vs.レクサスCT200h 4

もう一つ気になったのは、乗り心地がけっこう硬いこと。
スポーツタイプの「F」でなく、普通の「C」なのに、けっこう硬い。
セールス氏によれば、レクサスブランドは、ヨーロッパにも輸出している関係で、他のトヨタ車よりも硬めの脚回りだそうなんですが、ヨーロッパ生まれのメガーヌより、メッチャ硬い。
タイヤがまず硬くて、コツンと入力された衝撃を、コレまた硬いダンパーがそのまま伝えてしまっている感じです。
路面の小さな凹凸、というより、もっと小さい、道路標示の凹凸なんかもけっこうコツコツと拾ってくれます。
こういう、路面からの情報が豊富に伝わってくるのは、スポーツカーだけでいいと思うんですが。
スポーツタイプの「F」ならこれくらいよさそうですけど、普通タイプの「C」には硬過ぎだと思います。
そんなわけで、このCT200h、決して悪いクルマじゃないんですが、どうも、レクサスが変な色気と甘えを見せてしまったクルマのように思えます。
レクサスでいちばん安い価格設定(それでも355万から)で、普通のトヨタ車はじめ国産オーナーを取り込みたいし、そうなると、いろんなモードを持ってエコからスポーツまで対応してますよ、とアピールしたい。
そして、ハイブリッドという圧倒的な魅力があるから、例えば、スペースユーティリティの設計とか、脚回りのセッティングとか、多少詰め切れていなくても何とかなるんじゃないか。
だいたい、室内は、シートの素材とかデザインとか、誰からも文句の出なさそうな高級な感じのしっかりした作りだし。
ちょっと辛口っぽくなっていますが、ホント、基本的によくできたクルマだと思いますよ。
今年は、コレを基本に、いろんなCセグメント車を乗り比べてみます。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:01 PM  Comments (0)

vs.レクサスCT200h 3

初めはエコモードで走り出します。
エンジンのアシスト量を減らしたり、回転をおさえたりする制御が入るようですが、うーん、コレはさすがにかったるい。
ストレスが溜まって、妙にアクセル全開にしてしまいそうです。
ノーマルモードでのドライバビリティは、ごくごく普通です。
そう、速いわけではないですが、不満もなさそうです。
ただ、気になるのがブレーキの制御。
初代プリウスからずーっと経験豊富で、お得意のはずなのに、なんだか制御がヘン。
妙に効きすぎて、上手くやらないとカックンブレーキになってしまいます。
これはいけません。
さっき、i-MiEVのブレーキに感心したばかりなので、余計にダメです。
二代目プリウス、二代目インサイト、三代目プリウス、CR-Z、i-MiEVと、回生ブレーキのクルマは随分試乗しましたが、このブレーキはいちばんダメでした。
スポーツモードにするとそれなりによく走ります。
それまで電気を使ってるのか作ってるのかを示すインジケーターだったところが、タコメーターに固定されます。
バックライトも赤くなって(この辺はCR-Zと一緒じゃん)、「やる気」を喚起します。
うーん、でも、まあこういうハイブリッドのクルマで、しかも「レクサス」ブランドで売るんなら、ノーマルモードだけで充分なんじゃないかなあ。
下手にエコだのスポーツだの欲張ると、かえってビンボ臭くなってしまいそうなんですが。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:40 PM  Comments (0)

vs.レクサスCT200h 2

トランクを開いてみますが、まあ、そう驚くほどの広さではありません。
メガーヌなんかとそう変わらない印象。
一見ちょっと浅く見えますが、最近流行りの二重底タイプで、床面をはぐると、小判ならぬアンダートレイが出現します。
けっこうな容量ですが、スペアタイヤ仕様だとこのスペースはスペアタイヤになるそうで、それにしては床面、高すぎないかなあ。
さて、リアシートは、なかなか落ち着いた広さです。
背もたれも充分な高さがあり、きちんと座れます。
でも、ここももう少し広くてもよさそうな気がします。
ヘッドスペース、レッグスペースともに、狭くはありませんが、全然広くありません。
メガーヌの方が優れているんじゃないかなあ。
運転席に移ると、センターコンソールからの盛り上りがけっこう大きくて、ちょっと一昔前のスポーツカーみたいです。
FDとか32のZとか。
足踏み式のパーキングブレーキを解除し、ヘンテコなつまみのようなシフトレバーをいじって走り出します。
ダイヤル式のモード切り替えスイッチは、エコモード、ノーマルモード、スポーツモードが選べるんですが、こういうのって、今流行ってますね。
CR-Zにもありましたし。
特に「エコカー」と言われるものに多い気がするんですが、どうなんでしょう?
たまの試乗なんかでは楽しいんですが、所有したら、ちょいちょい切り替えるんですかねえ。
ワタシの中での評価がまだ定まってません。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:15 PM  Comments (0)

vs.レクサスCT200h 1

i-MiEVに乗ってみたその足で、レクサス店に行ってみました。
最新鋭のレクサスCT200hに試乗するためです。
レクサス店の中では、いちばん小さいコトになるのかな。
Cセグメントですから、もし出来がよければ、数年後のメガーヌの後継として、メガーヌ3やジュリエッタのライバルになるかもしれません。
その意味では、完全に興味本位のi-MiEVよりよほど真剣です。
さて、店内に入ると、相変わらず敷居の高さを感じさせますね。
ホテルのロビーのようなショウルームは、うさん臭い客を寄りつかせないためなんじゃないかと勘ぐりたくなってしまいます。
そんなおキレイな店内に、いかにもうさん臭いクルマで乗りつけ、臆することなく試乗を申し込みます。
ワタシも度胸が付いてきました(笑)。
スポーツグレードの「F」と、メイングレードの「C」がスタンバイしていたので、ここは迷わず「C」でいきます。
意外でした? 
いや、試乗はできるだけベーシックグレードがいいかな、と思いまして。
それに、万が一メガーヌの後釜で買うなら、このグレードでしょうから。
スタイルは、まあ、ちょっとアクがあるけど、普通の2BOXですね。
Cピラーからリアウィンドウ回りは、まるでiQのようなデザインで、うーん、大きいクルマが小さいクルマの真似という順番になってしまいましたね。
グリーンハウスの形状なんかは、いかにもレクサスという感じで、エンブレムとかじゃなく、全体的な形で「レクサス」というスタイルが確立してきているみたいです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:23 PM  Comments (0)

vs. i-MiEV 3

乗り味は、加速が異常にいい点を除けばビックリするほど普通です。
タイヤはそう静粛性の高いものでもないのか(銘柄はチェックし忘れました)、ロードノイズはけっこう入ってきます。
だから、流れに乗って普通に走っているときは、それなりにノイズはあります。
つまり、全く無音というわけでは全然ありません。
まあ、こういった点も含めて、「ビックリするほど普通」なわけですが。
ブレーキのタッチも、回生ブレーキの制御がメチャメチャ上手くいているのか、全く違和感ありません。
正直、トヨタもかくやと思えるくらいの出来です。
航続距離は約160キロだそうで、家庭用の200V電源からだと満充電まで7時間。
まだまだインフラの追っつかない急速充電器では80%充電まで30分だそうです。
このあたりを、どうとらえるかですね。
ガソリン車のように、遠出して、ガソリンが無くなったらどこにでもあるスタンドでチャッチャと給油というわけには行かないようです。
使い道としては、通勤やお買い物オンリーで、夜帰宅したら、深夜電力を使って朝までかけて充電という使い方に限定されそうです。
その意味では、軽ベースというのは正解でしょう。
ただ、こういう使い方では、燃料代の安いと言われる電気自動車(セールス氏の話では、だいたいガソリン車の半分くらい)でも、あまり効率的な使い方とは言いづらいですね。
燃費のいいクルマほど遠距離を走ってナンボでしょうが、買い物や通勤限定使用では、とてもじゃないけどモトを取るところまではいかないでしょう。
なんせ、お値段は398万円。
もう少し、バッテリーや充電の性能が上がって、インフラも整備されないと、エコ(ノミー)のためには、乗れませんね。
もっとも、エコ(ロジー)のために乗るという奇特な方がいらっしゃれば、素直に応援します。
ただ、数少ない試乗車チームで全国ドサ回り中の貴重な個体であるにもかかわらず、飛び込みで店に入って、順番待ちも全くなくてそのまま試乗できてしまったのは、エコブームの底の浅さを暗示しているようでもありました。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:29 PM  Comments (3)

vs. i-MiEV 2

リアシートに入ってみると、お、けっこう頑張っています。
スペース的にほとんど206と遜色ありません。
もっとも、ミニバンタイプのものと比べると、ヘッドスペースは若干狭いんですが、ほとんど問題はないでしょう・・・というか、ミニバンタイプのヤツ、無駄にスペース取り過ぎ。
さて、運転席に座ってみます。
セールス氏がクルマをまわしてくる間に暇つぶしで乗っていたオリジナルの「i」とほとんど変わらない印象です。
エンジンのかけ方・・・もとい、モーターのスイッチの入れ方は、ステアリングコラム右の、普通ならキーをさして捻る場所にツマミがあって、それを捻ります。
すると、音もなくインパネに火が入り、スイッチが入ったと知らせてくれます。
トヨタのハイブリッドもそうですが、この、スイッチを入れた瞬間の感動のなさは、どうにかならないものでしょうかねえ。
そのインパネは、まん中にデジタルのスピードメーター。それを取り囲む形で、本来タコメーターなんでしょうが、「パワーメーター」という名の、電気を使っているのか、回生で貯めているのか、エコ運転中かを示すメーターが入っています。
こういうメーターは、心理的な効果も狙っているんでしょうかね。
走り出しは、さすがモーター、音もなくスルスルと走ります。
カタログ上、馬力は64馬力ですが、トルクが18.4キロもあるので、1100kgの車体を驚くほど軽々と加速させていきます。
トルクの18.4キロといったら、オリジナルのターボの9.6キロのほぼ倍です。
もっと分かりやすくいうと、111Rの18.5キロと同じトルクを、0回転から発生しているって、恐るべし、モーター!
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:19 PM  Comments (0)

vs.i-MiEV 1

ミツビシのi-MiEV(入力しづらい)に乗ってきました。
そう、あの、電気自動車です。
もう、趣味だか義務だかわかりません(笑)。
ベースとなっているのは、一目で分かる・・・というよりそのまんま「i」です。
外見はほとんどおんなじで、パッと見では全く分かりません。
ただ、試乗車は、ボディに、コンセントのステッカーが貼ってあるのと、リアのランプが透明カバーにLEDというあたりでしょうか。
そもそも「i」自体、もうすでにデビューして5年くらい経ちますが、なかなかいいスタイルで、あんまり古くなっていませんね。
はじめはちょっと違和感がありましたが、時間とともにだいぶ馴染んできました。
個人的には、もう少し、上物を小さくして前後から見たときの踏んばり感があるといいと思うんですが、軽自動車では致し方ありませんね。
あれ? ところで、i-MiEVって、軽自動車なのかな?
セールス氏に聞きそびれたなあ。
まず、トランクを開けてみると、うん、狭い。
さすが軽自動車ベース。
正確には、狭いというより、浅い。
そういえば、「i」もi-MiEVも、カタログではリア・ミッドシップと言っていますが、リアのオーバーハング自体がないので、ほとんどリアエンジンですね。
その、エンジンスペースの上がトランクスペースになっています。
トランク、厳しいはずです。
もっとも、普通のFFの軽でももう少し深さはあるものの、狭さはそう変わらない感じですから、まあ、仕方なさそうです。
「i」はエンジンなので、エンジンスペースとの間に5センチくらいの断熱材がかませてあります。
お、室内に入る前に、いっぱいになっちゃった。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:06 PM  Comments (0)

年が明けて 2

それから、ユニットバスが設置されました。
お風呂の基本的なセットが設置され、浴槽もドーンとでっかいヤツが置いてあります。

まだ、入り込んで浸かるマネをしてみるところまではできませんでしたが、少しずつ人が生活するスペースに近づいてきています。
壁には、一通り断熱材が入っている感じなんですが、まだ、方々に断熱材のかたまりが積み上げてありますから、屋根だか天井だかに使われるのでしょうか。
ウチは、ヨメさんが寒がりなので、断熱性を、東海地方標準から、東北地方標準にアップグレードしてありますから、断熱材もたくさん必要なんでしょう。
追っつけこのあたりの断熱材も収まるべきところに収まっていくことになるのかな。
ウチの近所で、建築中の家があるんですが、パッと外見を見た所では、ほとんど完成しているように見えて、なかなか作業か完了しません。
ウチの場合、それに比べるとまだ随分前段階でしょうが、あとひと月半でホントにできるのかなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 7:55 PM  Comments (0)

年が明けて 1

年が明けて、1月上旬の日曜日に久々に新居の中に入ってみました。
まず、外から見てみると、年末に屋根のスレートが張られて、庇の裏側もちゃんとした外装に整えられています。
ただ、まだ外壁が完成していないし、何といってもネット(フェンス?)に囲まれているので、外から見る感じでは、まだまだ「工事中」です。
中に入ると、パッと見、いちばん大きな変化は、階段が付いたことです。

今までは、斜めになった梯子を登って二階に上がっていましたが、階段が付くと、いきなりリアルになってきます。
階段、もう少し幅とか広いといいんですが、まあ、このあたりは欲を言ったらキリがありません。
まだ手すりとか、そういった細かいパーツはありませんが、ここも追っつけ整ってくることでしょう。
居間と脱衣所を結ぶ通路のアーチなんかも、ちょっと形ができてきました。

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 7:54 PM  Comments (0)

ストラトス

いろんなメディアで、新ストラトスの記事が出はじめましたね。
ミニやビートル、500みたいに、昔のデザインをベースに、現代的な解釈で甦らせた新型というカテゴリは、嫌いじゃありません。
新ストラトスの場合は、フェラーリの430スクーデリアをベースに、ランチア・ストラトスをリフレッシュした外装を乗っけたものだそうで、うん、上手にストラトスになってますね。
カッコいいです、これ、欲しいです。
そもそも、前に「カッコいいスポーツカー5台」の筆頭に入れたストラトスは、個人的に、もっともカッコいいスポーツカーだと思っています。
ホイールの大きさなど、時代を感じさせる面もないではないですが、いつまでたっても「近未来」というイメージを保ち続けています。
こうして、新型として甦った新ストラトスは、本家ストラトスで若干古く感じさせるテイストを、しっかり現代風にアレンジしてあります。
残念なのは、430ベースのため、本家よりかなり大きくなってしまった所ですね。
本家は、980キロに190馬力、3710mm×1750mmと、おお、数字だけ見ると、何だかエリーゼに近いコンパクトなスポーツカーです。
新型は、1240キロに540馬力、4181mm×1971mmなので、さすがに大き過ぎです。
25台しか造らないそうですし、430ベースじゃ、金額的にもどうあっても手が届かないのは目に見えています。
それから、ミッションはセミオートマとのことで、いまだに左手でコキコキするのが好きなワタシには、今一つ合わないかなあ。
と、マイナスな点をあえて挙げてみても、やっぱりけっこう欲しいです。
前にあった、ホークカーズやアタカエンジニアリングのレプリカ(HFR)なんかも、けっこう欲しいなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:49 PM  Comments (2)