舞子サン 8

まだまだつづく、「舞子サン」。

 

なぜか、プジョー406と407のクーペが向かい合わせに駐まってました。

決して407が悪いわけじゃないんですが、406の美しさが際立ちます。
こういうクーペにサラッと乗れる大人になりたい(って、40代後半のオッサンですが)。

 

美しいと言えば、やっぱこれでしょう。

今や328もクラシックな感じですね。
いやあ、カッコいい。
なんと言ってもコンパクトでいいですね。
ホントに、今でも欲しいです。
今回来ていたクルマの中で、「交換してあげよう」と言われたら、心底ぐらつく2台のうちの1台です。

 

途中で、ディーノが登場しました。
206か246か一目で分かるほどディーノに詳しいわけではありませんが、現存数から言えばよっぽど246でしょうね。
これも美しいですね。
フェラーリも、でっかいヤツばっかり作ってないで、これくらいのヤツを作ればいいのに。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:31 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">