引越し業者 2

前回の経験から、今回も引越し業者を使おうということは、夫婦の間で決めていました。
ただ、前回よりも、圧倒的に増えた荷物と、決定的に繁忙期であること(前回は7月末)を考えると、2倍か3倍の金額がかかるんだろうな、とも思っていました。
先週中に引越し業者を適当に見つくろって、見積りを取るのがヨメさんの宿題ということで、数件に連絡を取ったようです。
最終的にA社とB社になったようです。
実はA社は、前回の引越しの時の業者で、悪くない印象ではあったんですが、ヨメさんは、A社に見積りを依頼した時点で、もうほとんどA社でいいかな、という気持ちになっていたようですが、そこはまあ、やっぱり相見積りを取ってからにしようよ、ということで、B社にも見積りを依頼しました。
正直言って、金額的な条件なんて、今どきの業者はどこでも一緒だろうと思っていました。
だから、比較したら、引越し本体の料金よりも、いらないものの引き取り費用とか、そのあたりのサービスの違いで決めるコトになるんだと思っていたわけです。
ところが、B社の見積り担当者が家に来た途端、A社との競合と聞いて、金額的な問題ではあきらめ気味になってました。
結局、出てきた金額はA社と比べて10万円高!
うーん、いろんな意味でビックリでした。
これ、逆の順序で見積り取ってたら、10万得した気分になったんでしょうが、この順番だと、なんか微妙です。
得した気分になり損ねて損した気分。
ああ、ワタシって小っちぇー。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 6:44 PM  Comments (0)

引越し業者 1

新居は、2月中旬から下旬に竣工予定で、引き渡しは、2月の下旬か3月の上旬になる予定です。
引き渡し後に、外構に入り、外構の完成は、いつごろかなあ? 4月の上旬から中旬かなあ。
家の引き渡しがすんだら、すぐに入居してもいいんですが、娘の幼稚園の卒園式が3月の下旬なので、それまでは今の家にいて、その後引越しをする予定です。
時期的には、いちばん損な時期ですが、まあ仕方ありません。
ホテルとか、旅行代金なんかもそうですが、時期によって値段を変えてるのは、足もと見られてる気がするなあ。
業者の言い分としては、時期外れは、特別に安くしている、ってトコでしょうが、人気のある時期に高くしているって感覚に、どうしてもなってしまいます。
さて、それにしても、3月末ともなると、いちばん人気のある時期ですから、早目に予約を取っておかないと、ますます足もと見られたり、下手すると、業者が見つからないなんてコトにもなりかねません。
ワタシ、結婚してから、引越しするのは2回目なんですが、前回は、初めて引越し業者なるものを利用したんですが、その時はある意味衝撃でした。
これぞプロの仕事、という感じでした。
メチャメチャ要領よく、次から次へと重たい家具を少人数で運び出し、上手いことトラックに積み込み、引越し先でも、信じられないスピードで荷物を運び込みました。
確かに安い料金ではありませんでしたが、まあ、あの仕事っぷりを見せられては、納得できる料金でした。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 5:07 PM  Comments (0)

洗い甲斐

冬場なんで、あまりマメに洗車してないんですが、先日、久々にメガーヌを洗車しました。
遠目に見ると、それほど汚れた感じもしないんですが、特にリアとか、下の方とかを間近に見ると、相当汚れています。
そんなわけでちょっと洗車してみました。
ホースで水をぶっかけると、それだけで、けっこう汚れが落ちていきます。
もしかしたら、前のオーナーさんが、高級なコーティングでも施していたのかもしれません。
まあ、それはともかく、一通り洗車してみたら、間近に見ると汚れも落ちてキレイになっているんですが、逆に遠目に見ると、あまりキレイに変化した感じもしません。
うーん、なんか、洗い甲斐がないなあ。
これは、メガーヌが、ボレアルシルバーという、薄いシルバーっぽい色だからでしょうね。
クルマのボディが白いと、汚れは黒っぽく見え、ボディが黒いと、汚れが白っぽく見えますが、ボディが薄いグレーだと、汚れが目立たないんですね。
今まで、水色メタ、赤/黒、赤、黒、ガンメタ、チタン、紺、紺メタ、薄メタという色に乗ってきましたが、洗車後に、いちばんきれいになった実感・・・洗い甲斐があったのは、MR2の赤です。
少し濃いめの赤は、汚れがそれほど目立たない割に、洗うと見違えるほどキレイになるので、クルマの色としてはかなりいいですね。
でも、さすがにもう、赤いクルマに乗るのはちょっと恥ずかしくなってきましたが。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 5:31 PM  Comments (2)

冬の工作 3

実は、コレを作っていたのです。

・・・と言っても、なんだか分からない方も多いでしょう。
これは、メガーヌの、GPS用の追加アンテナなの台座です。
古いバージョンは、レーダー用のでっかいGPSアンテナと、ナビ(迷WAN)用のひとまわり小さい外付けGPSアンテナです。
見ていただいてお分かりだと思いますが、台座のプラ板がブニョブニョになっています。
分厚めのプラ板を曲げただけのものですが、夏に曲がっちゃいました。
実用は問題ないのですが、運転中に目の端に入る光景が、あまりに見苦しいのと、迷WAN用のGPSがいらなくなったので、この際作ってみました。

また曲がっちゃうかも知れませんが、取りあえず、製作費105円。
休日の暇つぶしとして、まあ、よしとしますか。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:29 PM  Comments (0)

冬の工作 2

ヒビの入った底面は、補強を兼ねて、余った部分から、底面と同じ大きさを切り出し、両面テープで貼り付けます。
斜めにカットした側面に、L字型のものをやはり強力両面テープで貼り付けます。
専用のボンドとかあるんでしょうが、とにかく普通のボンドではポリプロピレン、くっつきませんからね。
で、取りあえず、出来たのが、コレです。

コレだけじゃあ、ちょっと見栄えが悪いので、前に買ってきて余りまくっているカーボンのシールシートを貼り付けます。

あまり目につくところでもないので、多少キレイじゃないところが残っても、まあ、かまわずにいっちゃいます。
コレを、メガーヌに持ち込みます。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:50 PM  Comments (0)

冬の工作 1

100均で、こんなのを買ってきました。

まあ、100金でありがちな、ケースですね。
思いつきで、コレを改造して、ちょっとした「冬の工作」をしてみます。
ホントは、黒い、四角柱状のペン立てかなんかを探していたんですが、案外見つからず、この半透明のヤツで代用です。
まず、端の方の側面を切り落とし、幅5センチくらいのコの字型を切り出します。
はじめ、ノコギリで切っていたら、コの字のまん中あたりにヒビが入ってしまいました。
ノコギリだと、細かいカスが出ると思い、庭でやったのが敗因だったようで、このところの寒さのせいで、素材が硬くなって、弾性が落ちていたもんだから、ちょっと力がかかったら、パキッといってしまいました。
ポリプロピレンを甘く見ていました。
仕方なしに、部屋に戻って万能ハサミで切り出しました。
断面から見ると、コの字型のものと、L字型のものが二つ。
コの字は、側面を斜めにカットします。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:41 PM  Comments (0)

学習机 3

このお店では、どれが人気があるかを示す目安にするのもあるのでしょうが、机に、「ご成約者様」の名前を書いた小さな短冊がぶら下がっています。
娘が決めた机は、だいぶ人気があったようで、短冊がいっぱいぶら下がっていました。
この短冊には、新入学者本人が名前を書いていて、一生懸命書いた名前がぶら下がっています。
中には、漢字の子もいて、おお、立派なものです。
さて、学習机とセットのイスも決めます。
今は、クルクル回る事務イスタイプのものと、食卓イスのようなタイプのものとがありますが、これも娘の好みで事務イスタイプのものを選びます。
なんか、イスのカバーがおまけでついてきますが、これは「ジュエルペット」という、サンリオのキャラクターのものです。
デスクマットも、好きなものを選べますが、プリキュアを選ぼうとしている娘を思いとどまらせ(だって、もうすぐ終わっちゃって変わっちゃいますから)、もう少し普遍的なキャラクターから選ばせたら、コチラは「リラックマ」を選びました。
うーん、勉強しようという気で机に向かって「リラックマ」じゃあ、やる気が失せないか若干心配です。
そんなこんなで、お届けは新居の方へ3月中旬に、とお願いして、一段落です。
余談ですが、東海地方には「ファニチャードーム」という家具屋がありまして、そのCMで「オー! マイキー」が出てきます。
以下、マイキーたちのやりとり。
マイキー:ママ、勉強机が欲しいよう。
ママ:マイキーに勉強机なんていらないわ。
パパ:ちっとも勉強しないお前には勉強机は必要ないな。
マイキー:勉強するから買ってよ。
パパ:じゃあ勉強しなくていい。
ママ:さすがパパだわ。
一同:ワハハ。
なんてCMがありまして、面白いので、ご興味のある方はこちらからどうぞ。
http://www.furnituredome.jp/cmgallery/#
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:34 PM  Comments (0)

学習机 2

ちなみに、ヨメさんの好みとしてもう一つ、「脚が4本あるもの」というのがありますが、これはけっこう難しい。
案外、学習机って、脚が一枚板のようになっているものが多く、4本足のものって、鏡台のようなデザインのもので、金額がけっこうお高い。
このあたりは、当日現場ですり合わせでしょう。
さて、娘を連れて、市内の家具屋に行きます。
(IKEAでは学習机は見てもいません)
岡崎市の家具屋事情は、激安のニトリを別にすると、安い系と高級系に二分化されています。
もちろん、安い系へGoです。
学習机のように、メーカーがハッキリしているものは特に、安い系で買っても大丈夫でしょうし。
娘が、ウロウロといろんなものに目を奪われている隙に、大急ぎで候補に挙げるデスクを探し、娘とヨメさんの好みと、懐具合の落とし所に合うモノを2~3ピックアップします。
おおよそ納得できそうなものが2つ見つかりました。
ひとつは、白ベースで、引き出しの所がピンクのもの。
もう一つは、真っ白で、引き出しの把手がピンクの宝石のような形のもの。
その上で、娘に「どっちがいい?」と聞くと、しばらく迷った揚げ句に、把っ手がピンクの宝石のような形の方を選びました(こっちの方がちょっと高い)。
こうして、机本体は、何とか決まりました。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:44 PM  Comments (0)

学習机 1

娘の学習机を買ってきました。
「買ってきた」といっても、引越し後の新居に届けてもらうわけですが。
ワタシが学習机を買ってもらった、かれこれ40年近く前は、ベージュ色のスチールデスク(確かコクヨ)でしたが、今は、木が主流なんですね。
もちろん流行り廃りがあるんでしょうが、今は、少なくとも展示してある学習机はすべて木製です。
何でですかねえ? エコっぽいんですかねえ?
あ、エコがからむと、ちょっといらん方向へ行きそうなので、これ以上言及しませんが、まあ、木の机の方が温かみがあって雰囲気は悪くないんですが、引き出しを開けると、木でできている分だけ箱の枠が分厚くて、普段仕事で使うスチールのデスクの引き出しと比べて、容量が小さそうなのが気になりました。
天板も、流行りなんでしょうが、木の節なんかがそのままむき出しになっているモノが多いです。
でも、木の節の所はさすがにちょっとガタついています。
デスクマットを敷いてしまえばいいんでしょうが、基本的に文字を書いたりする机としては、使いづらいんじゃないでしょうか?
店の人に、「数年後に、節のあたりは大丈夫か?」と率直に訊いてみたら、「正直、なんとも言えない」という返事でした。
夫婦の間では、天板は、自然のままではなく、人工的な材質のものの方がいいんじゃないか、という話でまとまりました。
それから、娘の部屋は、基本的に真っ白ベースの予定なので、机も、白いものがいいというコトになっています。
娘にさりげなく好みを確認したら、白ベースで(よしよし)、引き出しなどがピンクのものだそうです。
うん、まあ、この程度なら、こちらで適当に選んでしまえそうです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:53 PM  Comments (0)

桜井真一郎氏

CT200hを引っぱっていたので、ちょっと遅れてしまいましたが、あの桜井真一郎氏が亡くなりましたね。
「スカイラインの生みの親」と、新聞なんかでも紹介されてましたが、ワタシは、正直言って、ここで取り上げるほど氏に対して詳しいわけでもありません。
前に書いたと思いますが、ワタシの父は、ケンメリからR34までスカイラインを乗り継いでいました。
今はもうないと思いますが、昔は、プリンス店で買うと、「プリンス」という小さな雑誌が毎月送られてきていました。(若干記憶が不正確です)
その雑誌で、時々、開発責任者である桜井氏が登場していました。
当時はまだ子供でしたが、初めて「カリスマ」という存在を漠然と意識したのが、桜井氏だったように思います。
桜井氏自身は、R30(ニューマン)までが開発責任者で、R31(セブンス)の開発途中で降板したそうですが、R32のGT-Rが四駆で出てきたのも、桜井氏の影響が大きかったと聞きます。
そもそも、R30に4バルブDOHCのFJ20型エンジンが搭載された時、「この程度では『GT-R』の名はやれない」と言って、「RS」という名称になったとか、このあたりの伝説はリアルタイムに覚えています。
また、「動物が走る時は、四つ足で、基本は後ろ足で大地を蹴るが、前足も必要に応じて、地面をつかんでは蹴り出している」てなことを言って、それが例のトルクスプリット型のアテーサ4WDにつながったとかいう話も、どこまでホントの話か分かりませんが、印象深いです。
コーリン・チャプマンも、エンツォ・フェラーリも、本田宗一郎も、ワタシがホントにクルマに興味を持ちはじめた頃には、亡くなっていたか、伝説も一段落ついていた存在でしたが、桜井真一郎は、ワタシにとってリアルタイムに伝説でした。
また一人、クルマ界の巨星が墜ちた感じです。
ご冥福をお祈りします。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:28 PM  Comments (0)