ホンダMB50 1

高3の時には、母親から奪い取ったジェンマに乗っていましたが、ワタシのコトですから、当然、変速付きの、いわゆる「バイク」に乗りたくなりました。
そこで、浪人中に勉強そっちのけで、中古バイクを漁り始めました。
「バイク」と言っても、50ccの原チャリバイクですが。

 

当時、50のスポーツバイクは確か、ヤマハがRZ50(2スト)、スズキがRGΓ(2スト)、カワサキがAR50(2スト)ホンダはCB50(4スト)とMBX50(2スト)がありましたが、どれも出て間もなく、中古でもお値段ちょっとお高めでした。
ホンダには型落ちのMB50(2スト)がありまして、ワタシ、個人的にはスタイルは当時出ていた新型たちよりも好きでした。

 

実は3つ上の兄貴が赤いMBに乗っていまして、本音は、別のバイクにしようとも思ったんですが、型落ちのために安かったのが決め手となり、ワタシもMBを買ったのでした。
色は白。

 

ところが、このMB、ちょっとヘンテコなシロモノだったのです。
はじめは全然気付かなかったんですが、兄貴のエンジンと比べると、なんだか、ちょっとカタチが違う。
バイクですから、エンジンはもちろんむき出しなんですが、その一番下の、前端部分に、意味不明のボルト穴が開いているんです。
思ったよりもエンジンも回らない。
当時は、ネットなんかもなくて、調べるのにも手間がかかりましたが、突き止めたのは、驚くような事実だったのです。

 

・・・と、大げさに引っ張っておいて、正解はCMの後・・・でなくて明日。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 昔話 — カーマくん 6:12 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">