検索キーワード 73

「エリーゼ/ドア/あかn」・・・一応、原文のままです。
よっぽど慌てていたのでしょうか。
開かない、と入力したかったのか、開かん、としたかったのか、アカーン(宮川大輔風)でいきたかったのか・・・。
いずれにしても、ドアが開かなくてたいそうお困りだった様子が想像できます。
昔、セキュリティーを利かせると、時々開かなくなることがある、と聞いたコトがあります。
自分のクルマに締め出されるのはあまりにも切ない。
この方のドアが、無事開いたことを祈ります。
それとも、エリーゼのドアはアカン、と言いたかったのでしょうか。

 

「バッテリー上がりドア開かない/エリーゼ」・・・確か、上のワードとは、別の日だったと思うんですが、同じ方でしょうか、別の方でしょうか?
セキュリティーを利かせたままバッテリーが上がると、開かなくなるのかな?
ワタシの場合、普段は手動ロックのみで、セキュリティーのアラームは入れていないので、よくわかりません。
バッテリーで開かなくなるような、デリケートな作りじゃないと思うんだけどな、エリーゼ。

 

「lotus/elise/door/ロック/出来ない」・・・今度は、ロック出来ない方面です。
しかも、途中まで英語表記。
同一人物の仕業とも思えません。
エリーゼのドア関係のトラブルが流行り始めたのでしょうか?
今はどうだか分かりませんが、2004年のエリーゼは、セキュリティアラーム連動の集中ドアロックと、昔ながらの手動ドアロックが全然別系統として付いています。
ロックが二系統(2倍)あるわけですから、トラブルも2倍なんですかね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:00 PM  Comments (0)