やっちゃった 番外編

そんなわけで、塗装一週間後の仕上げ磨きをしようと思っていた日曜日は、またまた先週と同じ作業の繰り返しとなりました。
ただ、薄づけパテではちょっと心もとないので、9:30の開店を待って、カーマホームセンターで厚づけパテを買ってきます。
こうなったらいっそ、前回のボディの凹みも、もう少しパテを盛ってみようかしら。

 

同じくらいの厚さなら、厚づけパテの方が硬化は早いようです。
ただ、やってみて分かったんですが、細かい気泡のようなものができやすいようです。
(硬化剤と混ぜる時に空気が入るのかな)
パテ盛り、乾燥、磨きの作業を繰り返しながら、プツプツとできている気泡を、薄づけパテで埋めて、また乾燥、磨き。
さすがに写真を撮る元気もありません。

 

集中力も切れて来ています。
プラサフの段階になって、あ、まだ凸凹や気泡があるなんてコトに気付いたんですが、もう、気力が続かないので、エイヤで続行です。

 

こうして、一昨日アップした写真の一週間後が、これです。

 

 

ちなみに、ヨメさんがガリッたトコロは、ドアの下部とその下のボディ辺りです。
まあ、今日のところはこのあたりで勘弁してください。
また、余裕のある時に、気が向いたら、もう少しキレイにしてみようっと。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 4:36 PM  Comments (2)

やっちゃった 9

それにしても、今のままでは、塗装した箇所も、面がざらついています。
クリアーを吹いても、表面がピカピカというわけにはいきません。

 

マニュアルによれば、ここは最低一週間は間を空けて、塗装面の仕上げが必要なようです。
コンパウンドで磨くんですね。
ちょっとした小キズでなく、けっこうな面積がありますから、仕上げ磨きも大変です。
「鏡面仕上げ」みたいな名目の、仕上げようコンパウンドだと、広い面積が磨けているのかどうなのか、よく分からなくなってきます。
実際、それほど「鏡面」っぽくなるわけでもないですし。

 

こうして、一週間待って、明日の日曜日にいよいよ仕上げ、と、道具を揃えていたところへ、娘と出かけていたヨメさんがメガーヌで帰ってきました。
そして降りるなり、「ごめん、ガリってやっちゃった。」

 

・・・え!?

 

なんと、先週パテ盛って、スプレーして、仕上げ待ちだったほぼ同じ場所で、しかも少し違う場所に新しく、もっと大きくて深いガリキズが・・・(涙)。

 

マンガのような展開です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 4:11 PM  Comments (0)

やっちゃった 8

プラサフを吹いた後、マスキングを剥がして、今度は1,000番のペーパーでこすります。
プラサフとマスキングの境界線を消し、全体を磨いていると、素手で触っても心地よくすべすべになります。
ここでもやっぱり、乾燥には、遠赤ヒーターを使います。

 

マニュアルによると、プラサフの後は、ぼかし剤をスプレーし、その後は色塗料をスプレー、メタリック車はクリアーをスプレーして、最後にまたぼかし剤の順でスプレーするそうです。

 

クリアーも、どの程度役立つものか分かりません。
コンパウンドで磨いた後の方が良さそうなものですが、そうでもないんですね。
ぼかし剤もクリアーの後からぼかし剤って、どうにも順番が逆に思えてしまいますが、とにかく書いてある通りに作業します。

 

色付け後は、前はそれなりにうまくいきました。

 

やはり、後のフェンダー周辺がちょっと残念なことになっています。
色はともかく、やはり凹んでいますね(涙)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 5:17 PM  Comments (0)

やっちゃった 7

プラサフを吹くと、こんな感じになっていきます。

 

 

一度に濃く吹くのではなく、時間を空けて重ね塗りしていくのが基本だそうで、こういう点でも、どうも待ち時間が増えてしまいます。

 

 

重傷の後ろも、プラサフを吹きますが、プラサフを吹いて、キズ自体が埋まって目立たなくなると、逆に、クルマその物の凹みが気になります。

 

キズの線が入っていた時は、気付かなかったんですが、こうして見ると、けっこうボディが凹んでいるのが分かります。

 

ここで根気があれば、もう一度パテ盛りから初めて、納得いくまで形状も合わせるトコロですが、素人では、無理して頑張ると、余計ボコボコのボディになりかねません。
まあ、ここは、取り合えず色が付けばある程度かごまかしも効くだろうという甘い希望でそのまま続行です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:35 PM  Comments (0)

やっちゃった 6

昨日チラッと書いた、店頭でタダでもらえる「補修マニュアル」によると、ペーパーで磨いた後、周辺をマスキングして「プラサフ」なるものを吹きつけるんだそうです。

 

若い頃、ちょいちょい補修の真似事をしてましたが、パテ磨いたら、そのままペイントスプレーに突入していましたが、まあ、ここは「マニュアル」に従って、プラサフを吹きます。
そもそも「プラサフ」って何?
と思って調べたら、「プラサフ」とは、「プライマー」と「サーフェイサー」の役割を合わせたものなんだそうですが、そう言われてもこれをやるのとやらないのとで、仕上がりにどれほどの差が出るのかもわかりません。
まあ、キレイに仕上がるなら、やっておくに越したことはなかろうという程度です。

 

プラサフ用に、周辺をマスキングします。

 

 

 

プラサフのマスキングは、キズ箇所より、一回り大きい程度でいいそうなので、まあ、こんなもんでしょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 8:11 PM  Comments (0)

やっちゃった 5

待ちが入っても、午前中に始めた作業ですから、昼ご飯前には、何とか磨きまでたどり着きます。

 

カー用品店や、ホームセンターの塗料コーナーで、「ご自由にお持ちください」のソフト99の「補修マニュアル」的な冊子のやり方にしたがって、320番くらいのペーパーで大体の形を整えた後、600番くらいのペーパーで仕上げます。

 

 

後ろは、割れた塗装を剥がすのと同時に、異常に汚れていたキズ防止(と思われる)の透明フィルムも剥がします。
前のキズと同様に、ペーパーで磨いていきますが、こちらは、タイヤのフェンダーなんかがからんで、面が複雑です。
塗装を剥がした部分も、案外深いキズになっていて、パテの乾きも今一つで、作業がサクサク進みません。

 

まあ、それでもなんとか、パテ盛りの部分も平滑になるようにペーパーで磨きます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:45 PM  Comments (0)

やっちゃった 4

さて、話を作業に戻します。
まず、キズで凹んだ部分をパテで埋めます。
大きな凹みではないので「薄づけパテ」というのを買ってきて、ヘラで整えます。

 

 

ここまでやると、ごまかそうとしてももう引き返せません。

 

パテの硬化は約1時間というコトでしたが、この日は残念ながら雨でしたので、作業はガレージ内です。
多少でも硬化に効果があるかと期待して、遠赤外線のカーボンヒーターで炙ってみます。

 

 

それにしても、こういう「待ち時間」が何となく惜しくてもどかしいんですが、まあ仕方なく待ちます。
15分くらいで硬化するようにならないかな。
でも、そんなに早いと、作業が追いつかなくてダメかな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:52 PM  Comments (0)

やっちゃった 3

時間的には前後しますが、作業前の買い出しです。

 

そもそも、DIYで外装リペアを決心できるきっかけになるのは、
ルノーのような、日本国内ではマイナーなメーカーの、「ボレアルシルバー」なんてマイナーな色でも、案外特注が効きます。

 

ルノー・メガーヌのボレアルシルバーは、ソフト99では特注できます。
色番号は632番です。
ホルツの方は対応してませんでした。
カー用品店や、大手ホームセンターでできるみたいですが、ソフト99の特注マシンがあるのは岡崎では、イエローハットだけです。

 

余談ですが、ロータス・エリーゼの「ストーム・チタニウム」は、ソフト99もホルツも非対応でした。
日本国内では、ボレアルのメガーヌよりストームのエリの方が多いような気がするんですが、ここは残念です。
スプレー缶がいつでも用意できるというのは、ちょっとした保険のようなもので、乗っている時の安心感がだいぶ違うと思うんですけどね。

 

金曜日、退社後、イエローハットに寄って、スプレー缶を作ってもらいます。
引っ越し前は、イエローハット、近かったんですが、引っ越し後は、だいぶ遠くなってしまいました。
オートバックスの方が近くなってしまいました。
それはともかく、お値段は、タッチアップペイントなら1,000円ちょい、スプレー缶だと2,000円ちょい。
スプレー缶を発注します。

 

ついでに、パテだのシリコンオフだのプラサフだの、こまごましたものを買います。
なんだかんだで、5,000円くらいの出費です。

 

ガリってやって、クルマが凹むと、気分も凹むし、財布も凹みます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 8:43 PM  Comments (0)

やっちゃった 2

軽傷の前のキズも、爪がしっかり引っかかって、塗装の最上層は逝っちゃってますから、コンパウンドでシコシコやるくらいではちょっと追いつかない感じですし、重傷の後ろはかなりツライ状況です。
横線のキズが入っているだけでなく、塗装自体が割れてしまっています。

 

 

この大きな縦のヒビ、ちょっと押すとベコベコと凹みます。
これは厄介です。
下の鉄板は凹んでいて、分厚い塗装面はもとのままなんでしょうね。
ただ、このままでは、後から磨くのに支障が出ます。
最後の、塗装の段階になって、ベコベコされたり、穴が開いたりしてもイヤですから、ここは思い切って、ベコベコしている部分の塗装は剥がしてしまいましょう。

 

 

この塗装面は思ったより分厚い。
びっくりしました。
1mmというと少し大げさかもしれませんが、0.8mmくらいでしょうか。
かなり分厚い塗装面が剥がれました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 4:22 PM  Comments (0)

やっちゃった 1

やっちゃいました。

 

メガーヌで、ちょっとガリッとこすっちゃいました。

 

家族で外食した時、ちょっと複雑な形状の駐車場で、途中でブロック1段分の段差があったんです。
で、入れる時はよかったんですが、出す時にザーッとこすっちゃったわけです。

 

ああ、情けない。

 

こんな感じで、二ヶ所傷ついています。
左の前ドアに一つと、

 

左の後ドアにもう一ヶ所。

 

前は線が入っているだけですが、後ろの方が重傷です。
よく見ると、鉄板も少し凹んでいます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:58 PM  Comments (0)