vs.新型ワゴンR 3

さて、ワゴンRで苦になったのが、こういう現象です。
信号にかかって、減速します。
時速13キロですから、自転車くらいのスピードになるとエンジンが切れるようです。
ここで、エンジンブレーキが弱るような気がします。
スピードの「落ち」が一瞬鈍って、少しだけブレーキを踏み足します。
ブレーキが遅れたようになって、はじめの想定どおりの位置で止まろうとすると、少し強めのブレーキになります。
停止する時、普段でも無意識に時速0キロになる直前に、ブレーキを緩めて、カックンとなるショックを防ぎますが、ワゴンRでは、強めのブレーキになった分、やはり停止直前にブレーキを緩めようとするワケです。
ここで、つまりクルマが停止する直前で、エンジンが再始動してしまいます。
その後、完全にクルマが停止すると再びエンジンが止まるわけです。
これでは停止時にめちゃめちゃギクシャクして、燃費にも悪そうです。
途中で開き直って、カックンしちゃうのを承知で、ただボサーッとブレーキを踏みっぱなしにして止まるようにしたら、少しスムースになりました。
メーターは、エコドライブができると、青から緑に変わるんですが、初心者のような止まり方を心がけたら、緑のままでした(苦笑)。

 

さて、アイドリングストップも、メーカーはいろいろ統計とったり実験しまくったりして、時速13キロという数字をはじき出したんでしょうが、その後の制御をしっかりしておいてもらわないと、気持ちのいい停止ができません。
止まる時は、車速が落ちればエンジンに火を入れてなくてもそりゃ良さそうですが、やっぱり、エンジン停止は、車が停止してからの方がいいような気がします。

 

そんなわけで、ワゴンR、停止以外はホントに感心します。
でも、この停止の制御がうまくいかない限り、買いません。
・・・ってか、制御がうまくいっても、今のところ、ウチのクルマには必要ないんですが、ワゴンR(汗)。

 

余談ですが、例の「発電するミニカー」は、プルバックで走らせると、走り終わった後ちょっとライトが光るというものでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:03 PM  Comments (0)