vs. i-MiEV 3

乗り味は、加速が異常にいい点を除けばビックリするほど普通です。
タイヤはそう静粛性の高いものでもないのか(銘柄はチェックし忘れました)、ロードノイズはけっこう入ってきます。
だから、流れに乗って普通に走っているときは、それなりにノイズはあります。
つまり、全く無音というわけでは全然ありません。
まあ、こういった点も含めて、「ビックリするほど普通」なわけですが。
ブレーキのタッチも、回生ブレーキの制御がメチャメチャ上手くいているのか、全く違和感ありません。
正直、トヨタもかくやと思えるくらいの出来です。
航続距離は約160キロだそうで、家庭用の200V電源からだと満充電まで7時間。
まだまだインフラの追っつかない急速充電器では80%充電まで30分だそうです。
このあたりを、どうとらえるかですね。
ガソリン車のように、遠出して、ガソリンが無くなったらどこにでもあるスタンドでチャッチャと給油というわけには行かないようです。
使い道としては、通勤やお買い物オンリーで、夜帰宅したら、深夜電力を使って朝までかけて充電という使い方に限定されそうです。
その意味では、軽ベースというのは正解でしょう。
ただ、こういう使い方では、燃料代の安いと言われる電気自動車(セールス氏の話では、だいたいガソリン車の半分くらい)でも、あまり効率的な使い方とは言いづらいですね。
燃費のいいクルマほど遠距離を走ってナンボでしょうが、買い物や通勤限定使用では、とてもじゃないけどモトを取るところまではいかないでしょう。
なんせ、お値段は398万円。
もう少し、バッテリーや充電の性能が上がって、インフラも整備されないと、エコ(ノミー)のためには、乗れませんね。
もっとも、エコ(ロジー)のために乗るという奇特な方がいらっしゃれば、素直に応援します。
ただ、数少ない試乗車チームで全国ドサ回り中の貴重な個体であるにもかかわらず、飛び込みで店に入って、順番待ちも全くなくてそのまま試乗できてしまったのは、エコブームの底の浅さを暗示しているようでもありました。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:29 PM  Comments (3)