よいお年を・・・

2012年が終わろうとしています。
ワタシもこれから実家まわりです。

 

今年は、一家3人でインフルにやられたりしましたが、まあ、何とか無事に年を越せそうです。

 

クルマ的には、メガーヌのホイールボルトをへし折るというドラマチックな出来事がありましたが、エリーゼの方はそんなに酷いことはなく、ちょっとしたブログネタ程度の話で済みました。

 

また、sulusumi-jpsさんのお骨折りで、LOMICも開催されるようになり、オーナー同士の交流の場も広がりました。

 

来年は、メガーヌが5月、エリーゼが10月にそれぞれ9歳車検を迎えます。
エリーゼの方は、方々リフレッシュすることも念頭に置いておかなければなりません。
あまり切ないネタにならないことを願いながら、今年のブログを締めたいと思います。

 

今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 12:45 PM  Comments (2)

2012年改良してほしい技術大将

そんなわけで、「2012年試乗大将」はジュリエッタ・スプリントにしましたが、たくさん乗った今年は、「ちょっとどうよ?」的な技術にもいろいろ出くわしました。

 

大将は、VW・UP!のミッションです。
シングルクラッチだからとか、マニュアルみたいにアクセルを一旦抜けばとか、聞きますが、難しいことはさておき、あのミッションはダメです。
クルマの他の部分がいいだけに、余計ダメに感じてしまいます。
メーカーサイドももう少しちゃんとアピールする必要があるでしょうし、ヒョーロンカのセンセー方は、ここをもっと声を大にして指摘してくれなきゃ、わかってて買う人はいいけど、そうでない人はみんな吐くぞ。

 

準大将は、ワゴンRのアイドリングストップ機構です。
クルマが停止する前にエンジンを切っちゃうというのもどうだろう、と思いますが、百歩譲っても、再起動が敏感すぎ。
前に書きましたが、カックンしないように、停止直前でブレーキを緩めると、そこでエンジンがかかっちゃう。
結局、止まるとき余計にギクシャクしてしまうんです。
これは、UP!のミッションと違って、ちょっとコンピューターかセンサーをいじるだけでなんとかなりそうなので、ぜひすぐにでも改良して欲しいですね。

 

おまけは、アイサイトです。
これは、確かに未来につながる技術だと思うんですが、不意に前走車がいなくなると、最悪信号に突っ込むおそれがあって、もう何世代が進化しないと、ワタシはちょっと勧められません。
でも、もう少し進化したら、劇的に事故を減らせる可能性のある技術ですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:21 PM  Comments (0)

2012年試乗大将 3

オーリスは、ちょっとびっくりしました。
本気でヨーロッパ車を追い落としにかかっている出来のよさです。
ただ、売る側がどうもそれを信用していないんじゃないかと思える気合いのなさと、スタイルが、ジュリエッタとマツダのアクセラを足して2.3で割ったような既視感いっぱいなところがいただけません。
バリバリの新型なのに、新鮮味が全然ない。
これでは、今一つ所有欲に結びつかないんです。

 

スイフトはスポーツもRSも楽しかったです。
小さいクルマをマニュアルで楽しむ、という、クルマ好きの根っこのところを見事に押さえています。

 

メガーヌRSは、相変わらずの暴君ぶりでしたが、右ハンドルだと、ワタシも振り回されながらもなんとかなります。
左ハンドルは、やたらと降りづらい印象だったんですが、エリーゼでの慣れのためか、右ハンドルはそう苦労せず降りられました。
ジュリエッタのクアドリの試乗記の中で、「メガーヌRSよりはクアドリ」と書きましたが、右ハンドルなら同じくらいです。

 

さて、そんなわけで、長々と引っ張りましたが、2012年の試乗大将は、「アルファロメオ・ジュリエッタ・スプリント」にします!
あ、当たり前すぎますか? 
想像通りすぎましたか?
いやー、本気で購入対象として乗ったので、そもそも試乗に対する姿勢が違ったのかもしれませんが、乗り心地や、パワー感、運転の楽しさも含めて、ほとんど減点するところがありません。
自分のモノにしたら楽しいだろうな、というイメージを、今年のクルマの中で一番強く持たせてくれたのが、ジュリエッタのスプリントでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:09 PM  Comments (0)

2012年試乗大将 2

わーい、仕事納めだー。
しばらく仕事しないぞー。

 

それはそうと、早いもので、ワタシの「試乗大将」も、もう5回目です。
歴代のイヤーカー(大げさ)は、
2008年が、ジャガー・XF
2009年が、ルノー・ルーテシアRS
2010年が、プジョー・RCZ
2011年が、フォード・マスタング(シボレー・カマロと合わせ技)
でした。
う〜ん、どれも印象深いクルマばかりです。

 

さて、今年は、なんか多すぎて、ピンと来ないので、本家のCOTY(カーオブザイヤー)に倣って、「10ベスト」てな感じで絞ってみましょう。
・アルファロメオ・ジュリエッタ・スプリント
・アルファロメオ・ジュリエッタ・クアドリフォリオ ヴェルデ
・トヨタ・オーリス
・スズキ・スイフトスポーツ
・スズキ・スイフトRS
・ルノー・メガーヌRS(右H)
「10」ベストではありませんが、この6台が特に印象深いかなあ。

 

ジュリエッタのスプリントは、「武闘派の優等生」でした。
色が少ないのと、メガーヌⅢより50万高いのがネックですが、我が家のメガーヌⅡの後継の最右翼です。

 

同じジュリエッタでもクアドリの方は、スポーツカーですね。
ただし、左足の置き場がないのが、最大の弱点です。

 

お、長くなってきたので、個々のまとめは次回に持ち越し。

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:22 PM  Comments (0)

2012年試乗大将 1

今年もやって参りました、カーマ君の私情で選ぶ、「2012年試乗大将」。
今年はたくさん乗りました。
乗りも乗ったりの31台!
試乗史上最高です。
ざっと振り返ってみると、一言で言って「雑多」です。
 
・トヨタ・アクア
・シトロエン・DS4
・アルファロメオ・ジュリエッタ・スプリント
・アルファロメオ・ジュリエッタ・クアドリフォリオ ヴェルデ
・VW・ゴルフGTI
・ダイハツ・ミラ・バン(社用車)
・トヨタ・86(AT)
・スバル・レガシー・アイサイト
・マツダ・CX−5(スカイアクティブD)
・VW・ザビートル
・シトロエン・DS5
・VW・ティグアン
・日産・セレナ
・トヨタ・スペイド
・三菱・ミラージュ
・トヨタ・オーリス
・スズキ・スイフトスポーツ
・スズキ・スイフトRS
・ルノー・メガーヌRS(右ハンドル)
・日産・ノート
・ロータス・エリーゼS(スーチャ)
・スズキ・ワゴンR
・VW・UP!
・BMW・320d
・トヨタ・プレミオ(先代)
・ホンダ・CR−Z(加速装置)
・プジョー・208(1.6AT)
・ホンダ・N-ONE
・ボルボ・V60
・クライスラー・イプシロン
・プジョー・208(1.2MT)
 
さあ、この中で、ワタシの琴線に触れて、「大将」となるのは、いったいどのクルマでしょうか。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:26 PM  Comments (0)

スロットル 4

アルミホイル作戦が的中したようなので、気を良くして、ホームセンターで0.3mmのアルミ板を買ってきて、ちゃんと巻き付けてみました。
2周=2枚で0.6mm分ゲタを履かせたことになりますが、ちょうどいい感じです。

 

次に、インジェクションクリーナーの出番です。
買おうかと思ったんですが、ガレージを探したら、昔使ったヤツの余りが出てきたので、それを使います。

 

エンジンを暖めておいて、スロットルボディの直前、エアクリーナーの直後にある、細いパイプを外して(一応、説明書通りですよ)、スプレーのノズルを差し込んで注入します。
この時、少しエンジン回転を上げてやらないとエンストするんですが、アクセルは踏めないので、アクセルリンケージを回して、エンジン回転を上げます。
クリーナーの説明書だと30秒ほどスプレーするそうですが、エンジン回転の様子を見ながら(聴きながら)、途切れ途切れに、45秒ほどスプレーしました。

 

その後、マフラーから白煙が出なくなるまで、そっと空吹かしせよとのコトですが、何だか白煙がよく見えません。
ちょっと回転数を上げ気味にしてしばらく空吹かしした後で、近所をゆっくりと一周します。

 

これで、一応、スロットル辺りの掃除も済んで、素人に出来ることは、やり尽くしました。
試しに、仕事帰りの寄り道コースを走ってみましたが、症状が出ませんでした。
完治かどうかはまだはっきりしませんが、今のところほぼ治ったと言えそうです。
二つの作業を両方やったので、どっちが効果があったのかわかりませんが、まあ、こういう症状は、一気に治してしまった方が精神衛生上もいいので、治ってやれやれです。
ACマインズさん、的確なアドバイス、ありがとうございました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:16 PM  Comments (0)

スロットル 3

マイナスドライバーが、はまりません。
おかしいぞ!?
裏側にあって、直接見えないので、鏡を使ったり、その鏡に映った像を写真で撮ったりしてみたら、どうやら、ボルトのお尻の、切れ込み部分を挟む、切れ込みでない部分が片方、欠落しています。
げっ、これでは、ネジが回せません。
どうしよう。

 

「クラシックカー・ディーラーズ」のエドが言ってました。
「ボクのすごいところは、決してあきらめないところです」と。

 

ネジが持ち上げられないなら、何か噛ませてやろう。
ただ、「噛ませる」と言っても、簡単に脱落されては困りますし、テープのような柔らかい物や、粘着質の物、熱に弱い物ではマズイです。
で、思いついたのが、台所用のアルミホイルです。
これなら、柔らかくも粘着質でもありませんし、熱にも強いはず。
で、アルミホイルを何重かに重ねて、アクセルリンケージのネジに当たるところに巻き付けます。
どのくらいの厚さで噛ませればいいのかは、あてずっぽうです。

 

取りあえず、巻き付けて、タイラップで固定します。
しばらく様子を見て、調子が良さそうなら、もう一工夫して正式に固定を考えましょう。

 

 

ちょっと試走しただけですが、お、調子良さそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:52 PM  Comments (0)

スロットル 2

原因らしきものの手がかりがつかめたからには、対策です。
対策として考えられるのは、次の二つ。
まずは、バタフライが戻りすぎるなら、戻りすぎないように止めてやる。
それから、カーボンなんかの付着がバタフライが戻った時に引っかかっている原因の可能性もあるそうなので、そこの洗浄。
そう言えば、FDの頃は、しょっちゅうその辺りの洗浄をしていましたが、111Rではしばらくエンジン洗浄剤なんて使っていないなあ。

 

で、まずは、バタフライが戻りすぎないようにしてみましょう。
2004年式の111Rは、普通のワイヤでアクセルリンケージを引っ張ってスロットルを開け、バネで戻す方式です。
06年くらいからは、スロットルが電子制御になったそうですから、仕組みが違うんでしょうね。
アクセルリンケージの戻り位置は、写真中央のネジで調整できます。

 

 

確か、裏側にマイナスドライバーで回すための切り込みがあって、ちょいちょいと回してやれば、リンケージが戻り過ぎない位置で止められるはずです。
ちょっとだけ、アイドリングの回転数が上がるかもしれませんが、お利口なコンピューターがすぐに補正してしまうことは、エンスト癖に悩まされていた頃に確認済みです。

 

さて、エンジンルーム奥で、見えにくいし手が届きにくいし入りにくいし、やたら作業しづらい場所にアクセルリンケージはありますが、太短いマイナスドライバーを手に、挑戦です。
・・・が、あれ?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:11 PM  Comments (0)

スロットル 1

前に「鏡」のところで書きましたが、最近、エリーゼのスロットルが不調です。
アクセルペダルを踏み込む時に、ちょっとだけ硬くて、引っかかる感触になる時があるんです。
これは、いつも必ずというわけではなく、全然問題ない時の方が多くて、たまに硬いんです。
発進の時はまだいいんですが、ちょっとワインディングなんかを走って、コーナーの関係でスロットル全閉から踏み込む時に硬くて引っかかると、ちょっと危ないです。
硬い分だけ強く踏み込まなければならなくて、一気に回転が上がりすぎて姿勢を崩したりしてはマジ危ない。

 

で、まず一番怪しいと思われた、エンジンルームのアクセルリンケージ付近にCRCをダバダバぶっかけたんですが、効果は今一つ。

 

次に、先日の「鏡」の話に戻るんですが、アクセルペダルの付け根あたりに、必死こいてCRCしたんですが、これも効果は今一つ。

 

そこで、こうなったらやっぱりプロに相談、ということで、ブレーキを交換した時に、具合を説明して、診てもらいました。
そうしたら、どうも、アクセルを勢いよく全閉した時に、スロットルバタフライがくっついてしまう(入り込みすぎてしまう)のではないか、ということでした。

 

なるほど、言われてみれば、そうかも知れません。
いつ出るかわからない症状だったんですが、仕事帰りに、10分の回り道をしてルノー屋さんの試乗コースでもあるちょっとしたワインディングを走った時に、2回続けて同じ場所で症状が出たコトがありました。
ワインディングですから、同じタイミングでアクセル全閉から踏み込みます。
ホントの原因かどうかはまだわかりませんが、糸口が見えました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:25 PM  Comments (0)

誰も知らない

セールで買ってあったリアのブレーキとパッドの交換作業のために、ACマインズに行ってきました。
作業自体は小一時間でサクサク終了しました。
まあ、純正ではありませんが、EBCのグリーンという、普通のパッドですし、そもそもリアなので、交換してスゴク良くなったとか、そういう実感はなく、基本的なメンテの一つを行ったという、安心感の方が大きいですね。

 

さて、セールの終わったACマインズは、通常の店内に戻り、ショウルームには、ケーターハムのスーパーセブンが展示されていました。
何台も持てる立場なら、こういうのも一台欲しいとは思うものの、さすがに今すぐ手を出す気にはなれません。
でも、好きなクルマなので、じっくり見ていたら、面白いことに気付きました。
スーパーセブンともなると、いろんなバリエーションがありすぎて、何がどうなってるんだかサッパリわかりませんが、展示してあった車両のナンバープレートのホルダーが、こうなっていました。

 

 

これ、おシャレですねえ。

 

・・・でも、コレじゃナンバーが付いたら、絶対見えません(爆)。
下手したら、オーナーさんですら気付かないまま、というコトも充分考えられます。
しかし、本当におシャレな人は、誰も見ない下着からおシャレといいますが、こういう、誰も知らないところでおシャレになっているというのは、オーナーだけの密かな楽しみとして、満足度が高そうです。
ACマインズさん、是非納車時には、オーナーさんにこの件を教えてあげて下さいね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:19 PM  Comments (0)