小説

あ、話を引っぱった割には、大した内容じゃありません。
さて、ワタシが幼稚園の頃に書いていたお話のことをなんで急に思い出したかといいますと、先日、娘が、昔のワタシと同じようにお話を作って見せてくれたからです。
「むかーしむかしあるところにちいさなおんなのこがすんでいました。そのおんなのこはとてもおてつだいをよくしていま(す)。そのおんなのこのおかあさん(が)きゃ(ゅ)うにいなくなってしま(いま)した。そのおん(な)のこのおかあさんわいろんなところでえをかいていました。わっ。めをあ(け)たらそれはよ(ゆ)めでした。」・・・句点および( )byカーマくん
えーと、・・・6才で「夢落ち」ですか。
親ばかで恐縮です。
20年したら、水嶋ヒロ先生みたいに、ベストセラー書いてくれないかなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:09 PM  Comments (0)