vs.新型メガーヌ 4

サイドブレーキを解除しようとしたら、サイドブレーキもちょっと凝ったものになっていました。
もともと、先代のメガーヌも、サイドブレーキのレバーは、飛行機のスロットルみたいに、コの字を立てたような、神社の鳥居のような形状でした。
普通の、棒状のものと比べて、取り立てて使いにくくもなければ使いやすくもないという、でも、ルノーのこだわりの感じられるものでした。

 

新型は、ちょっとしたつまみみたいなのがあるだけです。
これは、手動での操作も可能だそうですが、エンジンをかけたら、アクセルを踏み込むと自動的に解除され、エンジンを止めると自動的にブレーキがかかる仕組みなんだそうです。
これは、きっと素晴らしい装置なんでしょうが、人の手を介さな過ぎて、逆に不安です。
アクセルを踏むとそのまま解除されて大丈夫なのか? サイドブレーキ。
なんか、無意識にアクセルを踏んでしまうアクシデントとか、ないのか? サイドブレーキ。
新型メガーヌに乗っている人が他のクルマに乗ったら、ちょっとトラブルを起こしそうです。
・・・って、ワタシも、そんな可能性があるかも。

 

走り出すと、しっかりしたエンジンと、しっかりとした足回りのおかげで、快適に走れます。
エンジンは、びっくりするほどではありませんが、実用上不満のない加速をしてくれますし、CVTはショックもなく、独特の滑らかな加速感です。
ワタシは、個人的にはいまだにCVTの加速には違和感を覚えることがあるんですが、普通の人には、快適この上ない加速感だとも思えます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:19 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">