ホンダMB50 3

昨日、MBのスペックを書いていて思ったんですが、バイクのエンジンって、超高回転ですね。
でも、兄貴から譲り受けたMBのエンジンは、うろ覚えですが、6000回転くらいまでは、ちょっとトルクが細い感じですが、まあ何とかなります。
その先、6000回転から7500回転くらいが、はっきりとトルクの谷になっていて、このゾーンに放り込んでしまうと、どうしようもなくなってしまいます。
その先、8000回転から10000回転くらいまでが爆発的なパワーを出すという、レーシングエンジンみたいなセッティングになっていたのです。

 

トルクの谷を感じなくて済むのは、1速か、ギリギリ2速なら我慢できるくらいでしたから、もう、発進から必ず10000まで引っ張って、7500回転以下に落とさないようにつなぐという、気の抜けない操縦が必要でした。
でも、これが超絶面白い。
そして、パワーバンドに乗せてやると、当時の最新のMBXやRGΓにも負けない速さを持っていました。

 

ただ、ご近所さんが、ちょっと眉をひそめるようなにぎやかな音でした。
ワタシが後に、マフラーを換えるのはイケナイ人という認識をしばらく(MR2まで)持っていたのは、この時の経験のせいだったのかもしれません。

 

このヤンチャMBと、友だちのMBXで、浪人時代に授業をサボって、ツーリングに行ったりもしました。
その時にちょっと借りて乗ったんですが、MBXは、超トルクフルで(7.2ps/8500rpm、0.65kgm/7500rpm)、メチャメチャ乗りやすかったです。
でも、面白さなら断然MBでした。

 

ワタシに、小排気量、変速という面白さを刷り込んでくれた、外せない1台です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 昔話 — カーマくん 7:59 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">