して、今はケンウッドになっているわけです。
このケンウッドのデッキ、ワタシにとってはあまり使い勝手がよくありません。
基本的にiPodを聞いているだけなのでその分には問題ないんですが、たまにラジオを聞こうとかすると、どうやっていいんだか迷ってしまいます。
ラジオにたどり着いても、その後FMとAMの切り換えとか、いちいち集中スイッチを操作して、画面上で切り換えて、それに合わせて操作しなくてはならないという、やたら不便な作りになっています。
・・・というか、この前は、夜、AMに行くのを断念しました。
アル○インみたいな青くてでっかいボタンが車内で浮き気味に並んでいるのもあまりセンスよく感じられないんですが(あ、これはあくまで個人的な感想ですが)、でも、ボタンなしのつるんとした顔もそれほどオシャレには見えません。
まあ、このあたりは流行り廃りがあるんでしょうから、なんとも言えませんが、個人的には、最低限のボタンはついている方が、デザイン的にも、もちろん使い勝手にもいいと思うんですがね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:19 PM  Comments (0)