ルンちゃん

ウチのルンバ(ロボット掃除機)には、「ルンちゃん」という名前がついています。
命名は娘です。

 

さて、3ヶ月ほどルンバを使ってみました。
感想は・・・「案外使えるぞ、コイツ」というものです。
もちろん、弱点はまだ多いですし、ルンバ一つで掃除は完了、というわけにはいきませんが、思ったより役に立っています。

 

弱点ですが、まず紙切れとヒモです。
ちょっとした紙切れとかヒモが落ちていると、変なところに巻き込んじゃったり、吸い込み口がふさがれちゃったりして、掃除は続行できないわ、電気は食うわで、その場で力尽きていたりします。

 

また、偶然狭いところに入り込んでしまうとなかなか出られません。
食卓の下など、イスの脚と机の脚が錯綜している危険地帯では、なかなか入れない上に、一度入ってしまうとちっとも出てこられません。

 

それから、ウチの構造だと、扉を開けておくと、居間から玄関に出ていけるんですが、なぜか玄関から居間に戻ってこられません。

 

AIでも積んでいて、家の構造や家具の位置くらい覚えてくれるのかと思ったら、そんなに賢くはありませんでした。
でも、センサーのたぐいはかなり高性能なようで、覚えられないながらも、その場その場の判断で、上手に障害物をかわして掃除をしています。
感覚だけで生きていて、学習しないなんて、ワタシそっくりです。
買い物などで家を空けている間に、ルンちゃんにがんばってもらって、ルンちゃんのやり残したところを簡単に仕上げるだけで、マメな人が一生懸命掃除機をかけたくらいの状態に保てます。
効果に対して過剰な期待をしなければ、相当、満足度は高いと思います。

 

ただ、ウチのルンちゃんは、並行輸入のような形で、ほぼ半額で手に入れていますが、正規モノの7万以上の値段は、ちょっと高過ぎかなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:06 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">