釣り具 1

一昨日、「カーボンといったら、高い釣り竿」なんてコトを書いていたら、思い出してしまいました、釣り道具。
実はワタシ・・・ってほどもったいぶるまでもなく、ちょいちょい書いていますが、釣り小僧だったんです。

 

いちばん釣りにハマっていたのが、小学校高学年くらいから、高校くらいまでですから、何だか生意気に道具にこだわったりする時だったんです。
そんなわけで、(ちょうどネタも尽きていることだし)釣り道具の話でもしてみようかな。

 

今でもタマに釣りに行くことはあるんですが、いちばんメインで使っている釣り竿は、実は父親からのお下がりの竿なんです。
リールを使わない延べ竿は、4.5mの赤いグラスロッド。
リールを使うちょっとした投げ竿は、2.4mの青いグラスロッドです。
どちらももう、35年以上前に父親からのお下がりで貰ったものですから、40年から、ヘタしたら50年くらい前のものかもしれません。

 

ご存知ない方のために、一応ご説明しておくと、グラスロッドというのは、竹竿に替わって出てきた、ガラス繊維の竿です。
ロクな手入れもせずに半世紀近く使えていることを考えると、耐久性とかは相当なもののようですね。

 

グラスロッドに替わって出てきたのが、カーボンロッドです。
こちらももう40年か、もっと前に登場したものと思います。
ワタシが釣り小僧になった頃、オリムピックという会社が「世紀」というシリーズでカーボンロッドを売り出したのが、多分最初だと思うんですが、記憶違いでしたらごめんなさい。

 

おっと、けっこう長引きそうですので、続きはまた。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:07 PM  Comments (0)