ルンバ 1

いわゆるロボット掃除機の代表格である、「ルンバ」を買いました。
円盤型の、部屋の中を勝手に這いずり回って掃除してくれるという、どこまで信用できるかわからないシロモノですが、買っちゃいました。
「ルンバ」と一口に言っても、今、日本で普通に売られているルンバは3種類あります。
1番ベーシックなタイプと、充電が乏しくなると、自動で充電器まで戻ってくるタイプ、それから、それに、時間をセットしておけば勝手に掃除をはじめて勝手に充電器に戻るという機能のついた1番高いヤツ。
電器屋では、それぞれ4万、6万、7万くらいで売られています。(定価はそれぞれ1万高)
ちょっと高いと思って、ネットで調べてみたら、おお、クルマで言えば並行輸入のような感じの製品が、1番高いタイプでも3万ちょいであります。
ちゃんと日本語の取説も付いているというコトですし(エリSTDの時は、取説も英語で苦労しました)、まあ、この値段なら買っちゃうか、と、勢いでポチッとしてしまいました。
数日後、届きました。
純正品でいうと、ルンバ577というモデルに当たる(そうな)、並行輸入品のルンバ560。
一応、最上級機種です。
さっそく充電して、掃除させてみました。
フル充電状態からだと、1時間くらい掃除して、充電器の場所に戻ってくるそうですが、果たしてうまく戻ってくるコトができるでしょうか?
いや、それ以前に、ちゃんと掃除してくれるでしょうか?
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:04 PM  Comments (2)