絶版 1

昨日、CCウォーターの話題の中で、「ブレーキダストがつかないホイールコーティング」の話を出しましたが、ヤバいことになってしまいました。

 

その、CC洗車の時、ついでに久しぶり(半年ぶり? 下手したら1年?)にホイールも洗って、「ブレーキダストがつかないホイールコーティング」を施工したわけです。
残り少なかった1本でエリに施工して、無くなっちゃったので、ストックしてあったもう1本を開けてメガーヌに施工しました。

 

だいたい1本でホイール12〜16本(車3〜4台)分とあるのですが、ウチの場合、エリはホイールが大きいし、メガーヌはメッシュで面が複雑なので、けっこう分量が要り、だいたい3台分くらいでしょうか。

 

最後の1本を開けちゃったので、そろそろストックを仕入れようと思って、アマゾンや楽天を見たんですが、あれ? 見つかりません。
「在庫なし」

 

いや〜な予感がして、メーカーのサイトを見てみました。
商品一覧の中に・・・ない。

 

メーカーに問い合わせのメールを入れてみたら、翌日返事がきました。
「絶版です。再販の予定もありません。」

 

なんということでしょう・・・。
ワタシがこれまでのカーケミカルの中で最も効果があって気に入っていた製品が、こともあろうに絶版とは・・・。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 7:36 PM  Comments (0)

○○ウォーター 4

CCウォーターの原稿を作ったのは、実はちょっと前で、原稿を寝かせている間に、ちゃんと雨も降ってくれました。
雨、というか水に対しては、「疎水性」ということで、聞きなれないネーミングです。
まあ、普通のワックスやコーティング剤は「撥水性」を謳っているものが多いですね。
水玉コロコロで、ボディーから水滴を弾き落とすタイプです。
ただ、撥水性は、水玉になるとレンズ効果で塗装を傷めやすいということで、ちょっと前に「親水性」を謳うコーティング剤が出てきました。
ベチャーっと水が薄い膜状になって、水を残さないという発想でしょうか。
ただ、普通のワックスに慣れた目で見ると、少々美しくない。
「疎水性」は「親水性」と逆なんでしょうが、説明書によると、ある程度の盛り上がりを見せながら、水を集めて流し落とすという発想のようです。
「撥水性」と「親水性」のいいトコ取りみたいですが、今のところエリーゼでは普通に撥水してます(笑)。
普通に水玉ができて、乾くと汚れの跡が丸く残っています(黄砂のせいだ〜)。

 

どのタイプがいちばんいいのか分かりませんが、「Siv」並の、超絶撥水できるコーティングあれば、それがいちばんいいんじゃないかな。
お気に入りの「ブレーキダストがつかないホイールコーティング」も、Sivですが、ホイールに水をかけている時なんか、ものすごい勢いで水玉が流れ落ちますからね。
あれぐらいの勢いで流れてくれれば、レンズ効果が出る前にみんな流れ落ちてくれます。
ただ、Sivは、いかんせん弱い。
普通にボディーに使ったら、うかつにボディを触ることもできません。
耐久性のあるSiv、出ないかな。

 

話が逸れましたが、このCCウォーター、今のところかなり気に入っています。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 7:35 PM  Comments (0)

○○ウォーター 3

ガラスやライトなんかにも施工できるので、あまり気を使わなくて済むのも助かります。
布にはダメだそうで、幌には使ってません。
ガラス系のコーティングですから、そりゃ、幌には使えないでしょうが、使ったらどうなるんでしょうね。
ダッシュボードにも使えるそうですが、今回は試していません。

 

「CC」も「ゼロ」も、複数回使っていくうちにだんだんコーティング層が分厚くなっていき、ツヤが増していくというコトなので、初回である今回は、大した効果は期待していませんでしたが、エリのボディが、心なしかツヤツヤしている感じです。

 

フクピカの時よりは、艶が出ている感じがします。
う〜ん、こんなことなら、ボディを半分に分けて、フクピカとCCとか、何もなしとCCとか、もうちょっと実験的にやってみれば良かった。
でも、クルマなんてモノは、洗うだけでキレイになるので、比べにくいでしょうが。

 

調子に乗って、翌日、メガーヌもやってみました。
そもそもエリーゼのストームチタニウムも洗い甲斐のない色ですが、メガーヌのボレアルシルバーももっと洗い甲斐のない色です。
クルマが汚れていても、あまり目立たない代わりに、相当気合いを入れて洗っても、びっくりするほどキレイにはならないんです。
こういう点ではやはり赤が最高です。
今回のCCウォーターでは、びっくりするほど艶が出たとかいうワケではありませんが、やはりツヤツヤ感はいつもより強い感じでした。

 

ただ、CCのせいなのか、他に原因があったのか、その晩、何か手がツヤツヤしていました。
人体に悪影響がなければいいんですが。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 6:43 PM  Comments (0)

○○ウォーター 2

「ゼロウォーター」も「CCウォーター」も、拭き取り用のクロスの付いたスプレーボトルと、取り換え用のボトルのみとが売られています。

 

どっちも謳い文句なんかは同じようなものです。
「ゼロ」のシュアラスターはワックスの老舗ですし、「CC」のプロスタッフもカー用品店ではよく見かけます。
で、後追いの「CC」の方が、ちょっと安い。
ボトルもちょっと大きい。

 

ちょっぴりお得な感じがするので、先行の「ゼロ」には敬意を払いながら、安い後追いの「CC」をお買い上げ。

 

さて、早速エリーゼを洗車してみます。
はじめに普通にシャンプー洗車して、水滴が残っている状態で、「CCウォーター」をシュッシュッと吹きかけながら付属のクロスで拭き上げていきます。
このクロス、なかなかのスグレモノで、かなりの吸水力です。
うん、クロスだけで売り出してもいいくらい。

 

50センチ四方くらいに1回シュッとやるくらいでいいようですが、何となく実感がないので、少し多めに吹いています。
ワタシ自身、この手のコーティング剤は初めてなので、作業中はキレイにできているのかどうなのか、ちっとも手ごたえがありません。
まあ、作業自体は楽チンで、フクピカなんかとほとんど変わりません。
いや、はじめの頃はやたら吸い込みの悪いフクピカよりは、スグレモノのクロスのおかげで、スプレーをシュッシュッとやる一手間を考えても楽なくらいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 8:53 PM  Comments (0)

○○ウォーター 1

ワタシは、洗車は普通にしますが、ことさら洗車好きというワケではありません。
正直言って面倒くさいと思いながらやってます。
一時、コーティング剤に凝ったこともあるんですが、これも洗車のスパンを少しでも先延ばしにできればという横着心からです。
数年前に「フクピカ(ドライ)」が出てからは、もっぱらフクピカ頼りです。
クルマを濡らす→シャンプー洗車→すすぐ→拭き取り→ワックス掛け→ワックス拭き取りという工程が、フクピカの出現以来、最後の二つの工程を省けるようになったのはスゴイですね。

 

さて、最近、カー用品店でもホームセンターでも、やけに目立つようになってきたのが、例の黄緑色のスプレーになっている、シュアラスターの「ゼロウォーター」という商品です。
ガラス成分がだんだん塗膜に浸透していって、使えば使うほどクルマにツヤが増してくるという謳い文句ですね。
工程としては、洗車後の濡れたボディにスプレーして拭き取るだけですから、ほぼフクピカなんかと同じですね。

 

「ウォーター」という名前からして、あまり強力な効き目が期待できない印象なんですが、お店での扱いもスペースを取ってやけに大々的になってきているし、最近では類似品・・・後追い商品まで登場するに至っては、実は相当スグレモノなんじゃないかと思うようになりました。

 

後追い商品は、やはり似たようなパッケージで、水色のパッケージの「CCウォーター」。
やっぱり「ウォーター」です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 4:41 PM  Comments (0)

検索キーワード 22

「おめでとうございました間違い」・・・って何のコトでしょう?
だいたい「おめでとう」を過去形にするのもあまり良くないと思われますが、それが切れずにそのまま「間違い」につながるって?
言い間違いとか書き間違いとかと同じようなニュアンスですかね?
それにしても謎の言葉です。

 

「藤竜也の魅力」・・・カッコ良かったですね、藤竜也。
最近、あんまり見ないですが、昔、「プロハンター」でしたっけ? 草刈正雄と一緒に探偵やってたドラマとか、あんなオジサンになりたいと憧れたものです。
プロハンター当時の藤竜也は40歳くらいのはずで、ああ、ワタシ、もう追い越しちゃってます。
口ひげでも生やしてみようかな。

 

「demio/スピードメーターが見にくい」・・・そうだったかなあ? デミオには普通のとスカイと2回試乗していますが、特にスピードメーターが見にくいとは感じなかったんですが、見づらく感じた人もいるかもしれません。
マツダで言えば、FDのスピードメーターは見づらかったです。
ま、ワタシの座高が高いのと、ステアリングを少し小径にしてたのもいけないんですが、やっぱり設計と、チルト機構を付けないかたくなさが原因ですね。

 

「買う気のしないトヨタのCM」・・・おっと、ワタシが言ってるんじゃないですからね。
具体的にどのクルマのCMでしょうか。
トヨタって、むちゃくちゃCM下手な気がします。
1台1台もそうですが、企業CMと言うべき、ドラえもんとか信長秀吉とか子ども店長とか・・・。
ああ、だんだん買う気がしなくなってきた。

 

「綿棒/検査/小説」・・・また出た、謎のつながり。
インフルエンザは確かに綿棒で検査しましたが、小説とのつながりは何?
ヤバい小説でなければいいんですが。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:05 PM  Comments (2)

「カーマくん」くん

さて、その歯医者で、診察待ちの時、看護婦(歯科助手?)の女の子に呼び出されました。
その呼び出し方が、仮にワタシの本名が山田太郎だとして、「やまだたろーくん」。

 

う、ワ、ワタシのことか?

 

待合室には、他にお母さんに連れられた男の子と女の子がいました。
もしや、あの男の子が「やまだたろう」か?
でも、ピクリとも反応してません。

 

やっぱりワタシか、と思ってモゾモゾ立ち上がったら、看護婦(歯科助手)さんが、ドギマギしながら「あ、ごめんなさい。『山田太郎』さんですか」と言ってます。

 

どうやら、待合室の男の子が「やまだたろう」くんだと思い込んで呼び出したんでしょうね。
びっくりしたでしょうね10歳くらいの男の子と思って呼んだら、40過ぎのオッサンが立ち上がったんですから。

 

ワタシ自身も、普段「カーマくん」などと名乗っておりますが、本名に「くん」づけで呼ばれたのなんて、何十年ぶりでしょうか?
唐突過ぎて、妙に照れてしまった小事件でした(苦笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:56 PM  Comments (0)

歯医者さん 2

歯医者さんに行くと、ついでに小さな虫歯を3箇所も見つけられてしまいました。
こりゃ、長期戦になりそうです。
まず今回は、外れた詰め物の修復からです。
お医者さんだか、技工師さんだか、助手さんだか、今回はみんな女性の方でした。
う〜ん、女性の方に口を突っ込まれていじくり回されるのは、なんだか淫靡な気分がしないでもない。

 

ここで、局部麻酔の登場です。
麻酔の好きな人もいないでしょうが、ワタシも歯医者の麻酔って苦手です。
体の中で、口周辺のほんの一部だけ感覚がないという感覚がダメです。

 

1回目の治療が終了して、ウチに帰って、さあ晩ご飯です。
唇の左下の感覚はまだありませんから、注意しないとご飯が口からこぼれ落ちてしまいます。
と思って、そちらに気を取られていたら、口の中で、おかしな噛み心地が・・・。
麻酔のせいで全然痛くないんですが、口の内側をガッツリ噛んでました。
みなさんもご経験がおありかと思いますが、一度噛んだ場所は腫れるので何度も噛んでしまいます。

 

食事が終わった頃には、口の中がボロボロでした。

 

ああ、しばらく治療の日々が続きます。
面倒くさいなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:22 PM  Comments (0)

歯医者さん 1

日曜日の夜、娘にもらった「ミルキー」を食べていたら、数年前に詰めた奥歯の詰め物が取れてしまいました。
げ、と思って、詰めた金属をもう一度はめ直してみたら、案外しっかり収まったので、このままでもいいかな、とか、瞬着でくっつけちゃおうかとも思ったんですが、まあここは、ちゃんと歯医者さんで治してもらう方が先々安心なので、歯医者さんに行くことにしました。
でも、歯医者さんって、予約を取ると一週間とか先になっちゃうんですよね。

 

で、翌月曜日の夜、ウチのすぐ近くの救急・夜間外来の「岡崎歯科総合センター」へ行くコトにしました。
取りあえず、応急処置をしてもらって、あわよくばそのまま治療完了なんてコトになればいいな、という甘い見通しです。

 

ところが、総合センターでは、「詰め物のトコロが虫歯になっているので、ちゃんとかかりつけの歯医者に行くように」と言われてしまいました。
結局、詰め物は仮留めにしてもらって、仕方なしにかかりつけの歯医者に行くコトになってしまいました。
「かかりつけ」と言っても、前の家から近かったのでタマタマ通ったコトがあるくらいの歯医者さんですが、一週間後に予約を取りました。

 

一応言っておきますと、ワタシ、割と多くの人が言うほど、歯医者さんってキライじゃないんです。
そりゃ、痛い思いをしたことがないわけではありませんが、行ってしまえば、大したコトありません。
そう、「行ってしまえば」。
ただ、行くまでがとてつもなく面倒くさいんです。
ちょっとできた空き時間に飛び込みで診てもらえればいいんですが、予約を取って何日も待たされるのがどうにも面倒くさくてかないません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:07 PM  Comments (0)

新しいコンピューター 4

マイクロソフトのサイトを見ていたら、オフィス2011の30日間無料体験版なんてのがあったので、取りあえずダウンロードして、使い勝手を確認します。
使い勝手が悪かったり、不都合があったら、前代未聞のOSのダウングレードを考えなくてはなりません。

 

一応、wordやExcelは、体験版で問題なく使えることが確認できました。
いや、「問題なし」でもなかったかな。
便利だったパレットなんかが見当たらなくなっていたりして、使い勝手が相当変わっちゃってましたから。
でも、取りあえず使えます。
たぶん、買うんだろうな、正式版。

 

使えないのが、EGWORDとAppleWorks。
もうこちらはあきらめるしかありません。

 

ちょとネガティブなことばかり書いてきましたが、コンピューター自体は、笑っちゃうほど高性能です。
何をやらせても速い速い。
動作が遅くなっていたiBookG4と比べると、自転車と自動車くらい違います。
Windowsとの互換性もだいぶ上がっているようで、今までできなかったコトができるようになったりして助かります。

 

ちなみに、この原稿を作りながら、アップルストアの「整備済製品」のコーナーを見ていたら、ワタシが買ったMacBookPro、売り切れてました。
ああ、ラッキーでした。

 

と、思ったら、また数日して、もう少し性能の低い、もう少し安いヤツが出ました。
ああ、残念。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:13 PM  Comments (0)