vs.アテンザ 3

まずは、リアシートから。
サイズがデカイだけあって(もっとも初めは数字的なコトは知らなかったんですが)、けっこう広々しています。
シートの背もたれも高い位置まであり、足もとは、もう少しで足が組めそう。
この時、フロントシートは、ワタシが乗り込んでも動かさないで済むくらいの位置まで後ろに下げられていましたから、シートを前寄りにしたらマジで足が組めます。
ヘッドルームは、ベラボーな余裕はありませんが、握りこぶしが一つ分くらいの余裕です。

 

トランクは、広いって言えば広いんですが、びっくりするほど広いわけでもありません。
深さがないなあ。
最近のトレンドで、フロアの下の、スペアタイヤの場所が、パンク修理キットや工具入れになっていますが、それにしても、ちょっとばかり床面が高い。
もう少し工夫して欲しかったところです。

 

運転席に移ります。
2.0Lのシートは布製ですが、2.5Lの本革シートにはシートヒーターがちゃんとつくそうです。
まあ、そこそこの高級感ですが、なんか最近、どんな内装が「高級」なのかちょっと分からなくなっています。
決してショボい内装ではないので、特に文句はありません。
逆に、強いインパクトも感じませんでしたが。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 9:02 PM  Comments (0)