電子辞書 3

すると、おお、ありました。
1年落ちくらいのモデルで、110コンテンツ、2000文学作品と、2000クラシックフレーズが入って、カラー液晶、手書き入力付きで、13,000円即決。
早速ポチッとします。

 

届いたブツは、さすがに「ほぼ」最新型だけあって、驚くような機能が満載です。
面白いのは、クラシック名曲集なんてのがあって、1000曲2000フレーズが入っています。
例えば「新世界より」なんかは、楽章ごとに有名なフレーズ部分が1〜2分位ずつ入っていて、なかなか楽しめます。

 

昆虫図鑑なんかもカラー写真入りで入っているので、娘もキャーキャー言いながら喜んで見ています。

 

手書き入力の認識も昔とは段違いの性能です。
ワタシ、20年くらい昔、電子手帳の「ザウルス」ってヤツが出たとき、面白がって買ったはいいんですが、手書き入力がなかなか認識されなくて、すぐに投げ出してしまいました。
おかげで手帳は、いまだにミニ5穴の小っさいシステム手帳です。
(これはこれで便利なんですが)
今の手書き認識は、娘がチャッチャッといい加減に書いても、ほぼ問題なく読みとってくれますし、手書き状態のまま保存することもできますので、その点でも便利です。

 

また、面白い機能を見つけたら、ご報告します。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:54 PM  Comments (0)