vs.新型ノート 2

最近では、クルマの「クラス」というモノが曖昧になってきています。
大きさと排気量が噛み合わなかったりしますしね。
ちなみに、ノートの全長は4,100mm、全幅は1,690mmで、5ナンバーです。
まあ、ヨーロッパ車的な言い方に合わせれば、Bセグメントでしょうか。

 

ノートには、同じ1.2Lでもスーパーチャージャー(以後SC)付きのものとそうでないものがあって、それぞれ98馬力と79馬力を発生します。
重さは1,100キロ弱ですので、ことさら速くはありませんが、特にSC付きは馬力的にはほとんど問題ないはずです。

 

さて、走り出します。
試乗したのはSC付きですが、まあ軽く加速していきます。
エンジンは、そんなに暖まっていなかったせいか、ちょっと上まで回そうとすると、がさついたフィールになります。
乾いた感じでカラカラしているような、オイルが行き渡っていないような感触です。
前に、現行のフェアレディに乗った時に感じたのとよく似たがさつき感かなあ。
日産のHRエンジンは、ティーダに試乗した時は静かで軽快な印象だったんですけどね。
先日のセレナのエンジンも好印象でした。
日産のエンジンって、ワタシにはけっこう当たり外れがあるようです。

 

がさつきはともかく、パワーなどは充分ですね。
SCがどのくらい効いているのか、ちょっとピンときませんが、実用上は不満はなさそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:39 PM  Comments (0)