舞子サン 10

わ〜い、仕事納めだ〜。
しばらく働かないぞ〜!!

 

さて、「舞子サン」最終回、いよいよ希少車になっていきます。

 

まずは、マットビハイクル・・・いや、コスモスポーツです。
どちらかと言うと寿命の短いと言われるロータリーで、いまだにコスモスポーツというか、10Aエンジンが生きているのは、よほど大事にされているんでしょうね。

 

カウンタックと、その隣は、テスタロッサかな、512TRとかかな?
パッと見でテスタの一族が識別できるほどテスタマニアではありません。
ま、それはそうと、カウンタックです。
スーパーカーブームの時には、あんまり好きじゃなかったんですが、やはり今でもついつい写真を撮っちゃいます。
最近じゃ、よりイタリア語に近く「クンタッチ」なんて呼んだりするのが流行っているみたいですが、いや、コイツは紛れもなく「カウンタック」でしょう。
カウンタックじゃなきゃ、ダメです、コイツは。

 

ちなみに、ちゃんと走ってましたよ。

ほら。

 

そして、この日いちばん凄かったのは、これです。

えっ!? ガライヤって、ナンバー付けて、公道走ってたの?
市販は断念したんじゃなかったっけ?
この日一番の人だかりでした。
初めて見る、公道仕様の生ガライヤ、けっこうカッコよかったです。
出来れば、ドア閉めてる写真が欲しかったんですが、気が小さい私は、みんながガルウィング開いて喜んでる中で、「ドア閉めて」とは、言えませんでした。
「交換してあげよう」と言われてグラつくもう1台がこれでした。

 

以上、今回の「舞子サン」レポートでした。
長々とお付き合いありがとうございました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:53 PM  Comments (0)