vs.レクサスCT200h 3

初めはエコモードで走り出します。
エンジンのアシスト量を減らしたり、回転をおさえたりする制御が入るようですが、うーん、コレはさすがにかったるい。
ストレスが溜まって、妙にアクセル全開にしてしまいそうです。
ノーマルモードでのドライバビリティは、ごくごく普通です。
そう、速いわけではないですが、不満もなさそうです。
ただ、気になるのがブレーキの制御。
初代プリウスからずーっと経験豊富で、お得意のはずなのに、なんだか制御がヘン。
妙に効きすぎて、上手くやらないとカックンブレーキになってしまいます。
これはいけません。
さっき、i-MiEVのブレーキに感心したばかりなので、余計にダメです。
二代目プリウス、二代目インサイト、三代目プリウス、CR-Z、i-MiEVと、回生ブレーキのクルマは随分試乗しましたが、このブレーキはいちばんダメでした。
スポーツモードにするとそれなりによく走ります。
それまで電気を使ってるのか作ってるのかを示すインジケーターだったところが、タコメーターに固定されます。
バックライトも赤くなって(この辺はCR-Zと一緒じゃん)、「やる気」を喚起します。
うーん、でも、まあこういうハイブリッドのクルマで、しかも「レクサス」ブランドで売るんなら、ノーマルモードだけで充分なんじゃないかなあ。
下手にエコだのスポーツだの欲張ると、かえってビンボ臭くなってしまいそうなんですが。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:40 PM  Comments (0)