トルクレンチ 5

普通のクロスレンチで一通り締めた後、この「スパイダー」の出番です。
聞くところによると、メガーヌのホイールボルトの締めつけトルクは110Nmだそうで、デジタルの数字を110Nmに合わせて、さて、締めつけ開始。
表示分には、リアルタイムで今かかっているトルクが表示されますが、ちょっとギュッと力を入れた程度の、数字的にはまだまだの40Nm台のところで、ヌルッというイヤ〜な手応えと一緒に、ボルトがユルっと・・・。

 

サーッと血の気が引きました。
恐る恐る確認してみたら、ラチェットレンチが、緩める側になってました。
焦ったー!
使い慣れない道具を使っただけで、どっちに回せば締まって、どっちに回すと緩むか、ごちゃごちゃになっていました(恥)。

 

さて、気を取り直して、締め直しです。
レンチが短いので、けっこう力が要ります。
設定トルクの80%を超えると、ピッピッとアラームが鳴り、緑だったLEDが赤くなって点滅します。
100%になると、アラームがピーッと連続音になって、LEDが点灯になります。

 

トルクレンチを使っていても、どうしても、やり過ぎたら捻じ切れる、というトラウマが常に頭について回っています。
おまけに、短いラチェットじゃラチが開かないので、ちょっとしたエクステンションをつけてレンチの腕を伸ばしているので、力のかかり具合が今一つ信用できません。
はじめはアラームやLEDより先に、ワタシの手応えリミッターが先に働いてしまいますが、機械を信じて、思い切りやります。

 

まあ、今回は何とかなりました。
少しずつ慣れを取り戻していかなくちゃ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 6:49 PM  Comments (0)

トルクレンチ 4

届いたブツは、こんなケースに入っています。

 

 

エリのミニカーは大きさ比較のためですが、ボス缶のおまけ(つまり長さが缶コーヒーの直径弱)です。

中身が

 

 

こんなモノです。

これを、自前のラチェットレンチに装着して使うわけですが、

 

 

これは後から、もう少し長いラチェットを使わないと追いつかないコトが判明しました(苦笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 7:27 PM  Comments (0)

トルクレンチ 3

お、設定トルクの大きさによって、4種類あります。
「1/4」が6〜30Nm、「3/8」が27〜135Nm、「1/2」が40〜200Nm、「3/4」が100〜500Nm。
えーと、どれにすればいいんだ?

 

ワタシがトルクレンチを使うとしたら、ホイールボルトのトルク管理と、あとは、スパークプラグかなあ。
プラグは、プラグレンチと直接繋ぐのは無理っぽいですが、数値が守備範囲に入っていれば、何とか工夫する方法もあるでしょうから、下はプラグ装着、上はホイールボルト装着の数値に収まっていればベストです。

 

えーっと、そもそも、プラグやホイールボルトの締めつけトルクはどれくらいだったかな?
超文系人間のワタシは、数字の類いはちっとも頭に残っていません。
必要になる度に、いちいち調べないといけません(汗)。

 

さて、プラグの締めつけトルクはエリーゼやメガーヌの14mmのプラグだと、25〜30Nm(2.5〜3.0kgm)くらい。
一方、ホイールボルトは100〜120Nm(10〜12kgm)くらいです。
1kgmが9.8Nmでしょうから(ちょっと自信なし)、ちょっとアバウトな数値みたいですが、まあ、これくらいアバウトな方が、ワタシの性には合っています。

 

そうすると、「3/8」というサイズのヤツなら、ちょうどピッタリ収まっています。

 

さらにサイズも絞り込んで、もう少し調べてみると、6,000円台で送料無料のモノが出てきました。
ちょっと迷ったあと、ポチッとしました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 7:56 PM  Comments (0)

トルクレンチ 2

楽天とか、ヤフオクとか、いろんなところを調べてみますが、ネットだとさすがに玉石混淆、いっぱい出てきます。
安いヤツだと3,000円台からありますが、デジタル式だと安くて15,000円くらいから、高いものだと30万円くらいまで。
トラウマのことを考えれば、15,000円でも決して高くはないとは思うものの、できれば10,000円以内で欲しいなあ。

 

画像付きの「トルクレンチ一覧」みたいなページを繰っていきます。
「価格の安い順」にしてみたり、「価格の高い順」にしてみたりしながら、パッと見て反応できる画像を頼りにジャンジャン探していきますが、なかなか安くて良さそうなものが出てきません。

 

何回か見ていく中で、見慣れない形の、トルクレンチっぽくない物体が目に留まりました。
画像的には、大きめのマッチ箱にデジタル画面とボタンがある、そうそう、キッチンタイマーみたいな形の物です。
よく見てみると、アダプターになっていて、自前のラチェットレンチに取り付けて使う物のようです。

 

ああなるほど、その発想はなかったなあ。
ラチェットや把っ手みたいに、余分な物が付かない分だけ、ちょっとお安めで、8,000円台くらい。
おお、これはいいかも。
商品名は「スパイダー デジタルトルクアダプター」というモノです。
ちょっとコレにシボって調べてみましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 7:33 PM  Comments (0)

トルクレンチ 1

今年は、スイッチが切り換わるみたいに、冬から春へ一気に移りました。
例年、もう大丈夫かな? と恐る恐るメガーヌのタイヤをスタッドレスから夏タイヤに交換していますが、今年は、もう大丈夫という確信のもと、タイヤ交換です。

 

前は、タイヤ交換なんて、ルーティンワークとして、何も考えずにサクサクやっていましたが、去年、勢い余ってボルトをへし折って(捻じ切って)以来、さすがにちょっとトラウマです。
今年は、慎重にやらなくちゃ。

 

いや、今まででも、タイヤ交換の時は、ちゃんとトルクレンチを使っていたんですよ。
カー用品店で3,000円台のもので、長めのラチェットレンチの把っ手のしっぽにトルク調整の目盛りがある、オーソドックスなヤツです。
ちゃんと使う人がちゃんと使えば、ちゃんと使えるモノです。
ワタシも、ちゃんと使っていたつもりだったんですが、設定トルクに達した時に、カチカチと音がするのに、1回カチッと言えばいいのか、2〜3回カチッと言わせるのかというあたりがよく理解できていませんでした。
その、カチッという音も、うす〜い感じでチッという音からスタートする時もあって、これは1回? って迷いながら締めていたりします。
そうこうするうちに、グニッと手応えが軽くなって、気がついたら折れていたんですねぇ。

 

そこで、今回は、素人だからこそもう少し使いやすい、デジタル式のトルクレンチを買うコトにしました。
でも、カー用品店のチラシとかに載ってくるシロモノでもありません。
まずは、ネットで検索、検索。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 6:39 PM  Comments (0)

vs.メガーヌエステートGTライン 5

エンジンは、それほどパワフルってわけでもないんですが、すごく静かですから、メーターで見てみると、思ったよりスピードが乗っていたりします。
その分、けっこうなスピードでコーナーなんかに入っても、ちゃんと曲がってくれます。
ワゴンというと、ハンドリングなんかはハナから期待していないんですが、メガーヌは、いい意味でワゴンであることを忘れさせてくれます。

 

岡崎のルノー屋さんの試乗コースは、ハンドリングなんかを試すのにはとてもいいんですが、楽しすぎて、街中でのストップ&ゴーでどうか、というコトを確認するのには若干不向きです。
でも、せっかく一人で試乗させてくれたんですから、ちょっとだけ寄り道して、わざわざ街中にも入ってみました。
流行のアイドリングストップ機構は付いていません。
普通に発進する加速は、ウチの1.6よりはだいぶ軽々としています。
CVTは、中途半端に変速が入りませんから、街中では非常に快適です。
クルマの使用目的にもよりますが、「三つ巴」の中では、我が家の使い方としては、CVTが一番合っていそうです。

 

どうでもいいコトで気になったのが、アームレスト。
コンソールボックスの蓋がアームレストになったものですが、運転の邪魔をしないためか、蓋が前下がりになっていて、普通の運転姿勢では、肘が乗っかりません。
ちょっと気合いを入れて肘を乗せようとしなければ、肘に当たらない。
う〜ん、アームレストを使うのに気合いが必要というのも、なんか矛盾しています。
ひじ掛けに関しては、我が家のメガーヌ圧勝です。
普段マニュアルに乗っているワタシからすると、オートマ車には、すべからくひじ掛けが欲しい。
気合いを入れなくていいひじ掛けが。

 

というわけで、細かい点で気になるところはあるものの、メガーヌエステート、心配していた乗り心地も含めて、かなりいいです。
まずいコトに、「四つ巴」です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:51 PM  Comments (0)

vs.メガーヌエステートGTライン 4

日産製の2Lの140馬力とCVTで、ハッチバックより40キロ重い、1,380キロのボディを引っ張ります。
CVTの感覚にもワタシはすっかり慣れましたが、やはり、マニュアルモードの方がスポーティーに走ります。

 

心配していた乗り心地は、思ったより悪くありませんでした。
プレミアムの乗り心地は、さすがに身体が忘れてしまっていますが、205/50R17のタイヤでも、そんなにバタバタしません。
GTラインですから、バネレートなんかも硬くしてあるはずですが、重量増の恩恵かも知れません。
ワタシはあまり経験がないんですが、タイヤがコンチネンタル製なのも原因の一つなのかも知れません。
ただ、昔のフランス車のイメージの、ふんわりした乗り心地ではありません。
前にプレミアムラインの乗り心地を「うどん」に例えましたが、GTラインは「パスタ」でしょうか。
今や、国ごとのキャラクターの違いなんて、幻想なのかも知れませんね。
日本もドイツもフランスも、そんなに変わらない気がします。
イタリアは、ちょっと違うかも・・・。

 

でも、やっぱり16インチだったらもう少し柔らかい乗り心地だったかも、と思うと、ちょっと残念でもあります。
17インチになると、タイヤ、いきなり高くなるし。

 

ルノー屋さんの試乗コースは、ちょっとしたワインディングになっている、なかなか楽しい道で、そこでのハンドリングは、格別「スポーティー」というワケでもありませんが、安心して、思った通りに曲がります。
少〜しアンダー気味に躾けられていますね。
ボルボV40の時みたいに、オーバーと思えるくらいグイグイ切れ込んでいくのは、今どき珍しい味付けですが、一般的には、こちらの方が安心感があります。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:45 PM  Comments (0)

vs.メガーヌエステートGTライン 3

「GT」を名乗るだけあって、乗り込んでまず、ステアリングのカッコよさが目を引きます。
手に当たる部分がエンボス加工された本革巻きで、赤いステッチが入っています。
ワタシ、個人的に、赤/黒の色使いって大好きです。
トレノの時は、ボディが赤/黒でした。

 

メーターパネルもカッコいいデザインで、ルノースポールの文字が入っています。
ただし、このメーターパネル、細かいことですが、一つ気に入らないところがあります。
パネルの上にかぶさっている日よけのフードなんですが、このフードの裏にもご丁寧にシボ加工がされています。
このシボが、メーターのガラスに映り込んで、ちょっと見づらい時がありました。
なんでフードの裏にまでシボ加工をしちゃうかなあ。

 

エンジンはかかっていたので、シフトを「D」に入れてスタートです。
またもや、ワタシ一人で試乗に出かけることに。
ボルボといい、ルノーといい、いいのか? ワタシなんかを一人で試乗に行かせて。

 

例によって、サイドブレーキは、アクセルを踏むと、自動で解除されます。
う〜ん、機構が変わっていないというコトは、問題ないんでしょうが、どうもオートのサイドブレーキって、ちょっと心配。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:13 PM  Comments (0)

vs.メガーヌエステートGTライン 2

店頭に置いてある試乗車は、白いボディでしたが、なかなか美しいワゴンです。
カッコいいとも言えます。
ボルボもそうですが、最近はワゴンと言えどもカッコいいものが多いです。

 

リアハッチを開いて、まずはトランクから。
う、けっこう重いぞ、このハッチ。
これはヨメさんの買い物グルマとしては、ちょっとマイナスです。
ただ、重いのも当たり前で、ハッチバックよりもだいぶ下から(いわゆる「バンパー」の下から)ハッチが開きます。
これは、重いものや大きいものを積み込む前提のワゴンとしてはプラスですね。
ちなみに、ガラス部分だけが開くという、横着な親切なギミックはないそうです。
ハッチバックの時は、トランクはそう大きくないと感じました(昔の記事参照)が、こちらはワゴンだけあって、けっこうな広さです。
全長は24センチ長くなっています。
これなら、リアシートを倒せば、ウチのメガーヌ2であきらめた娘の自転車も乗りそうです。
実際、自転車を乗せる機会があるかどうかはわかりませんが。

 

そのリアシートは、ハッチバックの時にも思いましたが、そんなに広くはありません。
ただし、ハッチバックの時のようなギリギリ感もありません。
ホイールベースが6センチ伸びていますから、その分余裕が出た感じです。
単純に6センチがリアシートのスペース、18センチがトランクスペースに振り分けられた24センチでしょうか。
シートは大ぶりで、背もたれも高く、普通に落ち着いて座れていい感じです。

 

運転席に移ります。
エリーゼと同じオバケ型のリモコンは健在ですが、これについては11年の6月の記事をご参照ください。
前に気になった、シート座面の左右の盛り上がりは、今回は苦になりませんでした。
ワタシのおケツが小さくなったかな?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:45 PM  Comments (0)

vs.メガーヌエステートGTライン 1

行きつけのルノー屋さんから、「メガーヌエステートの試乗車が入ったよ」という連絡をいただきました。
ワタシはメガーヌでお世話になっているので、いつも「ルノー屋さん」と書いていますが、実は「シトロエン屋さん」と言った方が正確で、岡崎店のメインはシトロエンなんです。
ですから、メガーヌの試乗車は普段からあるわけじゃありません。
ワタシがエステートやGTラインの味見をしたがっていることを知っていて、わざわざ連絡を下さったからには、乗ってみないわけにはいきません。
そんなワケで、行ってきました、試乗に。

 

メガーヌ3は、日本では一昨年の5月に入ってきて、当初のラインナップは、超絶スポーツのRS以外では、エレガント仕様の「プレミアムライン」と、スポーティーな「GTライン」でした。
前に乗ったのは、16インチのプレミアムラインでしたが、去年の11月にマイナーチェンジが入って、プレミアムラインが落ちて、グレードとしては、RSとGTラインだけになってしまいました。
その代わり、エステートが追加されました。
価格は、マイチェン前のプレミアムが268万円、GTが275万円でした。
マイチェン後は、ハッチバック(GT)が268万円、エステート(GT)が278万円ですから、実質値下げです。

 

16インチのプレミアムラインの乗り心地は、なかなかしっとりしていい感じだったんですが、17インチとなると、ちょっと硬くなりそうで心配です。
何年か先の、我が家のメガーヌ2の後継では、ジュリエッタとボルボV40とで三つ巴を演じているメガーヌ3ですから、GTラインも知っておきたいです。
エステートも含めて、要チェックです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:37 PM  Comments (0)