vs.VW UP! 3

さて、思わせぶりに引っ張ってみましたが、UP! 最大の問題は、どうもトランスミッションにあるようです。
カタログによると、UP! のトランスミッションは、5速ASGトランスミッションという、マニュアルベースのシングルクラッチシステムを採用したシンプルな構造のミッションだそうで、・・・うーん、よくわかりませんが、30キロ以下だそうです。
30キロ以下っていわれても、普通のATやMTがどのくらいの重さなのかよくわからないんで、どれほどすごいのかピンときませんが、正直、これが最大のネックですね。

 

発進加速で、時速15キロか20キロくらいかな、1速から2速への変速が、自動車学校で初めてマニュアル車に乗った子の変速より下手。
具体的には、けっこうな勢いの加速がガクンといったん途切れ(まるでリミッターが入ったよう)、次のギアにつながるのに3拍くらいの間があって、ようやく2速の加速に移る頃には、1速の加速の勢いが完全に途絶えて一旦スピードが落ちかけているというタイミングです。
これは2速から3速の場合も、1速から2速ほど酷くはないにせよ、起こる現象です。

 

日本でUP! に乗る人って、どうでしょう、若いママとか、小さい子供とかが多い気がするんですが、このトランスミッションのせいで、酔いまくりそうです。

 

ワタシは、自動車ヒョーロンカの先生方のように、運転がことさら上手いワケではありませんので、普通の人が普通に乗る想定でのインプレしか書けませんが、普通の人が普通に乗るレベルで、これほど酷いトランスミッションは初めてです。
この点に触れない自動車評論家は、ハッキリ言って、信用できません、ってくらいのダメさです。
最近でいえば、ワゴンRのアイドリングストップ制御を超えて、堂々ワースト1位です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:59 PM  Comments (0)