vs.日産アラウンドビューモニター

話題の「アラウンドビューモニター」を体験しに行ってきました。
「試乗」カテゴリでいいのかどうかわかりませんが、ま、何でもいいです。

 

クルマを駐める時など、モニター画面の中心に自分のクルマと周辺の様子を、10メートルくらい上から俯瞰した感じで映し出します。
後ろの壁や横のクルマなんかもちゃんと映ります。
でも、もちろん、隣のクルマや後ろの壁は、真上から俯瞰したものではなく、地面に近いタイヤやクルマの下の方はともかく、上の方はウニュ〜ンとひん曲がった画像です。

 

そもそもアラウンドビューモニターの仕組みは、クルマの前後、左右にそれぞれ四つのカメラが付いていて、それが魚眼に近い広角レンズで周囲の風景を捉えるわけです。
で、それをコンピューターで処理して、クルマの周辺の景色を俯瞰したような一つの画像にまとめてあるわけです。
真ん中の自分のクルマの写真ははめ込みで、ヴァーチャルな感じは否めませんが、イメージはわきやすいですね。

 

モニターは、ギアをリバースに入れると、ルームミラーの左側4分の1くらいのトコロがアラウンドビューモニターになります。
純正のナビを入れると、ナビ画面がモニターになるのと比べると、ミラーのモニターはさすがに小さ過ぎですが、ナビだとオプションになるので、要らない人は、ミラーの小さい画面で確認するしかありません。
まあ、慣れですが。

 

現在、このシステムが搭載されているのは、エルグランドとセレナとノートとデイズだけ(今回はデイズで試しました)だそうですが、順次もっと多くの車種に展開させていくそうです。
慣れれば、絶対必要というシステムじゃありませんが、面白い装置ではあります。
車庫入れが苦手な人は、このシステムがあるだけで、クルマを選ぶというのも、ありだと思います。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:47 PM  Comments (0)