おこげ

去年の9〜10月にかけて、ウチの炊飯器を新しくした、なんて話を載っけましたが、最新型の炊飯器は、なかなか上手にご飯を炊いてくれます。
そして、ワタシは心の中でずーっと思っていたのですが、なんと「おこげモード」なんていうスグレモノの機能がついています。

 

いや、何を隠そう、ワタシ、おこげが好きだったんです。
昔、子どもの頃、まだウチの実家が電気炊飯器でなかった頃、オカンがガスでご飯を炊いていました。
これは、ちょっとした加減で、おいしく炊けたりそうでもなかったりと、出来にムラがあったんですが、ちょいちょい「おこげ」が出来ました。
この、おこげの出来具合も、うっすらと焦げてちょっと硬めになっているくらいのものから、けっこう茶色になっているものまで様々でした。
まれに「こげ茶」になる時もありましたが、さすがに、「こげ茶」の時はやっぱり「焦げ」てましたから、食べませんでしたが、それ以外の時は、ワタシが好きだったので、「おこげ」はたいていワタシのトコロに回ってきました。

 

一人立ちしたり、結婚したりして、お釜が電気炊飯器になってから、この「おこげ」が出来ないのが、ちょっとした不満でした。
いや、ちゃんとおいしく炊けるのはありがたいことなんですが、どうももう一つ楽しみがない。
たいていおんなじような感じでちゃんと炊けてしまう。
せめて人為的におこげを作る機能くらい出来ればいいのに、と、ずーっと思っていました。
「おこげモード」で作るおこげのご飯は、若干わざとらしい感じはしますが、懐かしい、おこげ独特の食感を味わわせてくれます。
こうなったら、もう一歩進んで、わざわざ「おこげモード」を設定しなくても、ファジー制御やゆらぎ制御で、放っておいてもたまにおこげになるようにしちゃえばいいのに。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:02 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. これを読んであの「おこげ」の香りと食感を思い出しました。

    懐かしいですね。ワタシも大好きでした。欲しいときにはいつでも手に入るものではなかったから、余計においしく感じたのかも知れません。

    料理屋なんかで季節ご飯みたいなものを出してくれるときに、おこげっぽいのが入ってることもありますが、素朴なおこげとは違います。

    きっと昔の素朴なおこげは、もう食べられない味なんでしょうね。

    そういった類の今はもう豊か過ぎて食べることのできないものっていろいろありそうですね。

    コメント by yuk — 2011年8月2日 6:13 PM
  2. 「おこげ」の本当の良さは、あの「偶然性」にありますよね。
    確かに、豊かだからこそ食べられなくなったものってありそうです。
    そのうち、まとめてネタにしてみようっと。

    コメント by カーマくん — 2011年8月2日 7:45 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">