新しいコンピューター 3

発注したら、すぐ届きました。
ところが、ここで問題発生。

 

MacのOSは、Windowsみたいな派手なモデルチェンジでなく、1年くらいずつでバージョンアップしていきます。
ちなみに1年前に買ったウチのiMacはOS10.6(愛称;snow leopard)。
今回のMacBookはOS10.7(愛称;lion)。
夏にはOS10.8(愛称;mountain lion)が出ます。
大差なさそうですが、10.6と10.7のバージョンの違いは、とてつもなく大きかったんです。

 

ウチの古い大福型iMacのOS10.3(愛称;panther)と、会社の古いiBookのOS10.4(愛称;tiger)も若干の差はあれ、そんなに違いはありませんでした。
10.6になっても、古いマシンで作った書類は問題なく使えました。
OS10.6には、オフィス2004もEGWORD(Mac専用のワープロソフト)も問題なくインストールできたんです。
隠れた名作AppleWorks(Mac専用の統合ソフト)もインストールでき、立派に使えています(ヨメさんはAppleWorksしか使えません)。

 

ところが、10.7になると、上記のいずれのソフトも入らないんです。
この差は大きい。
こんなことなら、1年前に換えておくべきでした。

 

Windowsの事情はよく分かりませんが、コンピューターがバージョンアップして、古いソフトや書類が使えなくなるのは、残年でなりません。
使いこなせない新しい機能を追加してくれるより、ほんのちょっと能力を使うだけでいいはずなので、古い書類やソフトを使えるようにしておいて欲しいものです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:36 PM  Comments (2)