パンダ 1

このブログで「パンダ」と書くと、ほとんどの人は、フィアット・パンダを連想されると思いますが、今回の「パンダ」は、ホントのパンダ・・・「大熊猫」です。
白黒のブチの。
正月明けにちょっと休みをとって、和歌山まで行ってきました。
アドベンチャーワールドまで、パンダを見に・・・見せに。
6歳の娘は、まだ、生でパンダを見たことがありません。
そのうちに見せてやりたいと思っていたんですが、ちょうどこの前の8月にアドベンチャーワールドで双子のパンダが産まれたということで、見に行ってきたわけです。
アドベンチャーワールドには、実は娘が産まれる直前の、やはり正月明けに双子パンダを見に行っています、夫婦で。
その時は、日本初の双子パンダということでしたが、あまりメジャーにならず、思ったより空いていました。
その後、アドベンチャーワールドでは、双子に限らず、続々とパンダが産まれていたんで、徐々にメジャーになって、今回は、かなり混んでいました。
とは言え、10分くらいの行列ですぐ見られました。
前回見た双子の赤ちゃんは9月生まれ、今回は8月生まれなので、今回の方が1カ月くらい大きいのもあって、随分しっかりしていました。
生後4カ月のパンダは、まだほとんど一人座りができず、ベチャーッと寝そべって、ちょうど、ちょっと前に流行った「たれパンダ」のキャラクターみたいでしたが、生後5カ月となると、もう立派に一人前の小型パンダでした。
赤ちゃんと幼児のような違いという感じです。
娘は大喜びで、自分で見るだけでなく、ワタシ達からカメラを取り上げて、自分で写したりと、大変でした。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:28 PM  Comments (2)