vs.新型メガーヌ 3

運転席に移ると、センターコンソールにすでにカードキーが挿してあり、あとはプッシュボタンを押すだけの状態になっていました。
このあたりのシステムは、旧型とそう変わりありません。
が、このキー、はじめは気付かなかったんですが、試乗後に、ある面白いことに気がつきました。

 

さて、それはともかく、プッシュボタンを押して、エンジンをスタートさせます。
エンジンは、日産との共同開発による2リットル140馬力のエンジンです。
最近では、あんまりDOHCとか騒ぎませんが、さりげなく実用DOHCという感じでしょうか。
静かで、けっこうパワフルな、いいエンジンのようですが、これといって官能的というものでもありませんでした。
実用エンジンですからこれでいいんですが。
(一応徹底的な軽量化で1.6リットル並の重さだそうです)

 

インパネは、左にアナログのタコメーター、中央にデジタルのスピードメーターという配置です。
このデジタルメーターは、バックライト液晶のものですが、数字がちょっと懲りすぎで、慣れないうちは数字を読み取りづらかったです。
もう少しシンプルな、電卓のような数字でいいのに、なまじ滑らかにしようとしたのか、中途半端に切れ込みなんかの入ったデジタル数字で、ちょっと見づらい感じでした。

 

運転していて気付いたのですが、ワタシのおケツがでっかいのか、座面の左右の盛り上がりが少ーし当たる感じがありました。
これは、もし、本格的に購入、というレベルになったら、もう一度しっかりチェックしないといけません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:36 PM  Comments (0)