vs.シトロエンDS5 2

まず、リアシートに乗り込みます。
DS5は基本的に1グレードですが、試乗車も展示車も、45万円のオプションの「クラブレザーシート」が付いていました。
このシート、サイド部分はともかく、座面と背中が、細かいブロックに分かれていて、レンガ積みというか、キャタピラーみたいなデザインです。
で、座ると、ちょっと硬い。
昔、普通のシートの上に敷く、竹を編んだシートがありましたが、それを思い出してしまいました。
足もとは少し余裕がありますが、頭の上はギリギリです。
ガラスルーフが開いていると、開放感はなかなかなものですが、もう少しヘッドスペースに余裕が欲しいです。

 

トランクは、けっこう大きいんですが、そりゃまあ、クルマのサイズがそれなりですからね。
ステーションワゴン的なイメージを持つと小さく感じるかもしれませんが、そんなに不満はありません。

 

いよいよ運転席に移ります。
クルマの運転席というより、戦闘機とか旅客機のコックピットのようです。

 

メーターパネルは、デジタルとアナログの二本立てなんですが、スイッチ一つで、ダッシュボードの上にガラス板(透過型ディスプレイ)がせり出してきて、デジタルのスピードメーターが表示されます。
おお、これは、松本零士や新谷かおるのマンガでおなじみの、照準器じゃありませんか(ありません)。
機銃のトリガーが必要です(必要ありません)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:20 PM  Comments (0)