vs.新型ミラージュ 4

アイドリングストップ機構も、中・上級グレードは標準で付いています。
下級グレードは、「100万円を切りますよ」というためだけのグレードですから、実質、普通に標準装備です。
中途半端に5万でオプションとかにされるよりはいいかな。

 

試乗コースは、「キビキビ感を味わってもらいたい」というコトで、交差点を細かく曲がるややこしいコース設定になっていましたが、おかげで、ハンドリングなんかも多少試せました。

 

まず、乗り心地はまあまあで、落ち着いています。
多少荒れた路面でも、音はよく伝わってきますが、変な振動なんかはあまり伝わってきません。
タイヤが165/65R14という、今どきのクルマにしては大人しいサイズだというのも効いていると思います。
この軽さのこの手のクルマなら、タイヤのサイズはこのくらいが最適だと思います。

 

交差点をキュッと曲がる時も、軽快な身のこなしでシュッシュッと曲がっていきます。
ハンドリングの設定なんかはわかりませんが、軽いクルマならではの軽快感は、気持ちのいいものです。

 

そんなわけで、新型ミラージュ、なかなか良くできています。
というか、真面目に作られたクルマという気がしました。
よく出来た3気筒エンジン、驚きの870キロの車重、まっとうなサイズのタイヤ。
どれをとっても目先の、小手先のごまかしはなく、よく考えてちゃんと作られた印象です。

 

ただ、三菱で心配なのは、会社がすぐ飽きちゃうこと。
このまま、真面目に育てていって欲しいものです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:27 PM  Comments (0)