vs.初代フィット 2

いや、広いスペースを確保する、というはっきりした目的に沿った、理詰めのスタイルとして、ある意味割り切ったスタイルであることはよく分かるんですが、それにしても、もう少し何とかならなかったかなあ。
実用に振るにしても、もっと夢のあるスタイリングにするデザイン力って、30年くらい前のホンダにはあったと思うんですが。
何にしても、個人的に、あまりに夢のない、バスや軽トラックみたいなスタイルだ、というのが、フィットに対する第一印象です。

 

ただ、そのスタイルのおかげで、想像を絶する室内空間が確保されています。
トランクも、広さ、深さともに、かなり大きく、ウチのクルマで言えば、206以上メガーヌ以下というところでしょうか。

 

リアシートも、メガーヌと比較しても遜色ありません、広さは。
ヘッドスペースもレッグスペースも充分です。
4mを切るサイズのクルマでも、ここまで広くできるという見本のようでもありますが、ここまで広くなくてもいいから、もう少しカッコよくして欲しい、という気持ちもあります。
ただ、シートが、カッチカチで、この異常な硬さには驚きました。
何でしょう、試乗車に充てられている中古車ですから、誰も座らないままずーっと長いこと放っておかれたんでしょうか。
ちょっと硬すぎて、座った人からクレームが来そうです。
せっかく広いスペースなのに、このシートは厳しいです。
二代目に乗った時には、思った程ではない的な書き方をしていますが、初代は広いです。
幅もけっこうありますから、もしかしたら、ドアが薄いかなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:25 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">