朝食

ワタシ、朝食が苦手なタイプです。
いつも、起き抜けにすぐ食べるからいけないんでしょうが、体が目覚めてないもんだから、何食べてもパサパサで、口から喉に入っていかないんです。
(30分早起きしなさいというご指摘はご勘弁)
普段、基本的にトーストとコーヒーだけなんですが、トースト一枚食べきるのも必死です。

 

休日の朝は事情が違って、ゆっくり寝たあと、起きてからしばらく時間があっての朝食ですから、ちゃあんと食べられます。
ウチでは、休日の朝だけ、トーストにコイツが付きます。

 

 

いつからかなあ?
もう随分前から、休日の朝だけのささやかな贅沢で、このベーコンエッグをヨメさんにお願いして作ってもらっています。
昔は、常滑焼の陶板のフライパンでしたが、何度も使っているうちに割れてしまって、最近では鉄板になっています。

 

仕事のない休日は、ストレスもないから食欲あるんですよね(苦笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:46 PM  Comments (2)

大脱走

先日、BSで「大脱走」をやってまして、久々に見ました。
いやあ、何十年ぶりだろう、というくらい、ホントに久しぶりでした。
今までに、2〜3回くらい見ているんでしょうが、細かいところはともかく、けっこうよく覚えていました。
それだけ印象的なシーンの多い映画だったんでしょう。

 

ハイライトは、何といってもスティーブ・マックイーンのバイクスタントなんでしょうが、マックイーンに関して言えば、むしろ、ちょっとした表情なんかがとても魅力的でした。
最後に捕まる時の、鉄条網に絡まりながら、片手を上げた時の、あきらめとか悔しさとか照れ臭さのようなものがないまぜになった、何とも言えない表情が印象に残りました。
その他にも、怒りを抑える表情や、無邪気な表情など、昔は全然気にも留めなかった魅力が満載でした。
何となく、派手なアクションばかりが印象に残りがちなスティーブ・マックイーンですが、こういう面もあったんだと、改めて発見しました。

 

「調達屋」のジェームズ・ガーナーもいい感じでした。
この役者さん、なんでワタシ知ってるんだろう?
Wiki見ても、「大脱走」以外、心当たりがないんですが、ちょっとB級の近未来アクションみたいなのに出てませんでしたっけ?

 

有名な「大脱走マーチ」の作曲は、エルマー・バーンスタインさんだそうで、あのレナード・バーンスタインさんとは、無関係な人だそうです。

 

それにしても、「大脱走」、やっぱり名作でした。
一番印象的なのは、ラストの「ココンコン」です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:38 PM  Comments (0)

ご当地ヒーロー

今どき、日本の各地で「ご当地ヒーロー」というのが大流行ですね。
たいがい、「ゴレンジャー」系をベースにして、○○レンジャーみたいな5人組5色みたいな雰囲気でしょうか。

 

我が岡崎にも5人組5色の「エコマンダー」なんてキャラがいます。
名前からすると、「エコ」を訴えているんでしょう、市内のいろんな催しに顔を出しているみたいです。
実物以外にも、漫画的なキャラクターになっていて、市内を走っているバスなんかにも描かれています。

 

さて、まあたいていのご当地ヒーローは、こう言っちゃ何ですが「チャッチい」感じで、あまり良くない意味での「手作り感」が炸裂です。

 

ところが、先日、暇つぶしにBSをザッピングしていたら、ものすごいご当地ヒーローに出くわしました。
なんと、「仮面ライダー」並にちゃんと30分番組になっています。
その割には妙にチャッチい・・・というか、30年くらい前の特撮っぽいなあと思っていたら、主人公の決め台詞に「俺の木更津スピリットを〜」なんてのが出てきました。
おお、BS で全国放映しているこのヒーロー、どうやら「木更津」のご当地ヒーローみたいです。

 

特撮ヒーロー、ご当地ヒーローがお好きな方、ぜひ一度、話のタネにご覧ください。
「鳳神ヤツルギ」というヒーローです。
ワタシは、・・・もうすでにちょっと見ましたし、もう一度見る気はほとんどないですが。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:43 PM  Comments (0)

トヨタの軽

とうとう出ましたね、トヨタの軽。
ワタシ自身すっかり忘れていましたが、ちょうど一年ほど前に、「トヨタが軽」という題名で話題に挙げていました。

 

「ピクシス・スペース」とかいうらしいですが、これは、子会社のダイハツのムーヴ・コンテをベースとしてバッジだけ変えたものだそうです。
ムーヴ・コンテといったら、クルマ自体はイメージがわきませんが、あの「カクカクシカジカ」の鹿がCMしてるヤツですね。
(あの「鹿」、生瀬勝久さんでしたっけ?)

 

コンテには乗ったことがありませんが、本家のムーヴに乗った時には、出来の良さに驚きました。
あまりキュッキュッとした走り方をしなければ、ほとんど何不自由ないカーライフを送れそうです。
ですから、そりゃ、クルマとしてはほとんど問題ないでしょう。

 

ここで話題にしたいのは、トヨタが軽を売るという出来事についてです。
一年前と同じですが、これはトヨタにとってプラスなんですかね、マイナスなんですかね。
もちろん、モノを売るプロであるトヨタ関係者が考えに考えた末にGoサインを出しているんでしょうから、当然「プラス」と判断しているんでしょうが、個人的には、トヨタも厳しいんだな、という印象が強くて、どうもマイナスなんですが。
トヨタとしては、そんな「印象」で商売をする気はさらさらないんでしょう。
クルマはイメージで売るモノではなく、値段と実用性で売るものですから。
やっぱり、クルマの「家電化」が始まっているんですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 5:44 PM  Comments (0)

メガーヌオイル交換2011秋 2

さて、交換作業です。
フィルター交換には目をつぶって、今回もオイルのみです。
この秋も忙しくて、なかなかクルマの下に潜る気力がわきません。
そこで、上抜き用のオイルチェンジャーの登場です。

 

 

これを使って、古いオイルを吸い出します。
数回ポンピングすると、チュ〜っとオイルが抜けてきます。

 

 

たまにポンピングを追加してやりながら、20分くらいでだいたい抜き終わります。

 

新しく入れるオイルは、さすが0W-20! シャパシャパです。
少し粘り気のある水・・・みりんくらい。

 

そんなこんなで、だいたい40分くらいで作業終了。
乗ってみた感想は、今のところ、エンジンが軽くなった感じです。
そりゃ、古いオイルを換えれば、軽く回るようになるに決まってますから、しばらくして、燃費の変化だとか、フィールについて、何か報告できそうでしたら、報告させていただきます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 5:52 PM  Comments (0)

メガーヌオイル交換2011秋 1

前回のオイル交換から11ヶ月経って、ファミリーユースのメガーヌといえども、そろそろオイル交換しなくちゃと思っていました。
安くていいオイル、できれば100%化学合成がいいなあ。
前にチラッと触れましたが、ホームセンターなんかでは今でも、カストロールのRSが、たまに2980円で出たりするので、それで行くか、最近流行の0W系にするか、なんて3000円以下の世界で迷っていました。

 

たまたま、チラシが入ってきた「ジェームス」で、アジップ改めエニ(うう、いまだになじまない)の100%化学合成の「0W-20」なんていう省燃費オイルが2104円と格安で出ていたので、ついつい買っちゃいました。

 

 

本来、0W-20って、最近の低燃費仕様のエンジンに合うようにできているようなので、メガーヌのように、もう8万キロを超えたようなクルマには、あまり合っていないんだろうとは思います。
でも、まあこの手の省燃費オイルを試してみたかったのもありましたし、何といっても100%化学合成で2000円ちょいという圧倒的な安さに押されてしまいました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:07 PM  Comments (0)

やっぱりお前か!

前に、玄関先に小動物のフンらしきものが落ちているという話をしました。
コウモリが怪しいんじゃないか、と。
その後、庭の駐車スペースにコウモリが死んでいるのが見つかったりしましたが、とうとう、決定的な証拠を掴んでしまいました。

 

二階のベランダの端に、ワタシの書斎の壁が来ているんですが、その書斎の屋根の下に、真夜中、コウモリがぶら下がっていました!
写真は、非常に分かりづらいと思いますが、なんせ真っ暗でベランダに出るガラス越しに当てずっぽうで撮っているので、ズームもできていませんし、ピントも甘い上、ガラスが反射してしまっていますが、○く囲んであるトコロです。

 

 

屋根の付け根のラインが一ヶ所だけ出っ張っているのがお分かりでしょうか。
この「出っ張り」こそが、コウモリなのでした。
一枚写真を撮っただけではコウモリも逃げていきませんでしたが、ガラス越しでなくて生で撮ってやろうと、ガラス戸を開けたのが運の尽きです。
コウモリは音もなく飛び去ってしまいました。

 

それにしても、困ったなあ。
何とか、コウモリを退治する方法を見つけなくちゃ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:54 PM  Comments (0)

第3のエコカー

デビュー前に、本体は出さないで、イメージだけ先に植え付けるティザー広告ってありますよね。
個人的に印象深いのはS13の「アートフォース」シルビアですが、最近までは、ダイハツの「第3のエコカー」のCMが盛んに流れていました。
俳優の瑛太さんが、はじめは大昔のカマロに乗っていて、女の子(吹石一恵さん)に「カッコいいね」って言われてるのに、なぜか「あ、エコカーに代えようかと思って・・・」なんて言っちゃってます。
今どき、スポーツカー見て「カッコいい」なんて言ってくれる、絶滅危惧種のような女の子がいたのに、何でエコカーに行こうと思うかなあ。
なんてツッコミはともかく、「第3のエコカー」だそうです。

 

「第3」というと、第1と第2があるはずですが、第1はハイブリッド、第2は電気自動車ですかね。
今気付きましたが、ハイブリッドはトヨタとホンダが、電気自動車は日産と三菱がそれぞれ力を入れていますね。

 

で、目立つ技を持っていなかったマツダとダイハツが、普通のガソリンエンジンを磨き上げるという方法で、「第3のエコカー」を生み出したわけですね。
そして、「イース(e:S)」というクルマがデビューしました。
面白いのは、スカイアクティブもイースも、自然吸気エンジンです。
ヨーロッパだと、小排気量ターボが大流行ですが、デミオもイースも、そもそも小さいですからね。
でも、400ccくらいのターボなんてのも面白いと思うんですが。

 

さて、そのイースは、乗ってみないと分かりませんが、うーん、もう一つ垢抜けないスタイルだなあ。
決して悪くはないんですが、うーん、一度見ただけじゃどんなカッコウだったか後から思い出せない感じです。
だんだんよく見えてくるのかな。
こういうクルマこそ、「あっ」と思うような、ちょっといいセンスのスタイルにしてほしいんですが。

 

でも、イース、一番安いヤツだと、なんと79.5万円からと、思い切った価格で出してきました。
購入段階で「エコ」というのは、なかなかあなどれません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:15 PM  Comments (0)

台風一過

ひどい台風でしたが、みなさん、大丈夫だったでしょうか?
我が家は、これといった被害もなく、過ぎてしまえばどうということもありませんでした。
前の家だと、強風のせいで、家がきしんだりして、ミシッというイヤな音に風のゴーッという音が重なって、気が気じゃなかったんですが、新居は、そのあたりびくともしなくて、至って静かなうちに台風は過ぎていきました。

 

今日は、いわゆる「台風一過」のいいお天気でしたね。
ワタシ、恥ずかしながら、昔は「台風一過」のコトを「台風一家」だと思っていました。
暴風と、大雨と、その次の晴天までワンセットで、「一家」なんだと思っていたわけです。

 

ちなみに、「いっか」というと、魚釣り用語で「一荷」という言葉があります。
一般に浸透している言葉ではないと思いますが、かつて釣り小僧だったワタシは、言葉だけ知っていて、意味はやっぱり勘違いしていました。
釣りの中には、針を複数つけて釣る釣り方がありますが(ワカサギ釣りなんかがイメージしやすいでしょうか)、そういう時に、一回竿を上げただけで、魚が複数釣れるコトを「一荷」と言います。
魚が2匹、あるいは3匹一度に上がってくるわけで、これも「一家」だと思っていました。
魚に家族があって、家族みんないっぺんに釣られちゃうのも何だか切ない想像です。

 

日本語って難しいですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:51 PM  Comments (2)

安ナビの使い勝手 3

昨日書いてきたことは、知ってる道を走る時に実験(遊び)でナビを発動していた時の感想なので、知らないところへナビさせる時は、そんなに苦にならないトコロだろうと思います。
学習機能がないのはBZN-200も同じでしたし、細道好きなのと国道好きなのもどっちが便利なんだか分かりません。
リルートの遅さも、ゴリラと比べると遅いですが、BZNと比べると大差ない感じです。

 

到着時刻の読みは、BZNよりかなり正確です。
週末に、仕事の都合で、1時間くらいの道のりをナビ使って走ってみました(「岡崎〜豊橋」の地道)。
BZNだと、ナビが1時間と読んだら、たいてい15分は余分に想定しておかないといけません。
ちょっと混雑したり、信号に引っかかると、すぐに表示されている到着予想時刻が延びていく割に、1分取り戻すのは調子よく流れていてもほとんど無理、という状況でした。
まあ、単純に15分延びるくらいの余裕を想定しておけば問題ないんですが、「予想時刻」がどんどん延びていき、がんばっても短縮できないく有り様は、けっこうストレスが溜まります。
DTNは、流れがいいと予想時刻が早まり、流れが悪くなると遅れるという、ごくまっとうな動きをしてくれます。
先日の岡崎〜豊橋は、流れが良かったので、最初に出た予想より10分くらい早く着きました。
同じズレでも、早まる方がストレスを感じません。

 

もう少し使い込んだらまた、ご報告しますが、確かにゴリラより劣るものの、3分の1しか価値がないかというと、決してそうではありません。
コスパ的には相当いい線なんじゃないでしょうか。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 6:25 PM  Comments (0)