ベストのクルマ

先日、「検索キーワード」で「いろんな車に乗った人が行き着く車」という話題が出ていました。
改めて考えてみましょう。

 

まず、この言い回しからワタシが考えた方向性は、2つあります。
一つは、人生最高の、「ベストのクルマ」。
もう一つが、人生の最後に乗る、「ラストのクルマ」。

 

「ベストのクルマ」の方は、今のワタシの場合、幸いにして今乗っているクルマです。
つまりエリーゼ111R。
ここに行き着いたトコロで、自分としては、なんか「打ち止め感」がハンパなかったです。
もちろんその時々で乗っていたクルマは、その時々でベストだと思って乗ってましたが、常に「もう少しお金があったらアレに乗りたい」って思えるクルマがありました。
でも、111Rに乗っている今は、それがないんです。
乗り換えたいクルマがないので、まだ当分111Rに乗るつもりです。
ベストと思えるクルマにどっぷり浸り切っている現状ですから、ほとんど考える余地もないんです。

 

ただ、これは好みの問題で、ライトウェイトスポーツのカテゴリならロータスですし、もっとお金をかけた、全部盛りのスポーツカーならフェラーリやランボでしょう。
後ろにひとも乗れなきゃ、というなら、セダンやワゴンでドイツ車かジャガーでしょうか。
SUVならレンジローバー。

 

「ベストのクルマ」は、やっぱりその時々のカテゴリのトップが挙がってきそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:35 PM  Comments (0)