下に潜れば・・・

さて、順調に行けば、小一時間もあれば交換できるでしょう。
不意に休みが取れた日の午前中に、ちょっとクルマを持ち上げて、下に潜ってみたら・・・、おお、エンジンルーム辺りは、完全にアンダーカバーされています。
まるでエリーゼ。

プラスティックのカバーがあるのは、エンジンルームまでで、その後は、マフラーがまん中に通っており、とくにカバーはかかっていません。
エンジン下だけなら、ただ面倒くさいだけという気もしてしまいます。
アンダーカバーは、ラジエター前の15~20センチくらいのカバーと、その後ろにエンジンルーム全体を覆う1m四方くらいのカバーに分かれています。
10mmのボルト7本を外すと、大きなカバーが外れますが、今一つ純正ホーンの位置が確認できません。
仕方なく、ヨメさんに手伝ってもらって、ホーンを鳴らしてもらいます。
・・・ん?
音源は、よく分かりませんが、どうもラジエター前の、小さい方のカバーの向こうにありそうです。
でも、その小さい方のカバーを留めているプラスティックの留め具のボルト穴が、相当特殊な形状なんです。
3mmくらいの丸い穴に三ヶ所外に向かっての切れ込みがあるもので、ヨーロッパ車に多い星形のヘキサゴン(トルクス)でもありません。
うーん、これでは、111Rの時と同様、純正ホーンに手が届きません。
泣く泣く一時撤退です。
続きをアップできる日は来るのでしょうか。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 5:53 PM  Comments (0)