検索キーワード 41

「車が乗る簀の子」・・・いや、クルマが乗っちゃマズイでしょ、簀の子。
たぶん、クルマが乗ることなんて、想定していないと思いますよ、簀の子。
そもそも、なんでクルマを簀の子に乗せたいんでしょうか。
事故・怪我のないようにご注意くださいませ。

 

「土地/見つからない」・・・わかります、わかります。
探すとなかなか見つからないもんですね、土地。
でも、ワタシ個人の経験から言えば、一生懸命探せば、必ず出てきます。
アンテナをしっかり張っておくことは重要ですが。
あとは焦らないことですね。
高い買い物ですから、ホントに希望に合うものが出てくるまで、じっくり探すことが必要ですね。
あとは、妥協の優先順位を決めておくことですね。
ああ、土地コンサルタント(怪しい)みたいな内容になっちゃった。

 

「メガーヌRS/かっこ悪い」・・・そうですか? カッコ悪いっすか?
ワタシ個人の意見で言えば、メガーヌRSは、「すごくカッコいいワケではない」というくらいです。
確かに、同じようなクルマで言えばプジョーRCZの方がナンボかカッコいいですが、アウディTTよりはよっぽどカッコいい(あくまで個人の感想です)。
とにかく、クーペが絶滅危惧種である今、クーペであるコトだけでカッコいいじゃないですか。

 

「ルノートゥインゴゴルディーニ/スイフトスポーツ」・・・言われてみれば、とってもライバルですね、この2台。
ワタシ全然気付きませんでした。
どっちが欲しいかと言われたら、トゥインゴなんですが、価格差が80万あるからなあ。
なんか、こんなこと考えてたら、ジュリエッタとメガーヌ3とオーリスで迷う自分を想像しちゃいました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 4:52 PM  Comments (0)

トンネル(閲覧注意)

ワタシは、いわゆる「霊感」とかのたぐいは全くない人間です。
その昔、ユリ・ゲラー氏がテレビの向こうから念力を送ってきた時も、ワタシの身の回りには何事も起きませんでしたし、いまだにスプーンも曲げたタメシがありません。
もちろん幽霊なんかに出くわしたこともありません。
ちなみに、行きつけの床屋さんのオバちゃんは、けっこう霊感の強い方らしくて、時々、遭遇なさるそうです(このネタは、覚えてたらそのうち独立したネタで扱います)。
もっとも、ワタシ自身、幽霊に会いたいと思ったことは、死んだじいちゃんを含めても一度もないので、妙な霊感がないこと自体はかえってありがたいワケですが。

 

世の中に、「心霊スポット」なるものがあることは、話には聞きますが、怖がりのワタシは、敢えて近づかないようにしています。
中部地方で言えば、豊田の山奥にある「伊勢神トンネル」というのは、けっこうなスポットだそうです。
ワタシは、岡崎からの稲武方面に抜ける時のドライブコースなので、ちょいちょい通りますが、もちろん何事も起こりません。
(もっとも、危ないのは、国道の伊勢神トンネルではなく、旧道にある昔の伊勢神トンネルだというようなコトを聞いたコトがありますが。)

 

さて、そんなワタシですが、一ヶ所だけ、どうにもこうにも怖いトンネルがあるんです。
特に心霊スポットとして有名なわけでもないと思いますが(知りませんが)、岡崎市の山奥にある、「根裏トンネル」というトンネルです。
ここも、ちょっと前まで、三河の山間部をドライブする時にタマにコースに入っていたんですが、今は、ほとんど通りません。
だって、怖いんだもん。
理由は全然わかりませんが、通る時に、なぜかゾ〜〜っとして、冷や汗が止まらないんです。
メッチャクチャに怖いんです、なぜか。
皆さんは、ワインディング走る時に、怖いトンネルとかありませんか?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:59 PM  Comments (2)

vs.BMW320d 4

BMWに乗ると、ホントによく出来たクルマということを感じさせます。
何も文句が出ません。
デザインも悪くなく、車内のスペースも居心地のいい広さで、エンジンはスムースでパワフルで、ハンドリングもいい。
クルマに求められる要素のほとんどをほぼ満点でクリアしているのがBMWです。
ベンツもそうなんでしょうが、ベンツより、少しスポーティーなイメージがあるので、クルマ好きには、やはりBMWが好まれると思います。

 

ちょっと欲しくなっちゃったんですが、クルマというものが、難しくて面白いのは、エリーゼの時みたいに、清水の舞台から飛び降りる覚悟と勇気が出せるかというと、出せないんです。
経済面以外はほとんどパーフェクトなBMWですが、有り体に言えば、優等生過ぎてかわいげがない。
せっかく乗るんだから、ちょっとくらいかわいげがあった方がいいかな、という具合で、ワタシなんかはエリーゼやラテン車に流れてしまうんです。

 

クルマは、お国柄がよく出ていて、幸い今の日本では、気に入ったお国柄を選べる状況ですから、「質実剛健」という四字熟語がピッタリなドイツ車を好きな日本人は多いんでしょうね。

 

問題のディーゼルですが、ホントにいいです。
でも、ディーゼルがここまでいいならガソリンはどんなにいいだろうと思ってしまいます。
経済面で燃費を気にする人が乗るクルマじゃないんだし、どっちか選べと言われたら、ガソリンを選ぶ気がします。

 

さすがBMW、文句なくベストなバランスのクルマで、しかもワタシの「欲しい」モードに入ってくるクルマなんですが、無理してまで買わなくてもいいかな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:42 PM  Comments (0)

vs.BMW320d 3

エンジンをかける時も、アイドリングの時も、メチャメチャ静かで、全然ディーゼルを感じさせません。
4気筒2L のターボディーゼルエンジンは184馬力で、これはガソリン版と同じですが、トルクが38.7キロで、ガソリン版を10キロ以上うわ回っていますから、そりゃトルクフルな加速です。
加速の時も、耳を澄ましていてもほとんどディーゼルっぽいカラカラ音はしませんから、知らずに乗ったら、よほど敏感な人でもディーゼルと気付かないと思います。
そもそもディーゼルとガソリンの違いって、一応知っているものの、ホントのところは飲み込めていないワタシは、なんでディーゼルはカラカラ音がして、どうしたらそのカラカラ音を抑えられるか理解できていないんですが、とにかく、ごく普通に静かです。

 

BMWの試乗コースはちょっとだけ山道が入るんですが、さすがBMWは、思った通りにウルトラスムースに曲がりくねった道を駆け抜けます。
ロールしてないわけではないんでしょうが、ほとんどロールを感じません。
かといって、サスを固めたスポーツカーみたいに、無理やりロールさせない感じは一切なく、ホントにしなやかに走ります。
ちょっと感動的ですらあります。

 

いっちょ前にアイドリングストップ機構もついていて、信号停止して一拍おいてエンジンが止まります。
もともとスムースなので、CX-5の時みたいに、アイドリングストップのせいで、ディーゼルを強く意識させるようなコトもなく、当たり前にエンジンが止まり、当たり前に再始動します。
いや、ほんの少しだけ、再始動が遅れるかな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:04 PM  Comments (0)

vs.BMW320d 2

BMWのデザインは、一時、大丈夫か? と思わせるような方向に行きかけていましたが(あくまで個人的な感想です)、今は全体的にカッコよくまとまって、統一性のあるデザインになっていますね。
新しい3シリーズも、ヘッドライトがちょっとどうよ? という感じがしなくもないですが、やはりその辺のセダンとは一味違った、スポーティーでカッコいいデザインです。

 

リアシートに乗り込むと、サイズ的には、ベストなんじゃないでしょうか。
ワタシが普通に座れて、足もとも頭もちょうど落ち着く、居心地のいい広さです。
これ以上広いと落ち着かないし、狭いとイヤですが、いい感じの広さです。
トランクも普通に大きく、まあ、ワゴンからの乗り換えとかでない限り、スペースでの不満は出ないでしょう。
一つ気になったのが、リアシートの敷き居が、案外高いこと。
もちろんエリーゼほどではありませんが、床面からかなりの高さまで開口部の下端が出っ張っていて、乗る時はともかく、降りる時にはちょっと足を引っかけそうです。
引っかけそうと言えば、BMWのデザインでリアドアよりウィンドウが後ろに出っ張っているので、扉を開く時に、胸の辺りにぶつかりそうです。
3シリーズはまだマシですが、1シリーズは、この出っ張りが大き過ぎて、ワタシはマジで胸をぶつけました。
ここは、いくら統一したデザインのためとは言え、ちょっとどうにかしないとアザができそうです。

 

運転席は、センターコンソールというか、シャフトのトンネルの出っ張りが大きくて、それを活かして囲まれ感を演出しているみたいで、落ち着きます。
ワタシのようにベンチシート嫌いの人にはいいですが、助手席の人に悪さしづら以下自粛。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:24 PM  Comments (0)

vs.BMW320d 1

前に、マツダのスカイアクティブDという、新世代のクリーンディーゼルに乗って、現代のディーゼルエンジンを少し見直しました。
ヨーロッパでは、ディーゼルが人気のようですが、日本ではまだまだ今一つです。
どうも、トラックが黒煙をもうもうと吐き出しながら走っているイメージと、ガラガラとスムースさを欠く回転が、ワタシなんかもちょっとイヤな印象を持っています。
本場のディーゼルを一度味わっておこうと思って、BMW屋さんに行ってきました。
正直言って、車種は何でもよかったのですが、たまたま3シリーズがあったので、320dへの試乗となったわけです。

 

BMWといえば3シリーズ、と個人的には思っているのですが、案外初めてでした、3シリーズ。
初3シリーズがディーゼルなんて、初体験でちょっとマニアックな以下自粛。

 

さて、その昔、バブル華やかなりし頃は「六本木カローラ」なんて呼ばれた3シリーズですが、当時のE30はブルーバードくらいのサイズで、コンパクトでしたが、今ではずいぶん大きくなって、当時のクラウンくらいの大きさでしょうか。
お値段も440万円くらいから500万円くらいと、けっこうなお値段なので、我が家の2号車にはどうにも候補に入ってこない価格です。
プレミアムカーですから、そりゃそうなんですが、やはり普通のサラリーマンには、ちょっと背伸びの価格設定ですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:01 PM  Comments (0)

電子レンジ

長く使っていた電子レンジが壊れて、新しいモノに買い替えました。
最新鋭の最高機能のレンジは高いので、若干ランクを落とした機種メインで探します。
と言っても、今までのレンジの半額くらいで、倍くらいの機能が付いています。

 

さて、レンジは、ヨメさんメインで選びますから、ワタシは電気屋までの運転手兼、買った後の荷物運び役でついていっただけです。
ですから、我が家の新型レンジにどんな機能が付いているのかとか、どんなコトが出来るのかサッパリわかりません。
ま、ワタシが使うのは、たまに「あたため」の機能を使うだけですから、「解凍」だの「スチームオーブン」だの、その他の機能も含めてわからなくても困らないんです。

 

電子レンジと言えば、食材を入れて、セットするとターンテーブルが回って、温まると「チン」といって出来上がりというイメージ何ですが、我が家にやってきた新型のレンジには、ターンテーブルがありません。
ですから、スイッチを入れても回りません。
・・・う〜ん、回らないと、ホントに効いているのかわかりませんね。
まんべんなく行き届いているのかもピンときません。
そりゃ、20年前の機種より数段優れているのはわかりますが、機能が「目に見える」というのは、案外大事かもしれません。

 

でも、回らないで済むというのは、コンビニ弁当のように、四角いものを入れる時に、圧倒的に便利です。
そのうち慣れるんだろうな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:01 PM  Comments (0)

茄子

「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉の真意はわかりませんが、ナスがおいしい季節です。
「おいしい」と書きましたが、ワタシ、子どもの頃、ナスが苦手でした。
なんででしょうね、食感とか、煮込んだ時の色とか、そんなトコロがダメだったんだと思います。
それに、ワタシが子どもの頃、実家に畑があって、季節になると、その旬のもの、と言えば聞こえはいいですが、とにかく同じ野菜が毎日毎日出てくるわけです。
ナスとか、キュウリとか、カボチャとか、タマネギとか、ずーっと毎日食卓に並ぶわけです。
見るのもイヤになっちゃうんですよね。

 

で、いつからかなあ、大人になって、気がついたら好きになってました。
ステーキにしてもおいしいし、焼いても揚げても、いろんな調理法で食べられますね。

 

先日、テレビで見た、子供の嫌いな野菜のトップがやはりナスでした。
子供には食感がダメなようです。
娘のカーマ子は、幸い、ナス大好きで、このテレビを見て不思議がっていました。

 

ナスに限らず、大人になって食べられるようになったものとか、好きになったものとか、けっこうあります。
そう言えば、ビールなんかも、学生時代くらいまでは、ただ苦いだけの飲み物でしたが、今では、毎晩飲んでますけどね。

 

歳をとっても、いろんな発見があったり、まだまだおいしいものが増えていくのは、なんかいいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:04 PM  Comments (2)

検索キーワード 40

「メーター/アナログ/戦闘機/手に入れるには」・・・アナログメーターはともかく、後半の「戦闘機/手に入れるには」って何なんでしょう?
戦闘機を手に入れる方法なんて、ワタシ全然知りませんが(当たり前です)、なんでこんなワードで、ワタシのブログにたどり着いたんでしょうか。
謎です。
そもそも、戦闘機を手に入れて、どうするつもりなんでしょうかね、この人。
ちなみに、今の戦闘機で言えば、F-22ラプターが最強らしいですが、それを承知の上で、垂直離着陸のできるF-35が好きです。
手に入れるには、100億円ほど必要みたいです。

 

「エリーゼ/塗装/剥がれ」・・・ちょっと前に、EOSのBBSでも話題になりましたが、エリーゼの塗装のクオリティの低さが問題になってたようです。
ワタシのエリーゼは、幸い2台とも塗装のクオリティに関しては、特に問題なかったんですが、剥がれや、水膨れみたいな症状をお持ちの方もいらっしゃるみたいですね。

 

「折れたネジ/穴/ギリギリ」・・・ああ、このあたりのネタは、完全にトラウマです。
ネジが折れるなどという、受け入れがたい現実を経験してしまうと、どんなネジでも力いっぱい締められません。
「穴/ギリギリ」というのも、ワタシと同じように、ギリギリの所で穴でも空けようとしたのでしょうか。

 

「アウディtt4人乗れますか。」・・・乗れません(爆)。
残念ながら、TTのリアシートは、ワタシが知る限り、初代CR−Xの「ワンマイル・リアシート」に次ぐ狭さだと思います。
ここに人を乗せるのは、法律的に許されても人道的に許されません。
ほぼ拷問ですから、仮に親切心から乗せても、人間関係が壊れることは間違いありません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:02 PM  Comments (0)

vs.VW UP! 4

いやあ、すがすがしいほどのダメっぷりを見せてくれたUP! の変速ですが、基本がマニュアルベースなので、変速するあたりでアクセルを戻し、シフトアップする直前から踏み込むというマニュアル的操作をしてやると、多少スムースに走れると、ヒョーロンカの先生方はおっしゃってます。
いや、ドライバーにそんな操作を要求するなら、ハナからMTにしとけばいいじゃん。
これはAT免許で乗れるMTなんだから、とヒョーロンカの先生はおっしゃいますが、そんなの詭弁です。
だいたい、今どき、MTのアクセルワーク出来る人が少ないんだから。
今の日本で求められるトランスミッションじゃないです。

 

さて、UP! は、その下手くそな変速を除くと、かなりいいです。
パワーは必要にして充分ですし、交差点なんかでキュッと曲がる時も、安定しています。
やっぱり、小さくて軽いクルマは、それだけで楽しいです。

 

本国にMT仕様があるのかどうか知りませんが、いっそMTが出たら面白そうです。
ルポみたいにGTI出ないかなあ。
UP! にGTIが出たら、それはきっとオススメです。
MTのアクセルワークが無意識に出来て、分かってて乗る人以外は、普通のATとかCVTが出るまで、見送った方がいいんじゃないかな。

 

さて、ここで予言を一つ。
半年くらいすると、UP! の超A級の中古車がザクザク出るでしょう。
パパが気に入ってママとボクのお買い物グルマに買ったはいいけど、ママとボクからの「酔う」というバッシングに耐えられず売りに出された低走行距離の極上モノのUP! が、中古車市場の目玉になっているはずです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:18 PM  Comments (0)