vs.アテンザ 1

マツダの「アテンザ」と言えば、ずーっとマツダの中心車種だった「カペラ」の後継ぎという位置づけだと思いますが、もう3代目になるんですね。
カペラでは、5代目に当たる、80年代後半から90年代にかけての、クーペとセダンとスポーティーな5ドアハッチバックと、ワゴンの構成だったモデルが好きです。
CCという名のクーペや、CGという名の5ドアハッチバックなんかは、相当カッコ良く見えました。

 

どうも、「ファミリア」「カペラ」をやめて、「アクセラ」「アテンザ」になってから、ちょっと名前がごっちゃになりがちです。
どっちも「ア」で始まる4文字というのが原因でしょうが、クルマ自体、やや影が薄い印象を拭えません。
よく見てみるとデザインはすごくいいし、乗ってないので何とも言えませんが、クルマの出来も、そう悪くはなさそうなのに、なんかイメージが弱い。
これは、マツダの宣伝の仕方も悪いんじゃないかなあ。
CMとか、ほとんど印象に残ってませんもん。

 

そんなアテンザも、去年の年末頃に3代目が売り出され、今のところ、スカイアクティブだというコトもあって、マツダも力を入れてアピールしているみたいですね。
ただ、クリーンディーゼルを売りにしたいのか、スポーティーさを売りにしたいのか、ちょっとマツダ自身も様子を見ながら探っているような感じではありますが。

 

さて、カペラクラスとなると、一度試しておきたいところです。
クリーンディーゼルは、CX-5で味わっていますから、アテンザは、ガソリンに乗ってみるつもりで、試乗に行ってきました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:33 PM  Comments (0)