ルンバのバッテリー

2年半ほど使ったルンバですが、最近、すぐへこたれるようになりました。
昔は、1時間近くせっせと働いていたんですが、最近は、15分動くと、「巣」に戻らずにその場で息絶えてしまいます。
まあ、ギリギリまで掃除で頑張ってくれていると思えば、それはそれでいじらしいんですが、ベッドの下なんかで止まっちゃっていると、救出するのに面倒です。

 

どうやら、バッテリーの寿命が尽きたようです。
たった2年半で寿命が尽きるとは、あまりに短くないか、と思って調べてみたら、取説では1年、ネットでの情報では1年半くらいだそうです。
そう考えたら、2年半ならよくもった方です。

 

純正では1万円くらいします。
うう、本体を3万ちょいで手に入れてると、バッテリーに1万はちょっと高いなあ。
300万のクルマのエンジンが2年半でイカれて、エンジン交換に100万じゃあ困ります(って、たとえが変ですか?)。

 

で、もう少しよく調べてみたら、3,000円くらいで見つかりました。
んで、早速ポチッと。

 

元々、メーカー的には1年で交換前提のバッテリーですから、交換作業はカンタンにできるようになっています。
ドライバー1本でチャッチャと交換して作業は完了。

 

 

取説によれば、すぐに満充電せよとのことでしたので、「巣」に戻してやって、エサ(電気)をたっぷり食べさせます。

 

バッテリーを交換したルンバは、今まで以上に元気に働いています。
しかし、もう少し長期間持つバッテリーにならないかな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:55 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">