vs.二代目アウディTT 2

展示車のリアシートに乗り込んでみます。
・・・無理です。
あれえ、こんなに狭いリアシートって、今まであったかなあ?
これは多分、エヴォーラやCR−Zを抜いて、堂々「試乗史上最狭」の栄冠です。
もう25年も昔に、一度だけ乗り込んだ(試乗はしてない)あのCR−Xを超えている気がします。
背中を丸めた上に、首をコッキンと折り曲げてようやく入り込めますが、これで走行されてはハッキリ危険です。
セールス氏の話によれば、法律的には4人乗りだが、メーカーでは、140センチまでとしているそうです。
CR−Zが「160センチまで」でしたから、それより、やっぱり狭いんですね。
それにしても、この狭さは、いったいどうしたことでしょう?
クーペとは言え、このサイズのクルマのリアシートがこれじゃあ、エヴォーラの爪の垢でも煎じて飲んで貰わなきゃ。

 

TTは、今は2リットルのターボが主流だそうで、試乗車はクアトロでした。
目の前のメーターパネルやコンソールの作りはとっても高級そうなんですが、センターコンソールが伸びてきた後端の、リアシート前の部分は、安っぽいプラスティックになっていて、ここで一気に興ざめになってしまいます。
なんでこんなほんのちょっとしたところをケチッちゃうかなあ。

 

電動シートを合わせますが、FFは手動、クアトロは電動です。
そうそう、FFとクアトロでは、値段にして60万円差、車重にして60キロ差です(キロいくらの世界みたい)。
車重は思ったより差がなく、金額差は思ったより大きいんですが、装備も随分差があるようです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:39 PM  Comments (0)