vs.カローラアクシオ 4

細かいトコロはともかく、でも、アクシオは、ホントに良くできたクルマでした。
良く出来過ぎていて、バランスがいいもんだから、逆にあまり印象に残らないのかも知れません。
どこにも突出したところがない。
ま、そういう意味じゃ、「地球」ですね。
エベレストがどれだけ高くたって、地球は真ん丸です。
国産車でも輸入車でも、好き嫌いが分かれて、印象に残るクルマは、もっともっと、バランスが悪いんでしょうね。
異常に突出したところがあるんでしょう。

 

カローラを嫌いという人がいるとしたら、きっと乗っていないんでしょう。
乗ったら、全然悪いところがない。
でも、例えばハイブリッドみたいな、目立つような新しい技術は何にもない。
だから、何となく忘れられちゃうんでしょうね。
景気の良かった時みたいに、何となく新しいクルマを買えてしまった時には、カローラで何もまずいところはないんですが、景気が悪くて、クルマを買うのも一大事となってくると、せっかくなら何か特徴のあるクルマが欲しくなる。
そうなると、カローラって、あんまり思い浮かばない。
だって地球はまぁるいんだもん。

 

間違いなくいいクルマで、日本国内じゃ、ゴルフと競ったって絶対負けないカローラは、ホントに真面目に作ってあるんだと思います。
でも、トヨタが見切っちゃっている気がします。
だから名前も変えたいし、特別な新しい技術もあげたくない。
そんな中、作り手が、精一杯全力を出し切って作った、「和風総本家」に出てきそうな、もはや保護してでも残すべき日本の「文化」なんです、カローラ。

 

売れなくたって、儲からなくたって、名前を残してくださいよ、トヨタさん。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:50 PM  Comments (0)