vs.ベンツSLK200 2

試乗に充てられていたのは、SLKの中ではベーシックモデルの「200スポーツ」というもので、税込み525万円ナリ。
ベーシックモデルとは言え、そこはベンツ、内装とかは高級感にあふれています。
が、あまり印象に残っていません。
まあ、自然で馴染みやすいデザインだったんだと思います。

 

エンジンをかけて、せっかくだから、オープンにします。
普通のクルマだとサイドブレーキの位置にある、小さなつまみを引き上げると、トランクフードがガバーッと持ち上がり、屋根がしまい込まれます。
そもそも、最近電動のハードトップが流行っているきっかけが、初代SLKの出来があまりによかったからだと思っています。
スタイルも含めて、電動ハードトップは、SLKが始祖にして究極だと思っていました(今は458かなあ)。
とにかく、重くなっちゃう欠点を除けば、クローズ時にカッコいい電動ハードトップのクルマが好きだなあ。

 

走り出します。
車重は、思ったより軽くて、1,440キロ。
200は、1.8のターボ184馬力で引っ張ります。
スピードに乗ってしまえばいいんですが、はじめは、発進直後が妙に重たく感じました。
同乗のセールス氏が、「今、エコモードになってまして、2速発進するんです」と説明しながら、エコモードを切ってくれました。
そうしたら、見違えるように活発に走ります。
なるほど、そりゃ、出足がかったるいはずです。
それにしちゃ、よく頑張っていたとも言えます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:58 PM  Comments (0)