vs.メガーヌRS(右ハンドル) 2

発進しようとして、いきなりエンストしそうになりました。
クラッチのつながる位置がやたら遠く、クラッチからちょっと脚を緩めただけでつながろうとするので、試乗して2〜3分は、メチャメチャぎくしゃくしてしまいました。
これは、慣れなんでしょうが、パワフルなクルマは、もう少しクラッチを放しながら心の準備がしたいなあ。
(試乗後、エリーゼに戻ってから1分くらい、ギクシャクしてしまいました)

 

エンジンは相変わらずパワフルで、2速くらいでの中間加速は、ちょっとアクセルを踏み過ぎると、怖いくらいの爆発的な加速をします。
この、いかにも「ターボ」の暴力的な加速は、麻薬みたいなものですかね。
味を占めてしまうと、もう、ほかのクルマじゃ全然物足りなく感じてしまうかもしれません。
しかも、いわゆるターボラグがほとんどなく、瞬発力がハンパない。
心配なのは、このバカ加速に慣れてしまって、もっとスゴイのを求めてしまったら、その先は1,000万クラスのようなクルマになっちゃうかなってことです。
少なくとも、ワタシの経験では、これより暴力的な加速は知りません。

 

左ハンドルもそうでしたが、この物凄いパワーを操るシフトが、ちょっとグニュッとした感触でした。
ちょっと何速に入っているかわかりづらいんですが、これ、5速に入れてるつもりで3速だったりすると、エライことになっちゃいますね。
今どき、そんな危険なニオイのするクルマは珍しいですね。

 

ルノー名古屋東の試乗コースは、ルノー岡崎ほど楽しいルートじゃないんですが、それでも、コーナーではグイグイ食い込んでいきます。
これが破綻するようなスピードでコーナーに飛び込む度胸のある人はそういないと思います。

 

さて、ニュルブリクリンクでFF最速をマークしたメガーヌRSは、このようにちょっと危険な香りのするクルマですが、右ハンドルになって、敷き居が下がりました。
左ハンドルの時より、パワーも上がって、装備も充実して、お値段据え置きの385万円。
この性能でこの価格は、バーゲンプライスでしょう。
でも、ワタシの手には余るので、買えません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:45 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">