vs.スバルレガシー・アイサイト 2

もし、ワタシの試乗の「リアシート・インプレッション」を楽しみにして下さっていらっしゃる方がみえましたら、ごめんなさい。
あまりに「アイサイト」目的が意識にあり過ぎて、助手席に乗り忘れました(汗)。

 

てなわけで、いきなり運転席に座って街へ繰り出します。

 

「EyeSight」システムに関しては、CMの印象があまりに強過ぎて、「ぶつからない」ばかりが強調されていますが、実は制御はブレーキだけでなく、車間距離を保って前のクルマに追従するという機能も持っています。
この機能を働かせると、アクセルもブレーキも触らないで、自動走行の真似事が出来ます。
なお、ここから先は、乗った印象と、セールス氏の話からの記述になりますので、スバル関係者の方もしくはアイサイトに詳しい方で、訂正等ありましたらご指摘下さい。

 

メガーヌ3のように、アクセルを踏むと自動で解除されるサイドブレーキを解除して、走り出します。
ステアリングにあるスイッチを入れて、クルーズコントロールを働かせます。
40キロから5キロ刻みで、好きな速度に設定できます。
前方にクルマがなければ、設定スピードまで勝手に加速して落ち着きます。
前方にクルマがあると、適切な車間距離を保って(この距離も任意に設定できるそうです)、クルマがアクセルをコントロールします。
だから、直線路を、前のクルマについて走るという状況では、運転手はアクセル操作を全くしなくても、それなりに走ってくれます。
前のクルマのスピードが落ちると、アクセルを緩め、必要に応じてブレーキをかけます。
信号などで止まる場合、アクセルオフでブレーキをかけ、止まってくれます。
CMでやっている、「ぶつからない」は、基本的にこの機能を指しています。
走り出してしまえば、右足はほとんど仕事がなくなります。
それにしても、最初に信号で止まった時は、やっぱりちょっと怖かったです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 9:30 PM  Comments (0)