電子辞書 2

収録コンテンツも、優に100コンテンツを超えてきます。
ざっと調べた感じでは、ご予算が10,000円くらいまでなら、40コンテンツ前後の、白黒画面。
20,000円から25,000円くらい出すと、100コンテンツを超え、カラー画面も出てきます。
それから、スタイラスペンを使った、手書き入力機能もこのクラスから加わってきます。
このくらいの価格帯は、どうやら「高校生モデル」という感じで、お勉強に役立ちそうなコンテンツが多く収録されているようです。
それを超えて30,000円前後になると、一般向けの最新型で150コンテンツくらいになります。

 

ヨメさんに予算を確認すると、15,000円くらいまでとのこと。
白黒モデルなら何とかなりますが、この金額だと、ちょっと機能的に見劣りします。
(でも、ワタシの電子辞書よりはよさそうですが)

 

最新型で機能が劣るモノよりも、1〜2年前のモデルで、機能が充実しているモノの方が満足度は高そうです。

 

てなわけで、型落ちの新古品や展示品、デッドストックなんかを求めて、狩り場をヤフオクに移します。
おお、そうすると、値段が一気に10,000円くらい下がります。

 

競りになっているモノの様子を見ていたら、ウチの狙い目のモノはぐんぐん値段が上がり、最終的には13,000〜15,000円くらいで落札されるようです。
モノによほどこだわりがあれば、必死で入札合戦をするんですが、ある程度欲しい機能があれば、それほどこだわりはないので、「即決価格」の設定されているもので探します。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:06 PM  Comments (0)