vs.エリーゼS(スーチャ) 1

12ヶ月点検の待ち時間に、最近ACに試乗車が入った新型の「エリーゼS」を味見させてもらいました。

 

前に書いた通り、非常にややこしいことになっていますが、フェイズ3の「エリーゼS」は、スーパーチャージャー付きのモデルで、フェイズ2の1ZZ搭載車とは違います。
今のエリーゼの構成は、1.6Lの1ZRエンジンを積んだ「エリーゼ」とスーパーチャージャー付きの1.8Lの2ZRエンジンを積んだ「エリーゼS」というものです。

 

そっか、スーチャモデルは1.8Lなんだなあ。
で、車重が924キロと、ずいぶん重たくなってきたものです。
パワーは、1ZRの136馬力に対して、220馬力ですから、派手にパワーアップしています。
ただし、2ZRも「FE」ですから、基本はエコ系のエンジンですね。
もうトヨタは「GE」エンジンを出さないのかしら。
(ふと思って調べたら、LFAの4.8Lエンジンは、1LR-GUEでした)

 

さて、早速リアシートに座ってみます・・・などというボケは抜きにして、運転席に座ります。
室内はシートをはじめ、赤いレザーがふんだんに使われてて、ちょっとエキゾチックです。
で、このレザーシート、けっこうクッションが効いていて、座り心地がなかなかよろしい。
何年か前に、「プロバックス」シートが搭載されるようになって、シートの出来自体はそれ以降変わっていないそうですが、やっぱりプロバックス、欲しいなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:12 PM  Comments (0)

12ヶ月点検(8年)

エリーゼを12ヶ月点検に出しました。
8歳なので、いろいろくたびれてきていますが、これといっておかしいところはありません。
クルマの8歳というと、人間で言えばどのくらいなのかちょっとピンときませんが、47歳のワタシくらいでしょうか。

 

2〜3時間かかるかな、と言われていたので、待ち時間を潰すのに、ちょっと仕事の内職を持っていったりして、準備万端だったんですが、小一時間で終了しました。

 

で、結果は、「どこも異常ありません。」といううれしいお言葉。
ワタシが会社で受けている年一回の健康診断では、毎回、血圧が高いだの、肝機能がちょっとだの、コレステロールがどうだの、必ずなんだかんだ言われるんですが、エリちゃんは優秀です。

 

ただ、リアのパッドとローターがそろそろ交換時期だとのことで、近いうちに時間を見つけて換えなくてはなりません。
フロントのパッドとローターは5歳車検の時に交換していますが、リアは初めてかな。
もっといろいろ出てくるかとも思ったんですが、まあ助かりました。

 

でも、タイヤが次の車検までもつかどうかちょっと疑わしいですし、ホース類とか、ブッシュも次の車検では交換したいところです。
ショックも、オーバーホールした方がいいかもしれません。

 

無駄遣いは控えて、次の車検のためにちょっとお金を貯めていかないといけないかな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:57 PM  Comments (0)

vs.新型ノート 3

気になっていた、大きなボディに小さな過給エンジン、という組み合わせは、多少エンジンのフィールががさつくものの、力不足な感じもなく、これなら大丈夫そうです。

 

ハンドリングなんかは試せませんでしたが、乗り心地がちょっと問題です。
たまたま路面の状態が良くなくて、脚回りのセッティングと相性が合わなかっただけなのかも知れませんが、けっこう変な揺れ方をして、ちょっと酔いそうでした。
何だろう?
バネの硬さか、ショックの問題か、タイヤが悪いのか、たまたまか、なんか路面の荒さが増幅されて運転手の上半身を揺らしている感触でした。
なんでこんな揺れ方なんだろう。
この異常な揺れ方のせいで、試乗の印象が全体的にぶっ飛んだものになってしまっています。
もし、購入を考えるなら、この辺は、もう一度しっかりと確認しておかないといけません。

 

CVTには、こちらも少し慣れてきましたが、アクセルの開き方や閉じ方によっては、ギアがスキップするようで、変速ショックのようなものを感じさせます。
ワタシの場合は普段6速MTか4速ATなので、変速ショックがあるのはそれほど苦になりませんが、ミラージュでも感じた変速ショックっぽい現象は、どこのCVTでもあるみたいですね。

 

さて、新型ノートは、決して悪いクルマじゃないと思うんですが、今回は、どうにも揺れ方が受け付けませんでした。
機会があったら、もう一度試乗して、この異様な揺れ方がタマタマなのか、ノート自身の癖なのか、確かめてみたいと思います。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:36 PM  Comments (0)

vs.新型ノート 2

最近では、クルマの「クラス」というモノが曖昧になってきています。
大きさと排気量が噛み合わなかったりしますしね。
ちなみに、ノートの全長は4,100mm、全幅は1,690mmで、5ナンバーです。
まあ、ヨーロッパ車的な言い方に合わせれば、Bセグメントでしょうか。

 

ノートには、同じ1.2Lでもスーパーチャージャー(以後SC)付きのものとそうでないものがあって、それぞれ98馬力と79馬力を発生します。
重さは1,100キロ弱ですので、ことさら速くはありませんが、特にSC付きは馬力的にはほとんど問題ないはずです。

 

さて、走り出します。
試乗したのはSC付きですが、まあ軽く加速していきます。
エンジンは、そんなに暖まっていなかったせいか、ちょっと上まで回そうとすると、がさついたフィールになります。
乾いた感じでカラカラしているような、オイルが行き渡っていないような感触です。
前に、現行のフェアレディに乗った時に感じたのとよく似たがさつき感かなあ。
日産のHRエンジンは、ティーダに試乗した時は静かで軽快な印象だったんですけどね。
先日のセレナのエンジンも好印象でした。
日産のエンジンって、ワタシにはけっこう当たり外れがあるようです。

 

がさつきはともかく、パワーなどは充分ですね。
SCがどのくらい効いているのか、ちょっとピンときませんが、実用上は不満はなさそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:39 PM  Comments (0)

vs.新型ノート 1

新型のノートに試乗してきました。
ノートと言うと、先代は1.5Lくらいのコンパクトカーで、ステーションワゴンとミニバンの中間をいくような、ちょっと独特の雰囲気のクルマでしたが、二代目も、基本的な立ち位置は変わっていないようです。
ラクティスとかのライバルかな?

 

個人的に今回のノートのハイライトは、エンジンだと思っています。
ヨーロッパで流行り出した、大きなボディに小さな過給エンジンという構成を国産車で初めて採用したわけで、これがうまくいっているのか、中途半端になっているのか、なかなか興味深いワケです。

 

でも、よくよく考えてみたら、70年代の最後に日本で初めてターボが認可された理由が、小さいエンジンにターボをつけて燃費をよくするというコトだったはずですから、まあ、先祖返りと言えなくもないですね。
日本のターボは、お上を裏切るカタチで、燃費重視のはずがどんどんパワー重視になっていき、NAと比べて燃費が悪くなって消滅していくという、皮肉な運命をたどりますが、ノートが売れると、過給エンジンが見直され、またブームになるかもしれません。

 

ショールームで待っている間に、展示車のリアシートに乗り込みます。
いやあ、ちょっとびっくりするほど広い。
先日のスペイドみたいに、子どもが立てるワケではありませんが、「普通の」セダンベースのクルマとしては尋常でない広さです。
背もたれが若干低めで、ヘッドレストをちゃんと上げておかないといけませんが、それでもウチのメガーヌよりちょっと広い。

 

トランクは、3段式で、一番下層にはスペアタイヤが収まり、その上は1:9くらいの位置で仕切られています。
「1」の部分はアンダートレイ的な発想なのかな。
幅と奥行きはまあまあそこそこと言った程度ですが、スペアタイヤのスペースまで入れると、深さは相当なものです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:35 PM  Comments (0)

vs.メガーヌRS(右ハンドル) 2

発進しようとして、いきなりエンストしそうになりました。
クラッチのつながる位置がやたら遠く、クラッチからちょっと脚を緩めただけでつながろうとするので、試乗して2〜3分は、メチャメチャぎくしゃくしてしまいました。
これは、慣れなんでしょうが、パワフルなクルマは、もう少しクラッチを放しながら心の準備がしたいなあ。
(試乗後、エリーゼに戻ってから1分くらい、ギクシャクしてしまいました)

 

エンジンは相変わらずパワフルで、2速くらいでの中間加速は、ちょっとアクセルを踏み過ぎると、怖いくらいの爆発的な加速をします。
この、いかにも「ターボ」の暴力的な加速は、麻薬みたいなものですかね。
味を占めてしまうと、もう、ほかのクルマじゃ全然物足りなく感じてしまうかもしれません。
しかも、いわゆるターボラグがほとんどなく、瞬発力がハンパない。
心配なのは、このバカ加速に慣れてしまって、もっとスゴイのを求めてしまったら、その先は1,000万クラスのようなクルマになっちゃうかなってことです。
少なくとも、ワタシの経験では、これより暴力的な加速は知りません。

 

左ハンドルもそうでしたが、この物凄いパワーを操るシフトが、ちょっとグニュッとした感触でした。
ちょっと何速に入っているかわかりづらいんですが、これ、5速に入れてるつもりで3速だったりすると、エライことになっちゃいますね。
今どき、そんな危険なニオイのするクルマは珍しいですね。

 

ルノー名古屋東の試乗コースは、ルノー岡崎ほど楽しいルートじゃないんですが、それでも、コーナーではグイグイ食い込んでいきます。
これが破綻するようなスピードでコーナーに飛び込む度胸のある人はそういないと思います。

 

さて、ニュルブリクリンクでFF最速をマークしたメガーヌRSは、このようにちょっと危険な香りのするクルマですが、右ハンドルになって、敷き居が下がりました。
左ハンドルの時より、パワーも上がって、装備も充実して、お値段据え置きの385万円。
この性能でこの価格は、バーゲンプライスでしょう。
でも、ワタシの手には余るので、買えません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:45 PM  Comments (0)

vs.メガーヌRS(右ハンドル) 1

LOMIC会場のすぐそばには、ルノー名古屋東もあります。
ちょうどメガーヌのRSに右ハンドルが出た(正確には日本に入るRSは右ハンドルになった)ようなので、LOMICの帰りの、スイフトRS試乗の帰りにハシゴしてきました。

 

同じ「RS」でも、性格は160度くらい(180度とは言いません)違っていて、スイフトの方は使い切り感がスゴイですが、メガーヌの方は、ワタシごときの腕ではとてもじゃありませんが使い切れません。
特に、前回、左ハンドル仕様では、慣れない右手でレバー操作なんて要素もあって、完全に持て余していましたから、リターンマッチの意味合いも込めての試乗です。

 

さて、運転席に乗り込みます。
あれ? 普通に乗れる。
前に左ハンドルでは、乗り降り(特に「降り」)がしづらかったんですが、自分自身、右ハンドルの方が慣れているからか、ほとんど違和感なく乗り込めました。
これは、後から降りる時にもそんなに苦労しませんでした。
「メガーヌRSの左ハンドルは降りられない」なんて検索キーワードも出てくるくらいですから、苦労したのはワタシだけじゃないと思いますが、なぜか右ハンドルは乗り降りしやすかったです。
エリーゼのフェイズ1からフェイズ2みたいに、サイドシルを下げたとか、そんな改良もないはずですが、シートの形状なんかが少し変わったのかもしれません。
いきなり、ちょっと敷き居が下がりました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:45 PM  Comments (0)

検索キーワード 38

「スバルのサイトにアイサイトのCMがない」・・・えーっと、そうですか。
まあ、メーカーのサイトには、たいがい動画ライブラリーなんかがあって、現在放映中のCMなんかは見られるもんですが。
確認してみましたら、確かに、アイサイトのCMがありません。
いや、正確には、TOKIOの山口くんのCMはありません。
吉瀬美智子さんのアイサイトCMはありました。
う〜ん、やっぱりあの無免許事件が響いているんでしょうか。
それにしても、この検索をされた方は、理由でも探ろうとなさったんでしょうかね。

 

「マープルはポアロのことナルシスト」・・・マープルもポアロも、ミステリの女王アガサクリスティの探偵です。
ワタシ、ミステリ(特にクリスティ)が好きだったってなコトも書いたんだっけかな?
ポアロは確かにナルシストで、ワタシはそこが好きなんですが(小説やドラマでも、ナルシストキャラって好きです)、マープルとポアロは全然シリーズが別です。
マープルの話にはポアロは出てこないと思うんですが、ワタシ、マープルの方はそんなに読んでいないので、もしかしたら、マープルがポアロのことをナルシストと言ってる場面があるのかもしれません。
それにしても、すごい検索ワードです。
最近はエンジンが優秀なので、こちらで切れ目を入れて絞り込まなくても、けっこういろんな候補を挙げてくれます。
ちなみに、この通りの言葉でググってみたら、約2,080件ヒットしました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:11 PM  Comments (4)

vs.スイフトRS 2

ヨーロッパ仕様の脚回りは、さすがによくできています。

硬過ぎず柔らか過ぎずで、いい感じにロールが抑えられて、軽快に走っていきます。

試乗コースには一箇所、路面が荒れたところがあったんですが、変な突き上げもなく、軽くいなしている感じで、なかなか上品な乗り心地とも言えます。

ブレーキは案外踏みごたえがある、というか、ちょっと強めに踏む設定ですが、これもスポーツドライビングするには手頃でしょう。

そのつもりじゃなく乗っちゃうと、ちょっと焦るかもしれません。

 

いやあ、これ、楽しい。

下手すると、お兄さんのスイスポより楽しいかもしれません。

これがたったの137万(スイスポは168万)ですから、初めて新車を買う若者には、断然勧めちゃいます。

タイヤも、スイスポだと195/45R17という、ちょっと頑張り過ぎなタイヤですが、RSは185/55R16(これでも頑張りすぎ、15インチでいいけど)ですから、維持していくのも安いですし。

何より、「使い切り感」がスゴイです。

街中でもどこでも、自分が乗りこなしている、って感じさせてくれる満足感は、エリーゼでも得られません。

 

何度も言いますが、やっぱり軽くて小さいクルマは楽しいです。

しっかりした脚回りになっていればなおさらです。

世の中すっかりエコエコになってしまっていますが、こういうクルマに乗って、クルマの楽しさをみんなが知ってくれるといいんですけどね。

 

あ、ごめんなさい、でも、ワタシは購入対象にはしていません(汗)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:28 PM  Comments (0)

vs.スイフトRS 1

「舞子サン」に割り込まれてましたが、本来、「vs.スイスポ」の続きです。

 

安城のオネーさんに勧められて、ちょっと乗ってみたくなったスイフトRSですが、三河地方のスズキのお店には、試乗車はCVT仕様しかありません。
小っさいエンジンで頑張るスポーツタイプなら、せっかくだからMTで乗ってみたいのが人情。
半分あきらめていたんですが、意外なタイミングで機会が持てました。
LOMICです。
LOMICは、ほぼ名古屋の端っこの愛・地球博記念公園の駐車場で開催されます。
三河地方のスズキは全滅でしたが、名古屋周辺のスズキならMTのRSがあるんじゃないかと思って調べてみたら、ビンゴでした。
LOMICの会場からクルマで12〜3分の、多分一番近いスズキのディーラーさんにあるじゃありませんか、MTのRS。
そこで、LOMICの帰りに、ちょっと寄ってみました。
(お店のお話では、京都や浜松から試乗に来た人もいたそうです)

 

スイフトのRSは、基本ノーマルの1.2Lエンジンにヨーロッパ仕様の脚回り、ちょっとしたエアロパーツと専用のちょっとスポーティーな内装をつけたクルマです。
今回は、いきなり運転席からスタートします。
5速のMTを1速に入れて、走り出します。
1.2Lエンジンはたったの91馬力ですが、車重もMTで970キロと軽いので、バカッ速ではないものの、軽く発進します。
エンジン系統は特にチューニングされているワケでもないようですが、6,000rpmくらいまでは軽々吹けていきます。
6,300くらいからメーターがレッドになっているので、6,000ちょいでシフトアップしていきますが、もう少し引っ張れるのかもしれません。
そんなにストレス無く回るので、もう500〜1,000余分に回るともっと楽しいのに。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:19 PM  Comments (0)