試乗コース

前からちょいちょい試乗コースについては触れているんですが、CR−Zの試乗コースもショボイものでした。
全部そうというわけではありませんが、やはり国産ディーラーの試乗コースの方がショボイ傾向があるようです。

 

もっとも、これはたまたまワタシが試乗した、岡崎近辺のディーラーに限るかも知れませんし、同じメーカーでも店舗によってコースが違うのでいろんな事情があるんだと思いますが。

 

それにしても、やはり、輸入車のディーラーの方が、長いコースを設定しています。
ルノー、BMW、アウディ・メルセデス、ミニなど、かなりの距離が設定されています。
特に、ルノーとBMWはちょっとしたワインディングロードを含んでいて楽しめます。
高速道路走行とまではいきませんが、お願いすればさせてくれるかもしれません。

 

一方、国産車のディーラーは、店を出て最初の信号を左折、二番目の信号を左折、次の信号を左折、もう一回左折で戻ってくるなんて程度のコースが多く、何だかよくわからないまま試乗が終わるケースが多いです。
もちろん、中にはオーリスやプリウスの時のように、軽いワインディングを含んだ、楽しいコース設定をしているディーラーもあるんですが、多くのところがサラッと四角いコースを回ってくるだけです。

 

ワタシのように遊び半分だと偉そうなことも言えませんが、数百万円の買い物なんですから、本気で考えている時には、もう少し長いコースを試乗させてもらいたいものです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:17 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">