vs.プジョー208(AT) 5

乗り心地は、至って普通。
取り立てて乗り心地が柔らかいわけでもありませんし、妙に硬すぎることもありません。
もうフランス車に柔らかい「猫足」を期待する人もいないかもしれませんが、208もごく普通の乗り心地です。
小さいクルマですから、キビキビ感があれば猫足でなくてもいいと個人的には思います。
猫足はCセグくらいからでいいかな。

 

この208、プレミアムのお値段は218万円。
ターボのGTが258万円、ガラスルーフのシエロが240万円。
まあよく頑張っているお値段だと思います。
1.2Lは199万ですが、たぶん、この先、もう少し安い値段で、1.2の「スタイル」みたいな実用廉価バージョンが出ると思います。
208は、その1.2Lの5ドアATが出てからが本当の勝負に思われます。

 

クルマの売り方として、新車効果が薄れた頃に、ちょっとした改良型とか新バージョンを投入してカンフルにするというのはありがちですし、わかるんですが、今回の208は、なんか出し急いじゃいました、と感じます。
マルチディスプレイとナビの関係とかもそうですし、1.2Lだけが一ヶ月遅れというのも「なんで?」と思います。
ラインナップとしても、1.2Lの5ドアATが日本じゃ勝負どころでしょうに。
ここは、ヒョーロンカの先生方は、1.2LのMTがいいと言うに決まってますが、そりゃ、ワタシも好みで言っていいなら1.2LのMTですけど、ちょっと違うんじゃないかと。
何にしても、GTは後回しでも、1.2LのATを先に出して欲しかったなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:49 PM  Comments (0)