入院

このブログ上では突然ですが、例の尿管結石を退治するために、明日から数日間、入院です。
5月に2年ぶりに再発してから、近所のお医者に行っていたんですが、ラチが開かず、市民病院に行ったら、手術でやっつけましょう、という話になったのが、約1ヶ月前。

 

的になる「石」がもう少し大きくないと、超音波で砕くのが難しいらしく、カテーテルで引っ掴んで引っ張り出すようです。
カテーテルを入れるトコロは、女性読者がもしいたら、恥ずかしくて言えません。
って、このブログ、女性読者いるのかしら?

 

ワタシ、入院なんて初めてなので、ちょっとワクワクしてたりしますが、実際はどんなもんなんでしょうか?
ネタにできるのかどうかもわかりません。

 

ま、そんなわけで、数日お休みします。

 

再開後は、お待ちかねの111Rプチトラブルネタの予定です。
お楽しみに(笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:21 PM  Comments (0)

鳥の習性

イヌやネコ、鳥や昆虫など、普通の人がペットにするような動物や小動物は、大概飼ったコトがあります。
イヌやネコくらいのものになると、一体何を考えているのかが大体見当がつきます。
細かいことはともかく、少なくとも喜んでいるのか、怒っているのかくらいは。

 

昆虫の類いだと、そもそも「気持ち」があるのかも怪しいものですが、それでも、「習性」なんかは分かるので、それなりに喜ぶように心がけています。

 

ところが、今飼っているコザクラインコの「さくら」だけは、一体何を考えているのか、さっぱり分かりません。

 

そもそも、コザクラインコは、超絶かまってちゃんで、かまってやると喜んでいるのは分かるんですが、分からないのが、鳥カゴに入っている時。
いつもごそごそと何やらやっています。
オモチャのハシゴを止まり木に引っかけてみたり外してみたりして、どうしたいのかが分かりません。
それから、紙を細かくちぎるクセがありますが、これも、好きでやっているのか、紙がキライだからやっつけたくてやっているのかがわかりません。
噛みちぎる用に、ちょっと厚めの紙を入れてやると、一見嬉々として噛みちぎっているようにも思えますし、もしかしたらイヤでイヤでたまらなくてやっているのかもしれません。

 

スズメや、セキセイインコ、カナリヤなんかは、もう少し「気持ち」が想像できたんですが、コザクラインコだけは、何を考えているのかさっぱり分かりません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:34 PM  Comments (0)

シート続編 4(なつやすみのこうさく 8)

1週間ほど乗ってみました。
悪くないんですが、どうせならもう少し乗り心地を良くできそうだと思いました。
そこで、背中から腰にかけてベロ〜ンと貼ってあったクッション材を2分割して、背骨の当たるところに逃げを作ってみることにしました。

 

 

ついでに、その上から柔らかいスポンジシートを貼り付けてみました。

 

 

さて、座ってみると、おお! トレビア〜ン!!
背中の収まりもいいし、背骨や腰も痛くありません。
これならプロバックスに負けないぞ!?

 

エリーゼに長くお乗りの方で、ノーマルシートがへたってきたという方、一度お試しあれ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:13 PM  Comments (2)

シート続編 3(なつやすみのこうさく 7)

この状態で、腰と背中あたりにクッションを貼り、元通りに表皮を戻してやればなんとかなりそうです。
そこで、ホームセンターで、ゴムのクッション材を買ってきました。
30×30センチで、厚さ1センチのゴムクッションです。
指先で力を入れると潰れるくらいの硬さです。

 

 

とりあえずコレを買ってきて、試します。
ちょっと硬いかなあ、と思いつつ、手頃な大きさに切って、シートの殻に軽く貼ります。

 

 

このシート、裏面がテープになっているので、裏の上の方2センチくらいの剥離紙をめくって貼ります。
全力で貼っちゃうと、不具合があった時に面倒ですから、まずは試しです。
 

表皮を戻して、座ってみます。
う〜ん、ちょっと硬いかなあ。
でも、前みたいに背骨に当たって痛いというほどではありません。
何にせよ、コツはつかめましたから、もう少し工夫をプラスして、いいものに仕上げられそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:55 PM  Comments (0)

シート続編 2(なつやすみのこうさく 6)

よく見てみると、背中に当たる部分と、サイドサポートの部分は、部材が別になっているようです。
背中用のクッションの端に、指が入ります。
おお、これは・・・!
背中のクッション部分が、シートの骨組みから分離できそうです。

 

シートの作りは、強化プラスティックの骨組み・・・というか殻に、まずサイドサポート部分のクッション及び表皮が貼り付いていて、その端をカバーするように、背中からお尻の一体クッション及び表皮が付けられている、という単純なもので、スプリングなどの、面倒くさそうな装備はなさそうです。

 

思いきって、シートの背中用のクッションを剥がしてみたら、こんな感じになっていました。

 

 

上の左右二ヵ所に留め具が使ってありますが、あとは、緩いボンド付けのようです。
痛かったあたりは、スポンジがすっかり潰れているのか、すり切れてボロボロになって消滅したのか、クッションだった形跡すらありません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:41 PM  Comments (0)

シート続編 1(なつやすみのこうさく 5)

その後、シートは、市販のクッションのおかげで、座り心地はまずまずになっています。
が、このクッションも、いくつか問題点を抱えています。

 

まず、乗り降りする度に、下にズレてしまうのです。
ゴムで留めてあるため、仕方ないんですが、乗る度にいちいち引っぱり上げて位置合わせをするのも面倒です。

 

それから、メッシュ状になっていて、一見空気の通りが良さそうな割に、ちょっと暑い。
サイドサポートの分が、より体に密着してくるようになったからでしょうか。

 

もう一つ、クッションをつけたシートをマジマジ見ていたら、なんかオッサンくさい(笑)。
いや、ワタシ充分オッサンなんですが、クラウンなんかに、玉すだれ風のクッション(?)を後づけしている印象と重なってきてしまいました。

 

う〜ん、せっかくヨメさんにミシンでゴムベルトを縫い付けてもらいましたが、これではいけません。
この先、まだ何年も乗るクルマですから、絆創膏的な対処療法ではなく、もう少し本格的に直しましょう。

 

「本格的」と言っても、シートの交換はコストがかかりすぎますから、シートのクッション材を何とかする方法で考えてみます。

 

そもそもエリーゼのシート、表皮だけ剥がしたり出来るんでしょうか?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:10 PM  Comments (0)

検索キーワード 77

「ウキウキ/暮らし」・・・字面だけ見ると、楽しそうな暮らしを表現している感じですが、ワタシのブログにたどり着いた関係は、住林の「住まいのウキウキ見学会」の関係でしょうか?
そう言えば、2年前の10月にやって以来、話が来ないなあ。
まあ、大変だからなくてもいいんですけどね。
住宅に関しては、クルマのように「試乗」というワケにはいきませんし、せめて実際暮らしている家を見て、住人にいろいろ聞いてみるしかありません。
我が家の見学会も、皆さんの参考になっていればいいんですが・・・。

 

「六三四の剣/修羅ファン」・・・「六三四の剣」の「修羅」と言えば、「ヒカルの碁」の「塔矢アキラ」とか、「巨人の星」の「花形満」に当たる、主人公のライバルで、育ちがよくて圧倒的な才能を持ち、おまけに人柄もいいという完全無欠の存在ですね。
ワタシもこういう完全無欠キャラは好きです。
努力がキライなワタシは、熱血努力型の主人公たちより、むしろ完成している天才の方が好きなんですね。
ただ、この天才ライバルの皆さんは、完全無欠過ぎて、努力までしちゃってるところがイケナイ。
ただ「天才」ってだけで勝負してるキャラって、あんまりいないかな?

 

「鳩/ブレーキ踏まない」・・・いや、そりゃ状況にもよりますが、ブレーキ踏んでください。
そう言えば昔、どなたかの文で、「サーキットで不意に動物が出てきたら、『踏め』」と書いてありました。
ただし、これはアクセルを「踏め」というコトだそうです。
サーキットを走る人も大変ですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:52 PM  Comments (0)

なつやすみのこうさく(2013) 4

さて、ドリンクホルダーですが、これは、カー用品店で売っているクルマ用のモノでは、どうもピンときません。
迷っている中で、ヒントをくれたのが、ヤフオクでした。
最近、エリーゼのシフトノブの付け根あたりに取り付けるドリンクホルダーが出品されています。
太い針金を曲げたような形のものです。
けっこうなお値段なので、なかなか手が出ないんですが、こんな形状のモノが合いそうです。
この形状をよく考えてみたら、ハタと気がつきました。
あ、これ、自転車かバイク用じゃないのか。

 

で、自転車屋さんに行ってみたら、良さそうなモノがありました。
それをステーに取り付けて、一応完成しました。

 

 

柄になっている長いステーがちょっと重いので、どこかでアルミのステーを手に入れたいところですが、仮に完成です。
ちょっと使いながら、しばらく様子を見て、改善点を洗い出して、やる気があったら改良版を作りましょう。
「ふゆやすみのこうさく」になるかもしれません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 5:59 PM  Comments (2)

なつやすみのこうさく(2013) 3

この穴のおかげで、一気に展望が開けました。
まずは、ホームセンターなんかで売ってるステーを利用して、その先端に、市販のドリンクホルダーを装着。
う〜ん、いけそうです。

 

ホームセンターで、穴あきのステーをいくつか買ってきました。

 

 

左端のモノが、クルマとの連結部分、右の長いヤツが「柄」になるものです。
L字のモノは、柄の両端に付けますが、短い方は裏側のストッパーです。

 

 

で、ステーをこんな感じで組み合わせます。

 

ちょっと計算違いがあって、取り付け部分にもう一つステーを足したり、柄の部分をもう一回り長いものに換えたりしましたが、なんとか、クルマに付けられました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:10 PM  Comments (0)

なつやすみのこうさく(2013) 2

スタイルとしては、純正同様、棚の下に設置して、できれば、必要に応じてスライドして出てくるものがいいですね。
四六時中あっても、邪魔ですし。

 

さて、その前に、棚の下に設置するとして、そもそも、取り付ける手がかりになるものが、何かあるでしょうか。
なんせ「ドリンク」ホルダーですから、カンタンに両面テープでくっつけるなんてワケにはいきません。
脱落して水かかかったら、ロータスの誇る最新鋭の電子機器・・・はほとんど無いにしても、脱落なんてしないに越したことはありません。
と思って、棚の下を見てみたら・・・

 

 

トレビア〜ン。
あるじゃないですか、ステキな「穴」が。
これ、もしかしたら、ドリンクホルダー設置用かしら。
2004年の、ワタシの111Rの時には、オプションでもなかったと思うんですが、その当時から、何かのために穴だけ空けてあったのかもしれません。
クルマの内装に、こんなステキな穴があるなんて、トヨタじゃ考えられませんが、DIYやるにはもってこいです。
ありがとう、ロータスクオリティ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:29 PM  Comments (0)